使えない人は因果応報かも知れない、立て直し先々に向かっていく術



身近なところにも、使えない人がいるもの。男女問わずに与えられた役割を果たせない、そんな人を使えない人と呼びます。

職場の大きな枠組みでみた場合、個々に与えられた役割がありますが、使えない人は自分が何をしたいのかわからないことがあります。

なので、一生懸命頑張っても成果を上げられないことが多く、そうした自覚がある時は警戒が必要。

こうした使えない社員と呼ばれるような人は、仕事のスピードが遅いのをはじめ、慎重さに欠けていたり責任感がなかったりします。

他にもスケジュール管理ができない、そんな基本的なところから見直していかなければならないかも知れません。

ここでは、使えない人は因果応報かも知れない、立て直し先々に向かっていく術を紹介しています。

 

 

 


使えない人は因果応報かも知れない、立て直し先々に向かっていく術


 

| 1.所要時間などを考え、きちんと優先順位を付けていくと

優先順位をきちんと付けるということ。己が受け持っているタスクから、緊急性や重要性に所要時間などを考え、きちんと優先順位を付けていくというもの。

そうすれば、どれから手を付ければ良いかとか、どのくらいで仕事が完了するかなど、明確に分かるようになって効率よく仕事をこなすことができます。

優先順位をつける秘訣というのは、その日に手を付けない仕事を決めることで、後は成すべきことに集中できる立て直し先々に向かっていく術の一つ。

 

| 2.成すべき物事を後回しにしてしまいがちというものです

できることは即行動に移すということ。使えない人は気分が乗らなかったり面倒臭いと思ったりする場合、成すべき物事を後回しにしてしまいがちというもの。

成すべきことを先延ばしにしていると、いつまでもそのタスクに気を取られ、結果的に効率が下がることになりかねません。

今できる物事は即行動に移すことが大切で、気が乗らなくても先に片付けてしまうのも、立て直し先々に向かっていく術の一つ。

 

| 3.己自身の仕事の状態を一目で分かるよう可視化するという

時間管理をきちんとするということ。時間管理をする際に必要となるのが、己自身の仕事の状態を一目で分かるよう可視化するというもの。

最初に大まかに仕事の目的と内容を明確にした上で、具体的な作業に分解して他のタスクを踏まえて時間を決めていきます。

後は時間を区切って作業をするなど、時間管理をはっきりさせながら進めていくのも、立て直し先々に向かっていく術の一つ。

どの仕事にどの程度の時間を要するのかとか、己自身の作業スピードはどの程度なのかなど、掴んでおけば慌てずに済みます。

 

| 4.全ての作業に時間が掛かっていては効率が悪くなるという

完璧を目指さないということ。仕事は完璧に仕上げたいという思いがあっても、全ての作業に時間が掛かっていては効率が悪くなるというもの。

仕事というのは時間を使って完璧なものを仕上げるよりも、限られた時間の中でいかに最善のものにするのかが重要なポイント。

また己の仕事の中で最も重要な事柄は何かなど、本質を考えて全力で取り組むものと違うものに別けるのが、立て直し先々に向かっていく術の一つ。

 

| 5.周りの人たちに迷惑を掛けるからと悪戦苦闘することも

できない物事は周りの人たちに任せるということ。己ではできないような仕事と思っても、周りの人たちに迷惑を掛けるからと悪戦苦闘することもあるもの。

無理を押してやっても時間がかかる上、完成度も低くなることが多々あり、己自身では難しいと判断した時には周りの人たちに相談するようにします。

己自身ができる仕事に変更して貰ったり、分量を調整してもらうなど、対策を考えて貰える可能性もあります。

いざという時に手助けして貰いやすいよう、普段から良好な意思疎通を図るのも、立て直し先々に向かっていく術の一つ。

 

 

 


使えない人の診断も巷で見かけるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.仕事上の提出期限を厳守できなかったりするというもの

時間にルーズな面があるということ。使えない人の多くは、始業開始時に遅れがちだったり、仕事上の提出期限を厳守できなかったりするというもの。

時間を守るという意識が薄いので、仕事を進める際も所要時間は考えず、仕上げるのが遅くなることになりかねません。

また、使えないと言われる人は、相手の立場では物事を考えられず、己自身の仕事が遅れれば、どういった影響があるかなど意識していません。

 

| 2.見られるのが、デスク回りなどの整理が全くできないと

整理ができないということ。使えない人に良く見られるのが、デスク回りなどの整理が全くできないというもの。

乱雑に散らかった品物の中から、必要なものを探すだけで余計な時間が掛かってしまい、作業自体がなかなか前に進みません。

片付けようとしても今の仕事が終わらず、次の段階に向け着手できないので、負の連鎖へと落ち込むことになりかねません。

 

| 3.話の重要な箇所を飛ばして聞いていないというものです

他者の話を聞けないということ。使えない人に見受けられるのが、仕事の説明を受ける時、話の重要な箇所を飛ばして聞いていないというもの。

最後まで他人の話に耳を傾ける、そういった集中力がなかったりで、迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

話を聞けないのは注意力散漫というばかりでなく、知らないのが恥ずかしいなど、理解した振りをしてしまうことも一つの要因です。

 

| 4.仕上がらなかったりと、仕事自体が非常に遅いというもの

作業速度が遅いということ。使えない人に見れるのが、何時まで待っても頼んだことが仕上がらなかったりと、仕事自体が非常に遅いというもの。

マイペースなところがある人が多く、行動しても要領が悪くて、無駄な動きばかりというところが見られます。

仕事は単独で成立するものではなく、周囲の人たちと連携し進めるもので、1人の進みが遅いと全体の進捗に影響して迷惑ともなりかねません。

 

 

 


何がしたいのか分からないこともある、覚えておきたいそんな原因面


 

| 1.身体的な面に負担が掛かっても頑張ってしまうというもの

頑張り過ぎるということ。使えない人は仕事に無駄に没頭し過ぎることがあり、身体的な面に負担が掛かっても頑張ってしまうというもの。

己自身のできる限界が分からないので、他の人にサポートも求められず、どんどん己を追い込んでしまうことになりかねません。

頑張り過ぎで身体面に負担が掛かると、体調不良などの原因ともなり、業務に支障をきたすことになりかねません。

 

| 2.情報収集は積極的するものの、行動が伴わないというもの

分析ばかりして行動しないということ。使えない人に見られるのが、仕事の情報収集は積極的にするものの、行動が伴わないというもの。

情報を集めた段階で一旦仕事が済んだ気になるので、それで満足してしまうことになりかねません。

また、分析ばかりで行動に移さないので、せっかく得た知識も実際に活用することなく終わってしまうことになりかねません。

 

| 3.ミスを指摘されても、己自身の手段が変えられないもの

手段を変えられないということ。使えない人の多くはプライドが高く、他者からミスを指摘されても、己自身の手段が変えられないもの。

頭が悪くできない人と受取られたくないとか、頑張っていても分かって貰えないなど、妙な思い込みがあります。

また、完璧主義なところがあり些細な箇所にこだわり過ぎ、結果的に全体的な効率が悪くなるほか、重要なことを見落とすこともあります。

 

 

 

まとめ

そうした自覚がある時は警戒が必要です。ここでは、使えない人は因果応報かも知れない、立て直し先々に向かっていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。