不器用な人は恋愛にも困るもの、先に向い落ち度なく乗り越えていく術



身近なところでも、不器用な人が恋愛面で困っているのを見ることがあるもの。不器用には手先が器用でないと、要領が悪いという2種類の意味があります。

後者の要領が悪いという不器用には、人付き合いが下手だったりコミュニケーションが上手くできないなどが含まれ、これが恋愛面には顕著に表れます。

もちろんこうした恋愛に不器用な人は男性ばかりでなく女性にも見られ、素直に甘えることが苦手なタイプが多く見られるところ。

また恋愛に不器用な人は自分に自信が持てないところがあり、好きな人ができても、アプローチもできず消極的になってしまいかねません。

結果として、先々を考えても自覚がある場合、予め対処していく必要があります。

ここでは、不器用な人は恋愛にも困るもの、先に向い落ち度なく乗り越えていく術を紹介しています。

 

 

 


不器用な人は恋愛にも困るもの、先に向い落ち度なく乗り越えていく術


 

| 1.向かっては、素直な感情を伝えることが大切というもの

素直な感情を伝えるということ。不器用な人は気にならないところもありますが、信頼できると感じる相手に向かっては、素直な感情を伝えることが大切というもの。

自分が壁を作ってしまえば、相手もそうした態度を見て距離を取ろうとすることにもなりかねません。

良い関係を築くためにはできる限り素直になることが重要で、相手の本音も分かる先に向い落ち度なく乗り越えていく術の一つ。

 

| 2.強い人物は、どうしても視野が狭くなってしまいがちと

こだわり過ぎないということ。不器用でこだわりが強い人物は、どうしても視野が狭くなってしまいがちというもの。

それが柔軟性に欠けることにも繋がり問題にもなりかねず、時には別の角度から見るよう意識するのも、先に向い落ち度なく乗り越えていく術の一つ。

一旦立ち止まり振り返ってみると、こだわり過ぎていたかも知れないと気付くケースも多々あります。

 

| 3.状況下に陥ったとしても、柔軟に対応することができる

心に余裕を持つということ。器用な人というのは、どのような状況下に陥ったとしても、柔軟に対応することができるもの。

これは心に余裕があるからで、これでなくてはならないというような、固定観念などはありません。

逆から考えると、心に余裕を持つことができれば不器用さも軽減される、先に向い落ち度なく乗り越えていく術の一つ。

ピンチと感じた時こそ深呼吸して、一旦冷静になるよう努力することを心掛けます。

 

| 4.気に掛かったり、ネガティブな考え方をしてしまうもの

思い込まないということ。思い込みの激しい状態でいる場合、相手の些細なことが気に掛かったり、ネガティブな考え方をしてしまうもの。

そうならないためにも、思い込みかも知れないと自らを客観視するのが、先に向い落ち度なく乗り越えていく術の一つ。

いつも心掛けていれば、相手の良いところも素直に目につき良好な関係が築けます。

 

| 5.素直に周囲の人たちにサポートなど手助けを求めるもの

人に頼ってみるということ。仕事で自分にできないことがあれば、素直に周囲の人たちにサポートなど手助けを求めるもの。

恋愛も同じで状況を考えながら手助けを求めるのが、先に向い落ち度なく乗り越えていく術の一つ。

共通の知人などに助けを求めますが、相手が忙しい時に自身の都合で頼るのは単なる我が儘で、そうならないよう注意します。

 

 

 


そこには様々なこともある、知っておきたい恋愛面で不器用な人の特徴


 

| 1.伝えたいと思っても、そう簡単にできない時もあるもの

感情表現が苦手ということ。自分の素直な感情を伝えたいと思っても、そう簡単にできない時もあるもの。

言葉をはじめ表情や態度などで、感情の伝え方が得意な人もいますが、この場合は相手に思いも伝わり、より良い関係を築きやすくなります。

ところが感情を表現するのが不得手な不器用な人は、何を考えているのかが分からないと受取られるケースが多々あります。

 

| 2.好意を抱いても、信頼するまでに時間が掛かるというもの

信頼するまでに時間が掛かるということ。恋愛に不器用な人に見られるのが、良い人かも知れないと好意を抱いても、信頼するまでに時間が掛かるというもの。

信頼できると感じた場合、穏やかなやり取りが期待できますが、時間が掛かるのはこれまでの恋愛で辛い体験をしたのが理由かも知れません。

かなりの時間が経ちやり取りする機会が増えてきた頃になって、やっと相手を信頼できるということにもなりかねません。

 

| 3.行動より周囲の人たちがどう思うのかが気になるという

人目が気になるということ。恋愛に不器用な人に見受けられるのが、自らの行動より周囲の人たちがどう思うのかが気になるというもの。

好意を持つ人と話したいけど、噂になるのを避けたいと考えていて、これは相手に迷惑が掛かることを恐れているからです。

周囲の人たちとの調和を大事にすることは必要ですが、あまりに気に過ぎると自分らしくない日々を迎えかねません。

 

| 4.好きな人ができても他の人間に頼ることができないという

他人に頼るのが苦手ということ。恋愛に不器用な人に見られるのが、好きな人ができても他の人間に頼ることができないというもの。

他人に頼るのが苦手な傾向にあり、悩みや迷いが生じた際も、一人で解決しようとし足掻くことにもなりかねません。

強くて自立している自分自身を演じたいところがあり、そうでなければ頼れない人と思われ、嫌われてしまうと感じているからかも知れません。

 

 

 


不器用な恋愛は心理面にもある、注意しておきたい意外にモテる理由


 

| 1.相手に対して一生懸命に接しようとするパターンという

一生懸命さを感じるということ。不器用な人の中にいるのが、相手に対して一生懸命に接しようとするパターンというもの。

そうした姿を見ると、努力をしている素敵な人と思われることにもなりかねません。

不器用な人かも知れませんが、これほど一生懸命に動いてくれれば、気持ちに応えたいという思いも芽生えます。

結果的に、恋愛に不器用な人であっても、懸命な努力を続けているとモテやすくなります。

 

| 2.不器用な人と感じた場合、頼ってくれたら嬉しいと思う

頼って欲しいといつこと。人から頼られると自信が湧くタイプの人は、恋愛に不器用な人と感じた場合、頼ってくれたら嬉しいと思うもの。

結果として、できる限り優しく穏やかに相対するよう、工夫を積み重ねてくれるケースもあります。

男性が女性に向かって頼ったとしても、それにより女性側がこの機会に頑張ろうとすることもあります。

恋愛に不器用な人は、異性に対しては気になる存在ということにもなりかねません。

 

| 3.感じがするので、特に自分自身は何もしないというもの

守りたくなるということ。異性慣れしている人は、誰かが守ってくれる感じがするので、特に自分自身は何もしないというもの。

但し、異性に慣れていない人だと思う場合、この人を大事にしたいという気持ちになって、積極的に自分から守りたくなることがあります。

恋愛に対して不器用なところが多いと思えば、できる限りサポートやフォローがしたくなるということにもなりかねません。

自分が側にいなくても大丈夫という人よりも、いることで何か役立てると思える相手の方がモテることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

予め対処していく必要などがあります。ここでは、不器用な人は恋愛にも困るもの、先に向い落ち度なく乗り越えていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。