好きになれない人は因果応報かも知れない、振り返って進む具体的な術



人間関係の中には、好きになれない人がいるもの。これまでの人生では好きな人ができていたのに、婚活などで意識すると好きだと思える相手に会えなくなることもあります。

今まで異性と付き合った人も中にはいて、よい思い出が恋愛中になかったり、辛い経験をしてきたことが関係あるかも知れません。

問題が相手側にある場合もありますが、条件に合う人物に出会っても好きになれないときは、自分自身の気持ちに原因があるかも知れません。

もちろんのこと好きになれない人というのは同性にもいますが、男性にしても女性にしても、好きになれない人から好かれるよう努力することも必要です。

ここでは、好きになれない人は因果応報かも知れない、振り返って進む具体的な術を紹介しています。

 

 

 


好きになれない人は因果応報かも知れない、振り返って進む具体的な術


 

| 1.なれない人に対して、無理矢理に好きになる必要はない

無理矢理に好きになる必要はないということ。出会った好きになれない人に対して、相手を無理矢理に好きになる必要はないもの。

好きという湧き上がる気持ちは自然なもので、そう思えていない状況で相手を無理に好きになろうとしても長続きしません。

なぜ好きになれないか出会いを自問自答して、自分自身を理解する機会にするのが、振り返って進む具体的な術の一つ。

 

| 2.追求せず、相手の様ざまな面を知ることも重要というもの

相手のことを詳しく知るということ。職業や外見といった一部の条件的なことだけを追求せず、相手の様ざまな面を知ることも重要というもの。

相手の意外な一面が分かれば、絶対に譲りたくないと思っていた条件を妥協する、そんな気持ちにもなる振り返って進む具体的な術の一つ。

表面的な事柄だけに関わっていては、例え相性が良かった場合でも、上手く良好な関係が築けず機会を逃してしまうことにもなりかねません。

相手を外見がタイプじゃないといった一方的価値観で否定しないで、一歩踏み込んで内面的な面にも注目することが大切。

 

| 3.最も重要視している条件面について詳しく考えてみると

理想像のハードルを下げるということ。相手を好きになれない場合、自分が最も重要視している条件面について詳しく考えてみるというもの。

職業や学歴を重視しすぎていないかとか、年齢の範囲を狭くし過ぎていないかなど、自らが思う条件を再検討するのも振り返って進む具体的な術の一つ。

条件面ばかりを重要視していては、理想的な人柄の相手と出会うチャンスを失いかねず、理想像のハードルを下げたことで婚活に成功した例も多々あります。

 

| 4.前向きになれない場合、一旦相手との距離を置いてみる

一旦距離を置いてみるということ。好きになれない人と連絡を取り合ったりデートをしても前向きになれない場合、一旦相手との距離を置いてみるというもの。

会わない期間を設けることで、相手に対する自分自身の気持ちも見えてくる、振り返って進む具体的な術の一つ。

距離を置いても相手に対して恋しく思うような気持ちが少ない場合、無理はせずに今後のやりとりを断るようにします。

 

| 5.生活パターンの相性が悪ければ結婚生活は上手くいかない

具体的に結婚生活をイメージするということ。どれほど相手の条件面が良かったとしても、生活パターンの相性が悪ければ結婚生活は上手くいかないもの。

相手の帰宅時間が遅かったり出張が多い場合など、不満に感じるかとか一人の時間が増えて良いかなど、具体的に擦り合わせていきます。

互いの違いを共有して、それに関してどう思うかを話し合っていくことが重要な、振り返って進む具体的な術の一つ。

そうしたことを細目にすることで、結婚生活がより具体的に想像できるようになり、互いの価値観や感じ方の違いも見えてきます。

 

 

 


好きな人の好きな人になりたい時もある、前向きになれない詳しい理由


 

| 1.理由の一つに、外見が自分の好みではないということが

外見が好みでないということ。出会った相手が好きになれない人になってしまう理由の一つに、外見が自分の好みではないということがあるもの。

但し、外見はその人物の構成する要素の一つにすぎず、ほかにも将来性だったり経済力など、見るべき点は多々あります。

外見にこだわり過ぎ理想的な相手を逃しては本末転倒で、結婚相手は内面を重視視して選んだ方が、家庭生活が円満にいく可能性が高くなります。

 

| 2.なれない人の場合、恋愛対象として見られないことがある

恋愛対象として見れないということ。婚活などを通じて出会った相手が好きになれない人の場合、恋愛対象として見られないことがあるもの。

相手が生理的に受け付けないような人のときは諦めた方が無難で、印象が一変するようなことは稀で、根本的な解決は難しいことにもなりかねません。

条件面が良いからと我慢して結婚した後で、更に嫌悪感が強まる結果になることにもなりかねません。

 

| 3.好意の持ち方などが分からなくなることもあるものです

婚活疲れの可能性ということ。ある程度婚活を続けている期間が長くなった場合、結婚相手に対する必須条件だったり、好意の持ち方などが分からなくなることもあるもの。

生真面目な人ほどこうした婚活疲れを引き起こしやすく、自己肯定感が下がっている最中はなかなか相手を好きになれません。

自分自身の婚活疲れを自覚した時は、相手と少し距離を置く方が良く、その結果として気持ちを整理できるかも知れません。

 

 

 


好きになれない人は別のところも見られるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.見られるのが、他者に対して関心が湧かず魅力を感じない

非常に自己愛が強く他者に関心が湧かないということ。人を好きになれない人に見られるのが、他者に対して関心が湧かず魅力を感じないというもの。

自らに自信がないような人とは反対に、自分自身が大好きで自己顕示欲が強いので、自分以上に魅力的な人間は早々いないと思ってしまいかねません。

自らを非常に強く愛しているので、周囲の人たちへの関心が全くなく、人間的な魅力にも気が付きにくい傾向があります。

 

| 2.婚活などの出会いの場は少し不向きかも知れないという

優柔不断ということ。慎重だったり優柔不断なところがある人は、婚活などの出会いの場は少し不向きかも知れないというもの。

婚活はどういったタイプの人とお見合いをするかとか、仮交際に進むんだり真剣に交際するのかなど決断の連続です。

この人良いなと好意を持っても、本当に結婚できるのかとか他にもっと良い人と出会えるかもなど、思い悩むことにもなりかねません。

慎重なスタイルは一面長所でもありますが、婚活などの出会いの場では決断力も重要なポイント。

 

| 3.日常生活以外でも、趣味や習い事など自分から広げていく

人間関係の幅が狭いということ。他の人との交流が好きなタイプは、職場や学校など日常生活以外でも、趣味や習い事など自分から広げていくもの。

一方で人を好きになれないような人は、人付き合いに苦痛を感じることが頻繁にあり、新しい人間関係を作ろうとは思いません。

人とはできる限り接しないようにするスタイルなので、どうしても必要最小限の人付き合いになることにもなりかねません。

協調性もなく自由気儘な一人の状態がすきなので、よく単独行動をするのも人を好きになれない人に見られる傾向。

 

 

 

まとめ

自分自身の気持ちに原因があるのかも。ここでは、好きになれない人は因果応報かも知れない、振り返って進む具体的な術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。