寂しくて仕方ない思いからの大逆転に繋げたいもの、打ち勝っていく術



ふとした瞬間に、寂しくて仕方ない思いになることがあるもの。様々な機会で激しい孤独感に襲われ、心が痛んで寂しくて仕方ない時。

人間が寂しさを感じる引き金になるのは状況や環境面からですが、根底には幾つかの理由も考えられます。

また寂しさは他者と共に過ごしている間は見落としがちで、一人きりで長い間過ごしていると、静寂に包まれた空間に寂寥感を感じます。

もちろん寂しくて仕方ないのは病気の場合もありますが、遠距離恋愛などでも感じることになりかねません。

更に、家庭があっても単身赴任や出張でパートナーが出掛けていたり、子供が進学を機に家を出たりすると寂しく感じます。

ここでは、寂しくて仕方ない思いからの大逆転に繋げたいもの、打ち勝っていく術を紹介しています。

 

 

 


寂しくて仕方ない思いからの大逆転に繋げたいもの、打ち勝っていく術


 

| 1.仕方ないことがあり、そんな際に効果的なのが適度な運動

適度な運動を習慣化するということ。一人きりで部屋にいるケースでは、気が滅入って寂しくて仕方ないことがあり、そんな際に効果的なのが適度な運動というもの。

不思議なもので運動をするとリフレッシュでき、筋トレをしたりの有酸素運動をすることにより、意識が運動に向いて無駄なことを思わずにすみます。

そうすると気分も落ち着き余り寂しさを感じなくなり、ダイエットや体型維持にも有効で一石二鳥というもの。

 

| 2.影響もあって、ホルモンバランスが乱れ体調不良に陥り

体調不良時は回復に専念するということ。病は気からとも言われますが、女性は生理の影響もあって、ホルモンバランスが乱れ体調不良に陥りやすいもの。

結果として、大きな病気と関係なくても落ち込んでしまったり、動けなくなることがあり、寂しくて仕方ない思いになりがちで警戒が必要。

しっかりと休息するとある程度は回復するので、体調が悪いと少しでも感じた時は、男性なども率先して休息を設けることが重要。

 

| 3.ケースでは、考えてしまう時間が余っているからという

趣味に熱中し寂しさを感じる時間をなくすということ。寂しくて仕方ないと感じてしまうケースでは、考えてしまう時間が余っているからというもの。

多少でも寂しさを薄めるために、仕事だけでなく趣味に熱中することも必要で、打ち込むことで寂しい思いを感じることも減ります。

スポーツをしたり趣味に耽ったりと、好きな物事に一途に打ち込むと、気が付くと悩み事などは吹き飛びます。

 

| 4.恋人や友人などに思いを打ち明け、素直に甘えるという

他人に打ち明け、素直に甘えるということ。寂しくて仕方ないときは、家族をはじめ恋人や友人などに思いを打ち明け、素直に甘えるというもの。

聞いて欲しいことや現状の寂しい気持ち相手に伝えることで、心も軽くなってリラックスすることに繋がります。

不安感や悩みというのは、誰かに話すことで大きな安心感が得られるので、正直に打ち明け甘えるようにします。

 

| 5.仕方ない際は、己自身の気持ちを吐き出すことも重要に

日記やブログを書き心境を可視化するということ。一人で寂しくて仕方ない際は、己自身の気持ちを吐き出すことも重要になるもの。

人に話すことももちろん良い手段ですが、お薦めは日記やブログを書くことで、思っていることを順次書き綴ります。

こうやって文字にすることによって心境も可視化されるので、己自身の成すべきことも見えてくる上、心の治癒にも結び付きます。

 

 

 


夜に寂しくて仕方ない思いに囚われることがある、知っておきたい原因


 

| 1.一人切りで意識せずに過ごしている時間が長いものです

物理的に1人で過ごす時間が多いということ。寂しくて仕方ないと感じてしまう場合、一人切りで意識せずに過ごしている時間が長いもの。

一人暮らし等で孤独で過ごす時が物理的に多いケースでは、ふとした瞬間に寂しさを感じやすくなりがちです。

更に、SNSなどで身近な人が賑やかに楽しくしているのを目にすると、寂しいという思いが余計に募りかねません。

 

| 2.沢山体験した後も、現実に寂しさを感じやすいというもの

幸せが終わりを迎えたということ。楽しい思いや幸せを沢山体験した後も、現実に寂しさを感じやすいというもの。

例を挙げると、楽しかったデートで大好きな恋人と別れた後で帰宅し、部屋に一人っ切りになったときなどです。

充実感溢れる楽しい時間を過ごした後は、その分喪失感も大きくなり、余計に寂しくて仕方ない状況に陥りがちです。

 

| 3.優れないケース、寂しくて仕方ない気持ちになりやすい

体調不良で感情もネガティブということ。風邪気味だったり仕事が多忙で体調が優れないケースでも、寂しくて仕方ない気持ちになりやすいもの。

特に一人暮らしで看病してくれる人が誰もいない際は、精神的に落ち込んでしまうことにもなりかねません。

そんな時は誰かに会いたい気持ちが湧き上がるのは無論のこと、感情もネガティブになりがちで寂しい思いが溢れます。

 

| 4.寂しくなる時があり、代表格がお酒を飲んでいる時という

お酒を飲んで感傷的になるということ。人の関係以外にも寂しくなる時があり、代表格がお酒を飲んでいる時というもの。

お酒を飲んでいるとむと感傷的になってしまう場合があり、涙もろくなったりと感傷的になる人も珍しくありません。

気持ちも緩み本音で話やすくなるので、隠していた心の奥底の思いを吐き出してしまう、そんな人物も多くいます。

 

 

 


寂しくて仕方ないという彼氏がいるもの、知っておきたいその心理状態


 

| 1.ケースでは、寂しくて仕方ない感情が湧き起こることも

仕事で失敗し自信を失っている心理状態。仕事で失敗して自信をなくしたケースでは、寂しくて仕方ない感情が湧き起こることもあるもの。

失敗をしてしまった場合、頼りにならない奴とか駄目人間など、そんな自己嫌悪に陥って不安な気持ちになりかねません。

存在価値自体を見い出せなくなることもあり、寂しさだけではなくモチベーションすら失うこともあり警戒が必要。

 

| 2.価値観に理解を示されない時も寂しさを感じるというもの

価値観を理解されないという心理状態。己がしていることや行動の意味に疑問を持たれるなど、価値観に理解を示されない時も寂しさを感じるというもの。

己自身がしていることを否定をされたりするほか、理解されないことに疎外感を感じ、寂しくて仕方ない気持ちになりかねません。

女性に多く見られる傾向ですが、話にきちんと耳を傾けたり受け入れることで、寂しさを感じさせない関係を築けます。

 

| 3.優しくされるなど、感情の変化によって物事を判断して

孤独で寂しいと感じる心理状態。人間は気を遣ってもらったり優しくされるなど、感情の変化によって物事を判断していくもの。

結果的に、誰かと一緒に過ごしたいとか会話をしたいというケースでは、猛烈に寂しさを感じて仕方ないことがあります。

女性は感情的な思考パターンをしているので、一人で過すことが長くなると、悲しみに襲われることになりかねません。

 

| 4.まったく違うと考えて落ち込んでしまうというものです

周囲と己を比較し寂しさを感じる心理状態。周りの人たちと己を比べて、まったく違うと考えて落ち込んでしまうというもの。

比較してしまうことで己の不甲斐なさを感じ、寂しくて仕方ないという気持ちが湧き起こります。

なので、できる限り比べることは脇に置き、己にも得意分野があるということに目を向けるのが重要なポイント。

 

 

 

まとめ

静寂に包まれた空間に寂寥感を感じる。ここでは、寂しくて仕方ない思いからの大逆転に繋げたいもの、打ち勝っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。