両思いになる方法は男女共通で通じるもの?具体的なアプローチの術



人生を過ごしていると、両思いになる方法を探すことがあるもの。もちろん中学生や高校生は当然ですが、社会人になっても思い浮かべることがあります。

人間は他の人の気持ちを完全に理解することはできず、好きな相手とは両想いと信じたいのに自信が持てないということにもなりかねません。

両想いの意味はと言えば、互いに好き同士ということで、つまりは相思相愛の関係にあるということです。

但し、その状態を明確に確信できるには個人差があり、積極的な人なら気後れすること躇なく好意をアピールできますが、消極的なタイプは時間が掛かることにもなりかねません。

なので、相手からの脈ありサインを見逃さないようにし、両思いになる方法へと繋げていくことが重要なポイント。

ここでは、両思いになる方法は男女共通で通じるもの?具体的なアプローチの術を紹介しています。

 

 

 


両思いになる方法は男女共通で通じるもの?具体的なアプローチの術


 

| 1.優しくしても、好意があることが意外と伝わらないことも

意識させることを口にするということ。相手に対して気遣ったり優しくしても、好意があることが意外と伝わらないこともあるもの。

もし恋人ならこうするなど、相手に意識させるような発言をするのも具体的なアプローチの術の一つ。

もっとも効果的なのは、相対して直接言うことですが、恥ずかしければlineなどでも充分なので心掛けるようにします。

 

| 2.見つけることで、多い相手ほ心を開きやすい存在になる

共通項を見つけるということ。両思いになる方法の中でも最善ともなるのが共通項を見つけることで、多い相手ほ心を開きやすい存在になるもの。

好きな相手を振り向かせるためには、一つでも共通項を多く持つことが必要不可欠な、具体的なアプローチの術の一つ。

同じ趣味をはじめ食べ物や音楽など、小さなことから共通点を見つけると、そこから会話が広がったりするほかデートにも繋がりやすくなります。

 

| 3.周囲の人たちが気付く程度、相手を特別扱いしてみると

特別感を醸し出すということ。好意を持つ人と距離を縮めたい場合、周囲の人たちが気付く程度、相手を特別扱いしてみるというもの。

同じ職場の人であれば仕事が残っていれば手伝ってあげたり、好きな人が帰る際はを見送ってあげたりします。

相手が明らかに自分だけに優しいと察知するまで、特別感を与え続けてみてるのが具体的なアプローチの術の一つ。

 

| 4.方法で良く見られるのが、手取り早く外見を変えるという

好意を持つ人のタイプに近づくようイメチェンするということ。両思いになる方法で良く見られるのが、手取り早く外見を変えるというもの。

髪型をはじめ服装など、相手の好きなタイプを掴んで、それに向かって合わせてみまるのも具体的なアプローチの術の一つ。

イメチェンした姿を見て、こんなに魅力的だったかと見違えるかも知れず、内面的なアピールも大切ですが意外と外見は侮れません。

 

| 5.一つのやり方で、周囲の人たちから徐々に聞き出すという

周囲に協力して貰うということ。相手のことを詳しく知らない場合、他人の力を借りるのも一つのやり方で、周囲の人たちから徐々に聞き出すというもの。

もう少し相手と距離を縮めたい時は、周りの人たちに相談しアドバイスを受けるのも、具体的なアプローチの術の一つ。

出会ったばかりや余りに相手との接点がなさ過ぎる時は、好意を持つ相手に詳しい人を頼るように心掛けます。

 

 

 


両思いになるのは待ち受けなども、知っておきたい感じるタイミング


 

| 1.歩くペースや喋るスピードなど、行動のリズムも似てくる

同じリズムで行動するということ。両思いの好き同士になった場合、歩くペースや喋るスピードなど、行動のリズムも似てくるというもの。

はじめの頃は合わせようと互いがしていたけれど、気が付けば意識するのとなく同じようなリズムで過ごすことは多々あります。

こうしたスピード感は、2人で一緒に過ごした時間が長いからこそで、相手に合わせようとした歩み寄りの気持ちの積み重ねかも知れません。

 

| 2.過ごしていると、徐々に相手の考え方が理解できるように

相手の言いたいことの予想がつくということ。大好きな人と長く一緒に過ごしていると、徐々に相手の考え方が理解できるようになるもの。

こういった関係になると、相手が今何を言おうとしているのか、そんなことが即座に当てられることも多々あります。

相手が驚いた反応をすることも増えてきて、相手の気持ちが明確に分かるということは、それだけコミュニケーションが密になっている証拠です。

 

| 3.互いを常に気遣い合う様子が透けて見えるのが両思い同士

互い常にを気遣っている状態ということ。周囲に例え人がいても、互いを常に気遣い合う様子が透けて見えるのが両思い同士というもの。

行動するときも一々確認しないで、絶妙なコンビネーションでできるので、様子をみれば端から見ても仲の良さが伝わってきます。

このように互いに対する気遣い一つをとっても、二人の独特な雰囲気が醸し出されていることにもなりかねません。

 

| 4.当然の如く好きな人の話し方も気づかない間に似てくる

口癖が似てくるということ。友達の口癖はすぐに移るものですが、当然の如く好きな人の話し方も気づかない間に似てくるもの。

lineのスタンプまで同じようなものに似てくることも珍しくなく、口癖は二人の周囲にいる人たちもすぐに気づくことにもなりかねません。

周りに互いの好意を隠したい人は、こういうところで明るみに出ることが多々あるので注意が必要になります。

 

 

 


両思いになる方法はlineなどでも、注意しておきたい脈ありサイン


 

| 1.目が合った場合、自然な感じで笑顔が溢れてくるという

目が合う度に笑顔になるということ。好意を持つ人と目が合った場合、自然な感じで笑顔が溢れてくるというもの。

目が合った際に照れ隠しで笑うこともありますが、好きな人の前ではイメージを良くしたいので、意識しないで口角が上がってしまいます。

目が合う度に満面の笑顔というときは、相手が好意を持っていると判断できる脈ありサインの中の一つ。

 

| 2.あれもこれも話したいと、楽しくて時間が足りないという

一緒にいて楽しいとアピールするということ。好きな人と一緒に過ごす時間はあれもこれも話したいと、楽しくて時間が足りないというもの。

自分が話したいのはもちろんのこと、相手の話も聞きたいので、気づいたらあっというまに時間が経っていることも多々あります。

相手が一緒に居て楽しいというようなことを頻繁に口にする場合、確実な脈ありサインなので、こちらもそれ以上にアピールするよう心掛けます。

 

| 3.ふと気付いたことなど、好きな人にはついつい話したく

毎日lineやメールをするということ。その日にあった出来事やふと気付いたことなど、好きな人にはついつい話したくなるもの。

頻繁に連絡を取るのが苦手なタイプでも、好きな人とはあれこれとコミュニケーションを図りたくなるのは人情。

最初は数日に1回のペースが、段々と毎日に頻度が上がることもあり、LINEの連絡頻度が多ければ多いほど明確な脈ありサインということになります。

大人になるに従って何をして上げたかというより、相手にどれ程時間をかけているか、そんなことが重要なポイントになります。

 

 

 

まとめ

つまり相思相愛の関係にあるということ。ここでは、両思いになる方法は男女共通で通じるもの?具体的なアプローチの術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。