不器用な男は恋愛で右往左往するもの、先に向かって乗り切る対処策



身の回りを見渡すと、不器用な男がいて恋愛で右往左往しているもの。そんな不器用な人は女性と上手く話せず、恋愛から目を背けてしまうことにもなりかねません。

不器用な男性は思考が偏っていることも多く、物事をすべて白か黒という極端な割り切り方で捉えようとするところがあります。

更に好意を持つ女性が表れても、明確な根拠などなしに勝手に妄想して、ネガティブな結論を信じ込んだりもしかねません。

但し、不器用な男だからと女性に不人気というのは、ただの勘違いで恋愛対象として注目されています。

女性側から見れば、不器用な男性ほど恋人や結婚相手にしたい、そんな要素が詰まっていることにもなりかねません。

ここでは、不器用な男は恋愛で右往左往するもの、先に向かって乗り切る対処策を紹介しています。

 

 

 


不器用な男は恋愛で右往左往するもの、先に向かって乗り切る対処策


 

| 1.相手に対しては、素直な気持ちを伝えることが大事という

素直な気持ちを伝えるということ。不器用な男は気にしないところもありますが、信用できると感じる相手に対しては、素直な気持ちを伝えることが大事というもの。

己自身が壁を作ってしまった場合、そうした態度を見て相手も距離を取ろうとすることになりかねません。

良い関係を構築していくためにはできるだけ素直になることも重要なことで、相手の本音も伝わってくる先に向かって乗り切る対処策の一つ。

 

| 2.強い人は、どうしても視野が狭くなることが多いという

こだわり過ぎないでいるということ。不器用な男性でこだわりが強い人は、どうしても視野が狭くなることが多いというもの。

それが柔軟性が欠けることに結び付く問題にもなりかねず、別の角度から見るよう時折り意識するのも、先に向かって乗り切る対処策の一つ。

一旦立ち止まって落ち着いて振り返ってみると、こだわり過ぎていたかもと気付くことも意外に多くあります。

 

| 3.局面に出会ったとしても、柔軟に対処することができる

心にゆとりを持つということ。器用な男性というのは、どのような局面に出会ったとしても、柔軟に対処することができるもの。

これは心にゆとりがあるからで、これでなくてはいけないというような、固定観念みたいなものはありません。

逆から考えると、心にゆとりを持つことができれば、不器用さも徐々に減少する先に向かって乗り切る対処策の一つ。危機を感じた時こそ深呼吸を心掛け、一旦冷静になるように努力していきます。

 

| 4.態度が気に掛かったり、ネガティブな思考パターンに陥る

思い込みを持たないということ。思い込みが激しい状態でいると、些細な相手の態度が気に掛かったり、ネガティブな思考パターンに陥るもの。

そうならないよう、これは思い込みかも知れないと己を客観視するのが、先に向かって乗り切る対処策の一つ。

こうした考えをいつも心掛けていれば、相手の良い部分が素直に目につくので良好な関係が築けます。

 

| 5.周りの人たちに素直にサポートなどの手助けを求めるもの

他の人に頼ってみるということ。仕事で己自身ができないことがある場合、周りの人たちに素直にサポートなどの手助けを求めるもの。

恋愛も同じことで状況を考えながら助けを求めるのが、先に向かって乗り切る対処策の一つ。

共通の知人がいれば助けを求めますが、相手が忙しい時に己の都合で頼るのは我が儘なので、そうはならないよう注意します。

 

 

 


恋愛には様ざまな面があるもの、覚えておきたい不器用な男の特徴面


 

| 1.伝えたいと思っても、そうは簡単にはいかない時もある

感情表現が不得手ということ。己の素直な感情を表に出して伝えたいと思っても、そうは簡単にはいかない時もあるもの。

態度をはじめ言葉や表情などで、感情を伝えるのが得意な人もいますが、こうしていると思いも相手に伝わり、より良好な関係を築きやすくなります。

感情を表現するのが苦手な不器用な男性は、何を考えているのかが理解できないと受取られることが多々あります。

 

| 2.好意を持っても、信頼を置くまでに時間が掛かるという

信頼を置くまでに時間が掛かるということ。恋愛に不器用な男性に見られるのが、良い人かも知れないと好意を持っても、信頼を置くまでに時間が掛かるというもの。

信頼できると感じたケースでは、穏やかなやり取りも期待できますが、時間が掛かるのは今までの恋愛で辛い経験をしたのが理由かも知れません。

かなりの時間が経ってやり取りの機会が増えてきた頃になり、やっと女性をを信頼できるということになりかねません。

 

| 3.行動のせいでどう見られるか人の視線が気になるという

人の視線が気になるということ。恋愛に不器用な男性に見受けられるのが、己の行動のせいでどう見られるか人の視線が気になるというもの。

好意を持つ女性と話したいけど、噂になるのは避けたいと思っていて、相手に迷惑が掛かることを怖れているから。

周りの人たちとの調和を大切にするのは必要ですが、あまりに気に過ぎるとらしくない日々を迎えかねません。

 

| 4.好きな女性ができても他者に頼ることができないという

他の人に頼るのが不得手ということ。恋愛に不器用な男性に見られるのが、好きな女性ができても他者に頼ることができないというもの。

人に頼るのが苦手なところがあり、迷いや悩みが生じたときも、一人で解決しようとしあくせくすることにもなりかねません。

強くて自立している己自身を演じたいところがあり、そうしなければ頼りない人と思われ、嫌われてしまうと考えているからかも知れません。

 

 

 


不器用は恋愛面の心理に見られる、知っておきたい意外にモテる理由


 

| 1.女性に向かって一生懸命に接しようとする態度というもの

一生懸命な姿勢を感じるということ。不器用な男性の中にいるのが、女性に向かって一生懸命に接しようとする態度というもの。

そうした姿が目に入れば、努力をしている素敵な男性と思われることになりかねません。

不器用な男性かも知れませんが、これほどまで一生懸命に動いてくれると、気持ちに応えたいという考えもも芽生えます。

結果として、恋愛に不器用な男性であっても、懸命な努力を続けていた場合はモテやすくなります。

 

| 2.不器用なところがあるものの、そうされると嬉しいもの

頼って欲しい気持ちがあるといつこと。他人から頼られると自信が湧くような男性は、恋愛に不器用なところがあるものの、そうされると嬉しいもの。

結果的に、できる限り優しく穏やかに接してくるよう、工夫を積み上げてくれることも多々あります。

反対に男性が女性に対して頼ったとしても、それによってこの機会に頑張ろうとする女性もいます。

恋愛に不器用な男性は、女性にとっては気になる存在ということになりかねません。

 

| 3.雰囲気を出しているので、特に己からは何もしないもの

守ってあげたくなるということ。男性に慣れている女性は、誰かが守ってくれる雰囲気を出しているので、特に己からは何もしないもの。

但し、異性に慣れていない女性を感じるケースでは、この人を大切にしたいという気持ちになり、積極的に守りたくなることにもなりかねません。

恋愛に対して不器用なところを感じると、できる限りフォローやサポートがしたくなります。

己が側にいなくても大丈夫という女性より、いることで何か役立てると接する姿がモテることになります。

 

 

 

まとめ

それが恋愛対象として注目されています。ここでは、不器用な男は恋愛で右往左往するもの、先に向かって乗り切る対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。