騒がしい人の末路も厳しいもの、問題を起こさない上手な付き合い方



身の回りを見渡すと、騒がしい人がいるもの。日々の生活の中でそんな騒がしい人がいると、気が散ることになり苛立ってしまうことにもなりかねません。

騒がしい人が苦手とか嫌いという人は多くいますが、自覚しているのかないのかは、音の発生元である本人にしか分かりません。

普段から声が大きい人は、普通に話しても騒がしく思うところがありますが、自分自身の声量に慣れているので、騒音になっている自覚はありません。

なので、周りの人たちから注意されても、何故そんなことを言われるのかが理解できません

なので、付近に騒がしい人がいて疲れるという場合、相応の対処をしていくことが必要です。

ここでは、騒がしい人の末路も厳しいもの、問題を起こさない上手な付き合い方を紹介しています。

 

 

 


騒がしい人の末路も厳しいもの、問題を起こさない上手な付き合い方


 

| 1.向こうも更に声を大きくし意見を言ってくることがある

相槌を打ち受け流すということ。騒がしい人の話に対して反論した場合、向こうも更に声を大きくし意見を言ってくることがあるもの。

なので、相手が気持ちよく話している時は、相槌を打ち受け流し穏便に済ませるのが、問題を起こさない上手な付き合い方の一つ。

但し、同じ言葉で繰り返し頷いているだけだと、本当に聞いているのかと逆にヒートアップすることにもなりかねません。

確かにとか凄いねにそうなんだなど、相槌のバリエーションは沢山用意しておくよう心掛けます。

 

| 2.騒がしい人には、本人の意志で小さくして貰うしかない

声のトーンを下げるようお願いしてみるということ。元から声が大きく騒がしい人には、本人の意志で小さくして貰うしかないもの。

そうした際は、もう少し声のトーンを下げて貰えますかと、お願いをストレートにするのも、問題を起こさない上手な付き合い方の一つ。

周囲の人たちが騒がしいと思うくらいの大きさで喋っている時は、この時以外にも注意を受けたことがあるはずです。

無意識で発している可能性もあり、素直に聞き入れてくれることも多々あります。

 

| 3.騒がしい人は、一旦話し始めると途中で口を挟む隙間が

強制的に話題を変えるということ。マシンガントークをする騒がしい人は、一旦話し始めると途中で口を挟む隙間がないもの。

なので、相手が熱く語りそうな話題になった場合、多少強引にでもテーマを変えるのが、問題を起こさない上手な付き合い方の一つ。

話は変わるけどとしっかり前置きしておけば、急に話題転換したことで咎められることはありません。

特に相手に知識や関心が湧かないような物事であれば、黙らせる方法としても効果的なものの一つです。

 

| 4.距離を置いて離れてしまえば直接的な被害は防げるという

距離を置きできる限り話をしないということ。声が大きかったり小言が多く騒がしい人でも、距離を置いて離れてしまえば直接的な被害は防げるというもの。

具体的にはできる限り会話をせずに避けて、物理的にも近づかないようにする、問題を起こさない上手な付き合い方の一つ。

こちら側から積極的にコミュニケーションを取らなければ、気軽に相手から近寄ってくることはありません。

騒がしい人との実際の会話の回数を減らすことで、静かにさせていくという回り道的な対処法になります。

 

 

 


騒がしい人の心の中には色々な思いがあるもの、注意したい心理状況


 

| 1.大きな声を出すことで自分自身をアピールしようとして

注目されたいという心理状況。騒がしい人に見られるのが、大きな声を出すことで自分自身をアピールしようとしているというもの。

主に周りの人たちに認めて貰いたいところがあり、そのために目立ちたいとの考えが心の内にあるのがその理由です。

特に武勇伝だったり自慢話を語るときには、より多くの人たちに聞いて貰いたい、そんな気持ちも強くなるので余計に騒がしくなります。

 

| 2.伝えたいことがある場合、人間は声が騒がしくなる傾向に

自らの主張を相手に伝えたいという心理状況。相手に理解して貰いたかったり伝えたいことがある場合、人間は声が騒がしくなる傾向にあるもの。

特に大事なところは強調して伝えたいので、とりあえず声を大きくしていくのが最も簡単に実行しやすい行為です。

相手が実際に理解しているかどうかは別として、伝えたい気持ちが大きくなるだけ声量も上がって、騒がしい人ということにもなりかねません。

 

| 3.内気なところを隠そうと、意図的に騒がしくしていると

明るく振る舞おうという心理状況。他の人に暗いキャラと思われたくないので、自分の内気なところを隠そうと、意図的に騒がしくしているというもの。

こうした人は普段は大人しいので、周りの人たちには活発な人間に見られたく、必要以上に声が大きくなってしまうことにもなりかねません。

但し、どれくらいの声量が適当なのか分からないので、小さいよりは大きい方が良いという気持ちから騒がしくなりかねません。

 

| 4.周りの人たちから馬鹿にされたり見下されることを嫌う

見下されたくないという心理状況。プライドを高く持っている人は、周りの人たちから馬鹿にされたり見下されることを嫌うもの。

なので、威勢よく振舞うように、普段よりも大声で叫んだりと、半ば威嚇しているようにも見えます。

具体的には、見下した相手に向かって嫌味を言ったり、相手の欠点を探して指摘するということにもなりかねません。

 

 

 


騒がしい人が嫌いという声は多いもの、知っておきたいそんな特徴面


 

| 1.状況によっては、普通の会話をしているだけで騒がしい

空気が読めないということ。その場の雰囲気だったり状況によっては、普通の会話をしているだけで騒がしいこともあるもの。

結果的に、声の大きさだけではなく、空気の読めない無神経な発言はうるさく感じることにもなりかねません。

デリカシーがない言葉を行ったりするなど、適当なことを言う人は騒がしい人にもなりかねません。

 

| 2.気持ちが強いタイプは、話をする際つい大きな声になって

気が強いということ。他の人に対して負けたくない気持ちが強いタイプは、話をする際つい大きな声になってしまうもの。

そして普段から負けず嫌いで他人を意識してすぎていて、何気ないような一言にも力が入って騒がしくなります。

特に言い争いなったり勝負事をするときには、相手を威嚇する意味もあり余計に声が大きくなることにもなりかねません。

 

| 3.見られるのが、一方的に自分の話ばかりをしているという

人の話を聞かないということ。騒がしい人に見られるのが、一方的に自分の話ばかりをしているというもの。

相手が話そうとしても、それを遮り興味がないのに強制的に聞かされるので、騒がしく感じることにもなりかねません。

相手を気遣う姿勢を持たない自己中心的なタイプや、お喋り好きな女性などによく見られる傾向です。

 

| 4.静かですが、気持ちが昂っているときは騒がしくなると

感情の起伏が激しいということ。喜怒哀楽の激しい人は、気分が沈んでいる時は静かですが、気持ちが昂っているときは騒がしくなるというもの。

感情の起伏が両極端なので、周りの人たちからすれば落ち込んでいる時は接し方が難しく、気持ちが高揚している状態は騒がしく感じます。

自分で感情の起伏をコントロールはできないので、自覚があっても騒がしくなりかねません。

 

 

 

まとめ

音の発生元である本人しか分かりません。ここでは、騒がしい人の末路も厳しいもの、問題を起こさない上手な付き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。