独占欲強い男の末路は厳しいもの、先々に問題を起こさず付き合う術



身近なところにも、独占欲強い男がいるもの。愛情の裏返しとも言えるような、女性にとっては迷惑な束縛や嫉妬をするようなタイプの男性。

恋人同士になると、互いが強い愛情で結び付くのは自然の流れですが、独占欲強い男性は少々変わった形の愛情表現をする傾向があります。

そもそも独占欲の意味合いは、自分だけのものに相手をしたい気持ちです。似た言葉に支配欲がありますが、こちらは相手を思い通りにさせる心理のこと。

こういった心境は多少は誰にでも見られる所ですが、余りにも段階がエスカレートしてしまった場合、交際自体が辛くなってしまうことにもなりかねません。

ここでは、独占欲強い男の末路は厳しいもの、先々に問題を起こさず付き合う術を紹介しています。

 

 

 


独占欲強い男の末路は厳しいもの、先々に問題を起こさず付き合う術


 

| 1.失った場合、更に独占欲が強くなるという傾向があるもの

隠し事をしないということ。独占欲が強い人は一度でも信用を失った場合、更に独占欲が強くなるという傾向があるもの。

独占欲の強い男性に対して隠し事が明るみになると、ただでさえ充分ではない相手からの信頼を失ってしまうことにもなりかねません。

相手を所有したいという気持ちを心の奥底に隠してい人物は、少しでも自分以外の男性に目を向けられると、愛情を疑ってしまいかねません。

例え相手の不安が大きくなるような出来事でも、包み隠さず報告するのが先々に問題を起こさず付き合う術の一つ。

 

| 2.愛情表現を普段から欠かさないよう心掛けるというもの

普段から愛情表現をするということ。独占欲強い男性と付き合う場合、ちょっとした愛情表現を普段から欠かさないよう心掛けるというもの。

自らの存在に確固たる自信のない男性は、心から愛されている信じることができず、愛情が足りないと感じると、不安が増して女性を疑ったり束縛したりしかねません。

こういった状態を避けていくためには、愛情表現を普段からこまめに繰り返すのが、先々に問題を起こさず付き合う術の一つ。

言葉だけではなく、ハグしたり手を握ったりするスキンシップも、愛情表現としては非常に効果的になります。

 

| 3.独占欲強い男性で、自尊心を高めてあげることが大事と

上手に褒めて自尊心を高めるということ。自信を持てないので独占したくなる、そんなタイプが多いのが独占欲強い男性で、自尊心を高めてあげることが大事というもの。

上手に褒めてあげることで自尊心を満たし、常に味方であることをアピールするのも先々に問題を起こさず付き合う術の一つ。

そうした自信のなさを埋める接し方を続けていけば、徐々に不安感も薄まっていき、嫉妬や束縛なども減っていきます。

愛情表現が得意ではない女性も、独占欲強い男性との交際を長続きさせたい場合、こうした努力は必須というもの。

 

| 4.男性の言いなりにならないよう注意するというものです

嫌なことは我慢しないで伝えるということ。良好な関係のために相手の希望を聞き入れることは大事ですが、男性の言いなりにならないよう注意するというもの。

独占欲が強い男性と付き合っている場合、過多な束縛に嫌気が差したり、悲しい思いをすることも全くないとは言えません。

こうした感情を全部受け入れてしまったときは、本来であれば対等な恋愛関係が崩れてしまいかねず、互いが幸せを追求する関係ではなくなります。

なので、我慢を繰り返さないようにして、されて嫌なことは素直に伝えていくのも先々に問題を起こさず付き合う術の一つ。

 

 

 


独占欲強い男性には様ざまな面がある、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.意識があり、リアルタイムで知っておきたいというもの

スケジュールを把握したがるということ。独占欲強い男性は彼女は自分のものという意識があり、リアルタイムで知っておきたいというもの。

例を挙げると、友達と遊ぶという理由だけでは足りずに、どこにいくのかとか何時に帰るのかとか何をするのかなど、親のように干渉してしまいかねません。

女性側にもプライベートがあることが受け入れられず、独占欲が先に立ってしまうため、スケジュールを把握して常に共有したがります。

 

| 2.表に出して露わにする人は根本的に我が儘というものです

すぐに不機嫌になるということ。独占したい気持ちは誰にでもあるものですが、表に出して露わにする人は根本的に我が儘というもの。

独占欲が強く感情を抑えられないで、相手に要求してしまうのは、度が行き過ぎれば身勝手な行動ということにもなりかねません。

独占欲強い男性は思い通りにならないと不機嫌な態度になりやすく、周りの人たちにも伝わりやすいといえます。

 

| 3.結び付きやすく、嫉妬という感情に変わっていくものです

異性の話が出るとやきもちを焼くということ。独占欲というのは怒りや悲しみに結び付きやすく、嫉妬という感情に変わっていくもの。

彼女が自分以外の男性の話をしただけで、気持ちが動いてしまったような気がしてやきもちを焼きかねません。

異性としての感情をもたないに何気ない会話の中でも、話が出るとついそうした態度になってしまいかねません。

 

| 4.そうした興味などを恋人に向けてしまうというものです

他に関心を向けるものがないということ。独占欲の強い男性は熱中できる趣味も極端に少なく、そうした興味などを恋人に向けてしまうというもの。

本来は友人だったり趣味などで発散することが恋愛しかなく、彼女に対する執着心が強くなってしまいかねません。

興味の対象が恋人の彼女だけと限られているので、一日中でも相手のことを考えることにもなりかねません。

 

 

 


独占欲強い男性が好きなタイプということも、注意したいその心理状況


 

| 1.意識が強く、あらゆることを把握しておきたいというもの

女性の全てを知りたいという心理状況。独占欲強い男性は彼女に対し、自分のものという意識が強く、あらゆることを把握しておきたいというもの。

自分自身のスマホが現在どこにあるのか、そんなことを把握していないと不安になりますが、同じような感覚であれこれ気になってしまいます。

どこにいるのかとか誰といるのかなど、相手の女性の全てを知っていないと、不安が湧き上がることにもなりかねません。

 

| 2.自分以外の異性に対して目移りすることを全く許せない

自分だけを見て欲しいという心理状況。独占欲強い男性は自らの彼女が、自分以外の異性に対して目移りすることを全く許せないもの。

他の異性に目移りすることは大抵の人は嫌がりますが、独占欲強い男性は自分自身だけのものにしたい、そんな気持ちが非常に強く極度に嫌がります。

常に自分だけを見て欲しいので、他の男性を目で追ったり笑顔をみせたりすると、嫌な気持ちが湧き上がることにもなりかねません。

 

| 3.強くなっている、そんな風なことも大いに考えられるもの

浮気しないか不安に思うという心理状況。相手を疑う気持ちから独占欲が強くなっている、そんな風なことも大いに考えられるもの。

特に女性の浮気を疑ってしまう男性は多くいて、防止するたけの方法として束縛を選んでしまうことにもなりかねません。

彼女が浮気しないかという不安感が支配に繋がって、独占へと行きついてしまっているので、独占欲を緩和させていくのは難しいということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

束縛や嫉妬をするようなタイプの男性です。ここでは、独占欲強い男の末路は厳しいもの、先々に問題を起こさず付き合う術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。