円満な人間関係を築くことがポイント、面白くない人と呼ばせない方法


良い人だけど面白くない、そんなタイプの人がいるもの。この面白くない人と呼ばれているのは、会話が詰まらないというのが大きな要因。恋人をはじめ、職場の同僚や友人など、日常生活において誰かとコミュニケーションするとき、会話は不可欠ともいえるもの。

でも、その話の内容が中身がなく、詰まらないと感じさせていたとしたら、向かう気持ちの先がありません。恋愛でも、出会いの頃は詰まらない相手の話でも、他に夢中になるところがあり許せるものですが、長く付き合っていくことを考えると致命傷になるかも知れません。

また、職場の同僚や友人との間でも、話が詰まらないと見られると、気付かないまま不仲になったり、会社でも輪に入れなくなる可能性もあります。ここでは、円満な人間関係を築くことがポイント、面白くない人と呼ばせない方法を紹介しています。

 

 

 


気に入らないことがあるとすぐに出るもの、話が詰まらない人の特徴


 

| 1.自慢話や武勇伝ばかり、周囲の人は退屈でたまらないもの

会話が同じ話ばかりになってしまうということ。これは話が詰まらないと思われている人にありがちな特徴の一つ。例をあげると、飲み会で毎度自分が過去にした武勇伝などを繰り返し聞かされていると、周囲の人は退屈極まりないもの。

重要な情報や仕事の話など、参考になるような有意義な話ならまだしも、過去の自慢話や武勇伝ばかりを話す人は、そのほかに話すことがないと思われます。なので話がつまらない人とお墨付きを得ている可能性大。

 

| 2.個人的な見解がない、相手からすれば盛り上がりに欠ける

話が詰まらない人のかなり大きな特徴とされるのが、自分の意見がないということ。この手の人は、コミュニケーションを取るときは基本的に受け身なので、自ら話を振ることはもちろん、自分の意見すら主張しません。

自分の個人的な見解がないと、適当に話しに合わせることはできても、強く同調することやぶつかることがありません。なので、相手からすれば盛り上がりに欠け、面白くないと思われることがあります。

 

| 3.否定的な言葉を使う人は、思いやりに欠け面白くない印象

否定的な発言が多いということ。さまざまな話題でネガティヴな発言が多く出るのも、話が詰まらない人の特徴の一つ。自身より人生経験値が少ない相手と話す際、相手の意見自体が甘いと思うこともあるもの。否定したい考えが浮かぶのも当たり前かも知れません。

ただ、楽しく会話を続けるためには、相手と同じ立場に立って物事を考えるのもときには必要。口癖のように否定的な言葉を使う人は、配慮に欠け面白くない印象を与えてしまいます。

 

| 4.質問に答えない人、似ている部分を見つけることは困難

質問に対して答えないということ。会話はお互いの意見を投げあうもの。ただコミュニケーション能力が低いタイプの人は、自身の意見を述べるシーンでどう発言していいのか判らないため、結果的に質問に答えられません。

質問に答えない人は、似ている部分を見つけることは困難で、質問した方もどう対処していいのか判らないもの。こちらの話に興味がないという空気になり、面白くない人の特徴の一つになります。

 

| 5.興味ないこと、如何せん知識や情報量が少なくなるもの

話が詰まらないタイプの特徴としてあるのが、話の引き出しが非常に少ないということ。自身が関心を持ったり、興味があったりすることにしか着目していないと、如何せん知識や情報量が少なくなるもの。

なので、自分と異なった趣味を持つ人とは話が合わず、話題がなくなってしまいます。自分では興味がなくても、ネットのニュースをざっと見るだけで、最新の時事問題は入手できるはず。

 

 

 


男性にも女性にもよくあること、選んでいることが多い詰まらない話題


 

| 1.身内ネタは、登場人物を互いに良く知っている場合のみ

選んで失敗しがちな詰まらない話題が、いわゆる身内ネタ。一般的に身内ネタは、それほど面白いものではありません。身内ネタというのは、話に出てくる登場人物を、互いに良く知っている場合のみ面白いもの。

まったく知らない他者にとっては、どうでもいい詰まらない話です。どれほど人気者の話でも、その身内ネタが分る人以外にとっては、さっぱり理解できません。楽しい話題ではなく、避けて通る方が無難。

 

| 2.とめどなく悪口を言っている場合、悪印象だけが残るもの

誰かの悪口というと明るい話題ではないので、楽しいお喋りの時間を過ごすのは難しいものになります。女性の友人同士がストレス解消目的や、相手とのコミュニケーション向上をする上での、ライトな悪口は許されるかも知れません。

ただとめどなく悪口を言っている場合、悪印象だけが残るようになるもの。少しばかり盛り上がったとして、ずっと悪口を聞いている側は、気持ちの良いものではありません。これも避けて通る方が無難。

 

| 3.同僚や友人には、優位性を示す自慢話はしないほうが無難

ついつい話題が自慢話になってしまう人は、要注意です。自身が何かを達成したときに自慢したいという心情は理解できますが、本質的に誰も他者の自慢話など聞きたくありません。たまになら許されるかも知れませんが、毎度聞いていると嫌気が差してくるもの。

自慢話をたくさんしたいという人は、チャットアプリやサイトに登録無料のものあるので、そんなツールを使い話を聞いてくれる人を探すのも方法の一つ。間違っても同僚や友人には、自分の優位性を示す自慢話はしないほうが無難です。

 

 

 


どう話せば面白くなる?面白いと思って貰うために意識すべきこと5つ


 

| 1.身振り手振りを入れる、聞く方は状況をイメージしやすい

表情や態度で感情を現すということ。話を面白くするためには、その内容はもちろんですが、表情や態度で感情を現すことも重要です。話自体に抑揚がなく、表情を変えないでずっと同じ口調で話していると、機械的になり心には響いてきません。

少々大げさ過ぎるくらい身振り手振りを入れると、話を聞く方は状況をイメージしやすいので、愉快に聞くことができます。話の順番が前後しないように、頭の中で整えてから話すのポイント。

 

| 2.面白い人、聞くときと話すときのリズムをしっかり理解

聞くときと話すときのメリハリをつけるということ。相手が話している時は、相づちを打つことで聞く姿勢を見せます。次に自分が話す順番になってから、意見を口にするというリズムが大切。話をしている最中で言葉を挟まれると、ストレスになるもの。

話していて楽しいとされる人は、聞くときと話すときのリズムをしっかり理解しています。話に水を差さずに進められることは、話している側にとり信頼感に繋がるので、面白い人に思われます。

 

| 3.分かりやすい具体的な例えを交えて話す、理解されやすく

分かりやすい例えを交えて話すということ。話題を面白くするには、相手側に滞ることなくス話を理解して貰うことが大切。何かを伝えたい際は、分かりやすい具体的な例えを交えて話すと、さらに理解されやすくなります。

例をあげると、スポーツ好きな相手なら、スポーツで例えると分りやすく、食べることが好きな人なら、食べ物で例えるという具合。たとえ話をするときは、同調して貰いやすいジャンルを選択することが重要です。

 

| 4.漫然と話すのも退屈、ポジティブな提案があると前向きに

話しはポジティブな方向に持っていくということ。どれほどネガティブな内容であっても、ポジティブな方向に持っていけば、話が面白くなります。表面上は悪い面しか見えてなくても、見方を変えれば違う良い面が必ずあるもの。

漫然と話しているのも退屈ですが、それよりポジティブな提案があると前向きになれます。話していて楽しいとされる人には、どんな話題であってもポジティブな気持ちで終われる、そんな特徴があります。

 

| 5.そのときの話題に似合ったテンションで会話、面白い人へ

話題に沿ったテンションで話すということ。例をあげると、良い事があったと言う人がいる時は、良かったとポジティブな言葉で返答。

そのときそのときの話題に似合ったテンションで会話ができる人は、話してる側も通じているという安心感を持ちやすく、心の距離が近くなります。

感情を分かち合えると実感できると、話すのがどんどん楽しくなるもの。それが面白い人へと繋がっていきます。

 

面白いこと続出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

良い人だけど面白くない人がいるもの。ここでは、円満な人間関係を築くことがポイント、面白くない人と呼ばせない方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

 

こちらもご覧ください。