激しい人には手荒いところがあるもの、問題を起こさない向き合い方



身の回りにも、激しい人がいるもの。荒っぽいところがあり気分屋で、機嫌により感情の起伏が激しい人。他に人の好き嫌いが激しい人などもいて、相通じるのは情緒が不安定というところです。

こうした激しい人は衝動に駆られると、我を忘れて周囲が見えなくなるところがあり、感情に任せて行動してしまいかねません。

また、プライドも高く感情の起伏の激しい人は、自らの意見が常に正しいと信じ込んでいて、食い違う相手に対しては敵対心を抱きます。

否定されるとライドを傷付けられたと感じ、意見が違う人に向かって高圧的な態度を取ることにもなりかねません。

なので、激しい人と接する際はそれなりの注意が必要になります。

ここでは、激しい人には手荒いところがあるもの、問題を起こさない向き合い方を紹介しています。

 

 

 


激しい人には手荒いところがあるもの、問題を起こさない向き合い方


 

| 1.誰かがその人の神経を逆なでしてしまうこともあるもの

感情的なときは冷めるまで距離を置くということ。己に関係なくても、周りにいる誰かがその人の神経を逆なでしてしまうこともあるもの。

その時近くにいると、怒りの矛先がこちらを向く可能性があり、一旦距離を置くのも問題を起こさない向き合い方の一つ。

激しい人が落ち着いて冷静になるのを待ち接するようにすれば、不本意に己が怒られることも減ってきます。

 

| 2.態度が激しくなるかを把握しおくと、回避もしやすいもの

どんな切っ掛けで態度が変わるかを掴むということ。当初から何が要因で態度が激しくなるかを把握しおくと、回避もしやすいもの。

激しい人の態度が荒くなる切っ掛けは、タイミングだったり気分やシチュエーションなど様々な要因があります。

予めそれを知っておけば、己が激しい人が豹変するのを防げる、問題を起こさない向き合い方の中の一つ。

 

| 3.触れてしまった時には、すぐに相手は感情的になるもの

不愉快にさせる行動や発言は控えるということ。切っ掛けを理解していても琴線に触れてしまった時には、すぐに相手は感情的になるもの。

相手が不愉快にならないよう接することが大事で、感情的になるのを防ぐのが問題を起こさない向き合い方の一つ。

こうした秘訣を掴めば激しい男性や女性に対しても、機嫌を損ねるような対応をせず、正々堂々と接することができます。

 

| 4.職場の上司などで接しなければいけない相手もいるもの

聞き手に徹し相槌を打ち受け流すということ。できる限り近寄らないようにしたいところですが、職場の上司などで接しなければいけない相手もいるもの。

そんな時は激しい人に向かって、敢えて意見を述べたりするようなことをせず、聞き手に徹するのが問題を起こさない向き合い方の一つ。

相手の言うことは否定しないで、適度に相槌を打ちながら受け流せば、気分も害さないで上手く対応することができます。

 

| 5.普通の人と比較してストレスの耐性が低い傾向にあるもの

適度に褒めて煽てるということ。激しい人は気性が荒っぽいところがあり、普通の人と比較してストレスの耐性が低い傾向にあるもの。

普段から激しい人に向かってはストレスが溜まることがないよう相対するのも、問題を起こさない向き合い方の一つ。

突然のように爆発して感情的になるのを防ぐため、適度に褒めたり上手く煽てたりと、プライドを尊重するように心掛けます。

 

 

 


躁鬱が激しい人というのもいるもの、注意しておきたい詳しい特徴面


 

| 1.認めたりするのが嫌いなので、感情的になりやすいという

異常なまでの負けず嫌いということ。他人に劣っている部分を指摘されたり、負けを認めたりするのが嫌いなので、感情的になりやすいというもの。

仕事上の失敗を指摘されたり馬鹿にされたケースでは、己のプライドを傷付けられたと思うので、激しく怒ったりすることになりかねません。

プライドも高く他者に劣っているのを認めたくない、そんな異常なまでの負けず嫌いも激しい人には多々います。

 

| 2.感情をコントロールすることが苦手な傾向があるという

感情をコントロールするが苦手ということ。激しい人に見受けられるのが、感情をコントロールすることが苦手な傾向があるというもの。

根気もなく我慢ができないので、己の思惑通りにならないと苛立ってしまうなど、いわゆるこらえ性というものがありません。

嫌なことに出会った際も感情を抑えて怒りを静めることが困難で、小さなことで頭に血を登らせてすぐに激怒することになりかねません。

 

| 3.多く持っていて、他者に向かって無理強いしやすいという

自分の規則が多いということ。己自身のこだわりや自らの規則を多く持っていて、他者に向かって無理強いしやすいというもの。

受け入れられないケースでは、己を否定されたような気持ちになるので、他人からの言葉を助言ではなく指摘として受ける傾向があります。

他の人が親切心からアドバイスしたとしても、己自身のこだわりを否定されたと感じて、直情的に怒ることになりかねません。

 

| 4.考え方や意見は相手に合わせ変えたくはないというもの

独善的ということ。常に中心に自分がいないと気が済まないところがあり、考え方や意見は相手に合わせ変えたくはないというもの。

視野が狭いので周囲の状況を把握できないところがあり、どういった時でも己自身の意見を押し通そうとしかねません。

正しいと思い込んでいるので相手に合わせることはなく、意見を押し付けやすいのも激しい人に見られるところ。

 

 

 


劣化の激しい芸能人も中にはいるもの、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.注意をされたり指摘を受けるのが好きじゃないというもの

注意や指摘を受けるのが好きじゃないという心理状態。激しい人に見られるのが、注意をされたり指摘を受けるのが好きじゃないというもの。

頑固なところがあり己の考え方を曲げるのも嫌いな上、他者に合わせるのを不満に感じていて、指摘を受けることを異常に嫌って感情的になることが多くあります。

人が親切心からアドバイスしたことに対しても、己のやり方を否定されたように感じ、怒りを爆発させることにもなりかねません。

 

| 2.正しいと信じている人は、素直に受け止められないもの

己の意見が正しいと信じ込んでいるという心理状態。間違ったことをした際も、常に己が正しいと信じている人は、素直に受け止められないもの。

仕事上で己が失敗して他の人から指摘されたケースでは、間違い自体を認めたくないので、激しく怒ったりすることになりかねません。

常に己自身の意見は正しいという思い込みも、激しい人に多々見られるような傾向の一つです。

 

| 3.激しい人は、己の思い通りにならないと感情的になると

思い通りにならないと苛立つという心理状態。常に己が中心にいなければ気が済まない激しい人は、己の思い通りにならないと感情的になるというもの。

視野が狭く周囲が見えないことへのゆとりのなさに加え、己の思惑通りにならない悔しさが湧き上がりかねません。

結果として、何かに向かってやたら滅多ら苛立ったりと、情緒不安定になってしまうことになりかねません。

 

| 4.相手の気持ちを考えると、遠慮して言わないことも多い

嫌なものは嫌と言わなければ気が済まない心理状態。人に否定的な意見を言う場合、相手の気持ちを考えると、遠慮して言わないことも多いもの。

どんな相手に対しても何でもきちんと言う人は遠慮もしないので、時に感情的になって激しい言い方をすることになりかねません。

嫌なものは嫌と明確に言わなければ気が済まない、そんなところも激しい人の心の奥底にあるもの。

 

 

 

まとめ

感情に任せて行動してしまいかねません。ここでは、激しい人には手荒いところがあるもの、問題を起こさない向き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。