視野が狭い人はサイコパスかも知れない、具体的に改善していく方策



身の回りを見渡すと、視野が狭い人がいるもの。自分にしても職場や学校などで、視野が狭いと言われたら衝撃を受けることにもなりかねません。

視野が狭いという意味を見ると、物事に対して考えたり判断したりする範囲が狭小だったり、外界との接触が少ないことを表す言葉。

目の前にあることや自分自身のことしか見えていない、そんな感じのほか、細かいことを引き摺って柔軟性に欠けるような人物。

こうした視野が狭い人は病気の場合もありますが、周囲の人たちからすれば嫌いとかめんどくさいということにもなりかねません。なので、物事の見方が偏りがちだったり固定観念に囚われている自覚がある場合、早期の対応が必要です。

ここでは、視野が狭い人はサイコパスかも知れない、具体的に改善していく方策を紹介しています。

 

 

 


視野が狭い人はサイコパスかも知れない、具体的に改善していく方策


 

| 1.相手の意見に対して、すぐに否定するのを止めるという

先ずは相手の意見を受け入れるということ。会話をしている相手の意見に対して、すぐに否定するのを止めるというもの。

肯定したり否定するのは後回しにし、先ずは考えに耳を傾けて受け入れることが大切で、その考え方に対して議論を重ねるのが具体的に改善していく方策の一つ。

初めから否定してしまった場合、相手側が躊躇することになり、自らに向かって意見を出してくれなくなることにもなりかねません。

 

| 2.正解は一つではないということを意識するというものです

正解や不正解にこだわり過ぎないということ。視野を広くしていくためには、正解は一つではないということを意識するというもの。

新たな発想が浮かんだ時や提案を受けた場合、やり方は正しいのかとか間違っていたらと考えると、実行するまでに時間が掛かりかねません。

そうではなく実践して上手くいかなければ、別の方法を考える癖をつけのが具体的に改善していく方策の一つ。

 

| 3.そんな固定化された思考パターンになりがちというもの

固定観念を取り払うということ。視野が狭い人は絶対にこうだとかこれが普通だ、そんな固定化された思考パターンになりがちというもの。

そうした自身が思っている当たり前を一旦取っ払い、信じてきた道以外の選択可能な範囲に目を向けるのも具体的に改善していく方策の一つ。こうしたことを意識的に増やすことにより、新たな価値観や考え方が生まれ、視野も段々と広がります。

 

| 4.職場にいた場合、一層固定概念にとらわれがちというもの

職場以外にコミュニティを設けるということ。古い考えが支配しているような職場にいた場合、一層固定概念にとらわれがちというもの。

そんな職場に所属して、自宅との往復だけという生活スタイルを過ごしている場合、何事かの変化が必要になります。職場以外にコミュニティを設けることができれば、視野も広がり新たな発想を得る切っ掛けも作れます。

 

| 5.様ざまな人の考え方に触れられる、もっとも良い方法と

読書で知識を身に付けるということ。読書をすることは、気軽に様ざまな人の考え方に触れられる、もっとも良い方法というもの。

視野が狭いことを改善し頭を柔軟にしたい場合、常識に捉われないとか発想力といったキーワードの本を検索してみるのが、具体的に改善していく方策の一つ。

視野を広げられる本というのはビジネス書には限らないので、この機会にジャンルを問わないで、様々な本に触れることがポイント。

 

 

 


視野が狭い人の適職や向いてる仕事もあるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.他人の意見に耳を傾けず、自らの意見に執着してしまう

人の話に耳を貸さないということ。視野が狭い人物というのは、他人の意見に耳を傾けず、自らの意見に執着してしまうというもの。

主張を持つことは悪くありませんが、公平に見て間違っている場合や優れた意見が他に出た時でも、提案を素直に引っ込められないのが重大な欠点。

結果的に、視野の狭い人が一人でもいると、組織全体の生産性や会議における効率が下がることにもなりかねません。

 

| 2.目先の物事ことしか考えられない傾向があるというもの

目先のことしか考えないということ。視野が狭い人というのは、目先の物事ことしか考えられない傾向があるというもの。

目の前にあることばかりに捉われ過ぎて、物事の全体像を把握したり、先々の見通しを立てることができません。計画性もなく、その場しのぎで物事に当たるので、ミスや失敗を犯しやすいところもあります。

 

| 3.長期的な視点から見ると間違った判断をしてしまうという

長期的な視点が持てないということ。視野が狭い人物は目先のことに引き摺られ、長期的な視点から見ると間違った判断をしてしまうというもの。

社会は今後どう変化するとか、自分自身は10年後にどうなっているかなど、大きな視点で考えることができません。

結果として、目指すべき方向を判断するのも難しくなり、これは仕事上の成功だけでなく、個人的な成長についても同じです。

 

| 4.配慮できないというのも、視野が狭い人のデメリットと

他の人たちに気を配れないということ。周囲の人たちに気を遣えなかったり配慮できないというのも、視野が狭い人のデメリットというもの。

視野が狭いので自らが立場を変えればどう思うかとか、皆はどう感じているかなど、他人への想像力を働かせることはできません。

結果として、周りの人たちと協調できなかったり、人間関係上のトラブルを引き起こしてしまう可能性が高まります。

 

| 5.見受けられるのが、物事を客観的に見ることが不得手と

客観視することができないということ。視野が狭い人物に見受けられるのが、物事を客観的に見ることが不得手というもの。

特にビジネスシーンでは、問題が生じた際は客観的に捉え、冷静な判断を下すことが必要ということにもなりかねません。

視野が狭い人は自らの考えや感情に囚われることが多く、解決策を探し出すことができず、周りの人たちに迷惑を掛けてしまいかねません。

 

 

 


視野が狭い人との付き合い方に悩むこともある、注意したい心理状況


 

| 1.疲れ切っている場合、余裕を失い視野が狭くなってしまう

心身が疲れ果てているという心理状況。人間は誰でも心身が疲れ切っている場合、余裕を失い視野が狭くなってしまうというもの。

苛立つことが頻繁にあったり焦って行動しやすい時は、人間関係が悪化するのは無論のこと、仕事でのミスも多くなりかねません。視野が狭くなりそうなときは、一旦深呼吸をしてリラックスできる時間を設けるのが得策になります。

 

| 2.自分自身の考え方が正しいと信じ込んでしまうものです

自分自身の主張が通る環境にいたという心理状況。常に自らの意見が通る環境で育った場合、自分自身の考え方が正しいと信じ込んでしまうもの。

なかなか他者の意見を聞くこともないので、周囲の人たちから我が儘な人と思われていることにもなりかねません。視野をこれ以上狭くしないためには、立ち止まり自ら歩み寄ることも、時には必要かも知れません。

 

| 3.過信している人物は、視野が狭くなってしまいがちという

自分自身の知識に自信を持っているという心理状況。自分が持っている現在までの知識や経験を過信している人物は、視野が狭くなってしまいがちというもの。

自分の人生で培ってきた経験を活かすことも大事なことですが、新しいことを白紙の状態で吸収することも欠かせません。新しい物事はこれから先の将来に向かって、視野を広げる切っ掛けにもなります。

 

引き寄せの法則で、視野が狭い人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、視野が狭い人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

衝撃等を受けることにもなりかねません。ここでは、視野が狭い人はサイコパスかも知れない、具体的に改善していく方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。