過去を振り返ることで大逆転に繋げたいもの、具体的な糧に変える術



人生を過ごしていると、過去を振り返ることがあるもの。過去を振り返る人には、今さら昔のことを思い出しても無駄なことと言われかねません。

過去を振り返ることにも意味はありますが、過ぎた日々を後悔しても仕方がないと、ネガティブな印象を抱いている人は多くいます。

無論のこと考え方の切り換えができず、無暗に過去を引き摺っているのは精神衛生上も余り良くありません。

但し、過去の体験を将来の人生の糧に変えることができるのなら、誓って無駄なことにはなりません。

過去を振り返るなという名言もあるように、日々振り返る必要はありませんが、要所要所であれば大切な未来への一歩になります。

ここでは、過去を振り返ることで大逆転に繋げたいもの、具体的な糧に変える術を紹介しています。

 

 

 


過去を振り返ることで大逆転に繋げたいもの、具体的な糧に変える術


 

| 1.次回からは失敗しないように振る舞えるというものです

同じような失敗を減らせるということ。過去の過ちを振り返ることで良くない箇所を反省することができた場合、次回からは失敗しないように振る舞えるというもの。

一方で、失敗したことに対し仕方ないなどと流していては、原因の特定もできないので、何回も同様の失敗を繰り返すことにもなりかねません。

仕事などで時間が掛かるものであるほど、同じ失敗をしているとその間の時間がもったいなくなります。

結果には必ずというほど原因があるので、失敗を招いた切っ掛けを探るためには、過去を振り返ることが非常に効果的。

 

| 2.過ちを素直に認められるようになることがあるものです

冷静に反省ができるということ。時間が経つことで自分自身を客観視できるようになれば、過ちを素直に認められるようになることがあるもの。

例を挙げると、人と喧嘩している最中は頭に血が上ることも多く、自分ではなく相手が悪いととしか考えられなくなりかねません。

但し、少し時間が経ち振り返ると、あんな言い方は良くなかったとか自分にも悪いところがあったなど、冷静に反省できるようになります。

特に喧嘩するなど、自らの中で熱くなってしまった際などは、一旦冷静に過去を振り返ることが重要になります。

 

| 3.復習したりすることで、先々の糧にできるというメリット

学びが得られるということ。これまで学んだ事柄を思い返したり再度復習したりすることで、先々の糧にできるというメリットがあるもの。

人間は忘れる生き物で学習した内容は、1時間後には約56%を1日経つと約74%を忘れてしまうとされています。

更に、学習した後の24時間以内に10分程度復習すると、記憶はほぼ100%戻るとされていて、自分のものにするために過去を振り返ることが重要。

こうしたことは特に勉強をしている最中の人に効果的で、人間は忘れる生き物ということを理解してすることがポイント。

 

| 4.振り返ることで、自ら優れた箇所や未熟な部分に気づける

自らの力量が把握できるということ。物事の成功や失敗時に、何故この結果になったのかと振り返ることで、自ら優れた箇所や未熟な部分に気づけるもの。

過去の行動を振り返らないでいると、自らを過大評価し過ぎて努力を怠ってしまったり、反対に過小評価し過ぎて自信喪失にもなりかねません。

自分自身の力量を正しく把握できれば、今後の成長にも繋がるので大きなメリットの一つということになります。

良い事例でも悪いケースでも何が起きたのか、そんなことをもう一度振り返ることで最適な一歩が踏み出せます。

 

| 5.続くような場合、できる限り明るい未来をイメージする

明るい未来をイメージするということ。過去を振り返る時期が続くような場合、できる限り明るい未来をイメージするというもの。

この先辛いことばかりが起こるかも知れないなどと暗い気持ちになっている場合、徐々に気持ちが後ろ向きになりかねません。

なので、先々に幸せなことが待っていると考え仕事や恋愛が成功するなど、前向きに生きる自らの姿をイメージできると、過去への執着も消えていきます。

 

 

 


過去を振り返る時はスピリチュアルも過ぎるもの、注意したい心理状況


 

| 1.現在の自分自身に不甲斐ない部分を感じているというもの

現在の自らが不甲斐ないということ。過去を振り返る人の心境に、現在の自分自身に不甲斐ない部分を感じているというもの。

過去に勉強やスポーツなどで良い成績を取っていたり、趣味に熱中していたりしたことがある人物ほど、過去に執着してしまう傾向があります。

誇らしい経歴があると現状に満足していないので、輝いていた過去を思い起こして自らを慰めている状況です。

 

| 2.耐えられず、過去を振り返ることで思い出に浸るという

変化を受け止められないということ。自分自身の周囲の人たちが変化するのに耐えられず、過去を振り返ることで思い出に浸るというもの。

年齢を重ねていくとライフステージも変化するので、若い頃とは暮らしや生活パターンが違ってきます。

そのことでこれまでの考え方や価値観が大きく覆されることもあり、ギャップを受け止められず過去の思い出に浸りかねません。

 

| 3.そんな思いも過去を振り返る人に見られるというものです

辛い現実から逃避したいということ。現在の辛い現実から逃れたい、そんな思いも過去を振り返る人に見られるというもの。

仕事で大きな失敗をしたり恋人に振られたりと、苦しい局面に出会っている人物に見られる心理状況。

辛く苦しい現実を受け止められず、楽しかった昔に戻りたいと考えて過去を振り返ることにもなりかねません。

 

| 4.見受けられるのが、現在の日々に退屈を感じているという

退屈を感じているということ。過去を振り返る人物に見受けられるのが、現在の日々に退屈を感じているというもの。

趣味を持ちたいと考えているものの、没頭できるものがなく惰性で毎日を過ごしているような状態です。

こうした変化のない日々につまらなさを覚えていて、様ざまなことに没頭していた過去を振ることで思い出に浸っています。

 

 

 


過去を振り返るときは言葉にも留意する、その際に気をつけたい注意点


 

| 1.こうすれば良かったなど後悔の念が浮かび前に進めない

過去を変えられないと理解するという注意点。過去は変えられない事実を理解していない場合、こうすれば良かったなど後悔の念が浮かび前に進めないもの。

様ざまなことを思い起こしてどれほど後悔しようとも、過去を変えることはできません。

自分が変えていけるのは現在と未来だけ、そんなことをきちんと理解し、再び同じ過ちを犯さないという目的意識を持ち過去を振り返るよう心掛けます。

 

| 2.振り返るだけに満足をして、次の行動を実行しないのは

振り返ることに満足して終わらないという注意点。過去を振り返るだけに満足をして、次の行動を実行しないのは良くないもの。

なぜかというと、過去を振り返り感傷に浸るのが目的ではなく、そこから得たものを先々の行動に活かして実行していくことが重要だからです。

過去を振り返ることで得たことを自分自身の中に落とし込めたら、これまでの行動を見つめ直すようにして改善策を実践します。

 

| 3.悔しい気持ちや悲しい気持ちになるばかりというものです

ネガティブに振り返らないという注意点。過去をネガティブな思いで振り返る場合、悔しい気持ちや悲しい気持ちになるばかりというもの。

これでは学びや成長が得られないので、過去を振り返る時はポジティブな思考パターンで捉えることがポイント。

例えば仕事で重大な失敗をしてしまった際も、あの時の例があったからこそ学習できたことがあると前向きに捉えます。

 

 

 

まとめ

思い出しても無駄とも言われかねません。ここでは、過去を振り返ることで大逆転に繋げたいもの、具体的な糧に変える術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。