見切りをつけるタイミングが重要なのは自明の理、上手く割り切る方策



日々を過ごしていると、見切りをつけるタイミングが必要な時があるもの。職場の人間関係にしても恋愛にしても、見切りをつけるタイミングは極めて重要。

もちろん仕事では見切りをつけるタイミングを部下に対して思っていたり、婚活をしている最中にやめ時を考えることもあります。

但し、見切りをつけるタイミングでもっとも重要視されるのが恋愛関係で、恋愛感情自体はなかなか自分ではコントロールできないもの。

どれほど辛い片思いをしていて、諦めると決意したとしても、相手に対する気持ちが冷めていない場合、本当の意味で見切ることはできません。

なので、恋愛においては判断を一歩間違えると、取り戻しのつかないことになりかねず、後悔しないためにも慎重に考えることが大切です。

ここでは、見切りをつけるタイミングが重要なのは自明の理、上手く割り切る方策を紹介しています。

 

 

 


見切りをつけるタイミングが重要なのは自明の理、上手く割り切る方策


 

| 1.先ずは己から連絡をしないことが重要なポイントという

連絡をしないようにするということ。見切りをつけるタイミングと決めたケースでは、先ずは己から連絡をしないことが重要なポイントというもの。

コミュニケーションが続いている場合、今まで通りの良好な人間関係と受取られ、何度も連絡がくることになりかねません。

己から電話やLINEをしないのは無論のこと、SNSでもいいね等の反応をしないようにするのが、上手く割り切る方策の一つ。

そうすることで相手にも、もうこれから先に付き合わない気持ちが伝わるはずです。

 

| 2.設ける方が、冷静かつ明瞭に気持ちを伝えられるという

ストレートに伝えるということ。静かな場所で落ち着いて二人切りの時間を設ける方が、冷静かつ明瞭に気持ちを伝えられるというもの。

一緒にいるのが辛いといった曖昧な表現ではなく、もう会わないとか別れたいとストレートに伝えることで、決意の固さも相手に伝わります。

別れ話は感情的になりやすいものなので、男性の暴力などが不安なときは、人目のあるカフェなどの場所にすると安心な上手く割り切る方策の一つ。

 

| 3.気持ちがあっても、一方的に責められれば反論してくる

穏やかな口調で喋ることを心掛けるということ。友人にしても恋人にしても完全に相手が悪くて、許せない気持ちがあっても、一方的に責められれば反論してくるもの。

怒りだしたときは話し合いにならなくなるので、責め立てる口調ではなく、優しく諭していくよう心掛けるのが上手く割り切る方策の一つ。

揉めないよう別れを進めるには高圧的な言葉を避け、穏やかに話し己にも悪いところがあったと、感謝の気持ちも伝えることが大切なポイント。

 

| 4.それほど関わり合いを避ける己は変かと心配になるもの

共通の友人に相談しておくということ。見切りをつけるタイミングを図っている、それほど関わり合いを避ける己は変かと心配になるもの。

そんな時は共通の友人にその相手をどう思っているのか、そんな風に尋ねてみるのも上手く割り切る方策の一つ。

同じような思いを抱いた人がいれば、一人で抱え込まずに安心するので、悪口をいうのではなくて状況を相談するようにします。

 

| 5.時期を思いだすと、相手に対し連絡をしたくなってくる

連絡手段は断ち切るということ。恋人同士の幸せだった頃や友人同士で仲が良かった時期を思いだすと、相手に対し連絡をしたくなってくるもの。

別れを確固たるものにしていくためには、連絡手段は全て断ち切るのが効果的な上手く割り切る方策の一つ。

電話番号の削除は無論のこと、LINEをはじめ他のSNSもブロックすることが大事で、辛さを乗り越え気持ちを切り替えるために必要と踏ん切りを付けます。

 

 

 


見切りをつけるタイミングは非常に大事、注意したいそんな人の特徴面


 

| 1.嘘をつくタイプの人は、己自身のことばかりを考えている

嘘を平気で吐くということ。都合が悪いからと平気で嘘をつくタイプの人は、己自身のことばかりを考えているもの。

嘘を吐かれた方の気持ちは微塵も頭の中にないので、 いつ裏切られることがあっても全くおかしくはありません。

発言がコロコロ変わる傾向があり、そんな嘘を吐かれてショックを受けることが多々あるときは、見切りをつけるタイミングを図ることも大切です。

 

| 2.浮気をしてしまう、浮気性と呼ばれる人たちがいるもの

浮気の癖があるということ。女性にしても男性にしても、癖になっているように浮気をしてしまう、浮気性と呼ばれる人たちがいるもの。

そんな浮気性の人は浮気が悪いことだと思っていないので、明るみに出なければ浮気はしても良い、そうした考え方をしています。

こうした癖が治る見込みは稀で何度も繰り返す可能性が高く、付き合い続けても幸せにはなれず、見切りをつけるタイミングを図る相手です。

 

| 3.安心するためだけに、相手に対し行動を強制したりする

激しすぎる束縛をするということ。束縛するタイプの人は独占欲が非常に強く、己が安心するためだけに、相手に対し行動を強制したりするもの。

会っていない時もどこで何をしていたかチェックしてきたりと、相手の都合など一切考えないので、自由もなく対等には付き合うことはできません。

電話に出なければすぐに何回も掛けてきたりと、ストレスを感じる人物との付き合いは、見切りをつけるタイミングを図る方が良くなります。

 

 

 


見切りをつけるタイミングは結婚にも、覚えておきたいすべき人の心理


 

| 1.ような人と、我慢して相対しているのは疲れ果ててしまう

会うのが嫌に感じる心理。話をしていて嫌な気分になるとか、価値観が合わないような人と、我慢して相対しているのは疲れ果ててしまうもの。

見下したような上から目線のものの言い方や、マウントを取ってくるばかりの態度では、会いたくなくなるのは当然というものです。

学生の頃には一生の間親友と思っていた相手にしても、就職をし社会人になって互いに環境が変わると、波長も合わなくなってしまうことになりかねません。

会いたくないと感じたり会うのが憂鬱だったりする相手は、既に友人や恋人とは言い難く、見切りをつけるタイミングを図った方が良くなります。

 

| 2.聞いてばかりになるのは、気分の良いものでは全くない

愚痴や陰口ばかりを聞いているという心理。会うたびに愚痴だったり陰口などを聞いてばかりになるのは、気分の良いものでは全くないもの。

ネガティブな言葉ばかりを口にする人と長くいたケースでは、己自身も陰口を叩くことに対して慣れてしまうなど、そんな大きな悪影響を受けてしまいかねません。

周囲の人たちからすると、一緒になって陰口を言っている、そんな具合に受取られてしまうことにもなりかねません。

口を開けば職場の人や彼女や彼氏の愚痴しか言わない、そんな人は段々と接触を減らすべきで、見切りをつけるタイミングを図ることになるかも知れません。

 

| 3.他人から借金したことまで忘れてしまうことも意外にある

金銭的にだらしないという心理。金銭面でだらしがない人物は、他人から借金したことまで忘れてしまうことも意外にあるもの。

結果的に、貸したお金は中々返してくれないことになって、会う度に曖昧な気持ちにもなりかねません。

恋人や友人だからと許してしまったケースでは、その好意につけ込まれてしまうことになり、そんな人物には早々と見切りをつけるタイミングを図ります。

 

 

 

まとめ

後悔しないためにも慎重に考えること。ここでは、見切りをつけるタイミングが重要なのは自明の理、上手く割り切る方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。