自意識過剰の治し方を掴み逆転したいもの、上手く打ち勝っていく術



日々を過ごしていると、自意識過剰の治し方を探すことがるもの。人目を気にし過ぎるあまり、自意識過剰なのではと思い悩んでいる人は珍しくありません。

自意識過剰と呼ばれる人の中にいるのが、他者への恐怖心や不安感が大きいところがあり、病気なのではないかと信じ込むことにもなりかねません。

一般的に自意識過剰と言えば、他人にどう映っているかなど、自らに関係していることを意識しすぎている状況を指します。

それはナルシストをはじめ、緊張し過ぎることや被害妄想などに繋がることもあり、治す必要が出てくることにもなりかねません。

もちろん自意識過剰そのものにはネガティブな意味はありませんが、強すぎる場合は対人関係の問題を抱えやすくなります。

ここでは、自意識過剰の治し方を掴み逆転したいもの、上手く打ち勝っていく術を紹介しています。

 

 

 


自意識過剰の治し方を掴み逆転したいもの、上手く打ち勝っていく術


 

|  1.多少苦しい工程がある、そんな物事を選択するというもの

集中できるものを持つということ。できるだけ達成感があり完遂するまでに多少苦しい工程がある、そんな物事を選択するというもの。

人間は同時に二つの苦しみを感じることはできず、一心不乱に到達点に向かって走っている際は、人目など気にしていられない上手く打ち勝っていく術の一つ。

他人の目など構っていられない熱中できるものがある、そんな経験を繰り返すことで、過多な自意識を段々と抑えていくことができます。

 

|  2.こういった思いを冷静に捉えるよう心掛けるというもの

自動思考を変換するということ。無意識に浮かぶ考えのことを自動思考と言いますが、こういった思いを冷静に捉えるよう心掛けるというもの。

例を上げると、通りすがりの人が己を見た際に、服装を妙に思って見たに違いない、そんなことを頭に思い浮かべるのが自動思考です。

これを誰しも外を歩く時は常にどこかを見ている、たまたま己に向けられた目がその一瞬、そんな風に変換するのが上手く打ち勝っていく術の一つ。

 

|  3.ケースでは、今いる環境を変化させるべく行動するという

環境を変化させるよう心掛けるということ。己らしい生き方を世間体や体裁が邪魔しているケースでは、今いる環境を変化させるべく行動するというもの。

環境を変えていくのはハードルが高い行動に感じられますが、現実は思考パターンを変え行動に移す方が、困難ということになりかねません。

人間の行動面から見ると、先に環境自体を変化させた方が楽な場合も多い、上手く打ち勝っていく術の一つ。

 

|  4.なくなった時は、自意識過剰に嵌まり込んでいる可能性が

楽しくなくなれば一旦終了ということ。今まで楽しいと感じていた物事が楽しくなくなった時は、自意識過剰に嵌まり込んでいる可能性があるもの。

楽しくて投稿を続けていたような自撮りのSNSが、何故か最近は楽しくないなど、そうした時は一旦行動を終了するのが、上手く打ち勝っていく術の一つ。

負けず嫌いの人であればフォロワー数を競うようになってしまうなど、自意識過剰が精神的疲労に繋がることもあり要注意です。

 

|  5.自信を付けていくことで、顔色を伺う必要もなくなるもの

1日の終わりに己自身を褒めるということ。自意識過剰の原因を取り除いていくのは、己に自信を付けていくことで、他人の顔色を伺う必要もなくなるもの。

アラームなしで目を覚ませたなど、小さなことで構わないので、1日の終わりに先ずは己自身を褒めることを習慣にします。

己自身を認めてあげるのが自信に繋がるので、それを継続することが重要ポイントともなる、上手く打ち勝っていく術の一つ。

 

 

 


自意識過剰を治すのに本を読むこともある、覚えておきたいその原因面


 

|  1.そのため何事もネガティブに考えてしまうような癖がある

自己肯定感の低さということ。自己肯定感が低い人は己に自信がないので、そのため何事もネガティブに考えてしまうような癖があるもの。

誰かと目が合ったというだけでも、己が変なので見ているとネガティブに捉えることになり、そこから負の連鎖に陥ってしまいかねません。

自意識過剰な己に対して苦しんでいるタイプに見られる、最も多くある典型的なパターンの一つ。

 

|  2.変わっていると仲間外れにされたり、苛められたという

容姿や言動のトラウマということ。己自身は好きなことをしているだけ、なのに過去において変わっていると仲間外れにされたり、苛められたというもの。

こういったことの他にも、容姿を揶揄われたりした体験があると、それがトラウマとなり心に刻まれる場合があります。

結果として、自己防衛本能が働いて周りの人たちの視線を敏感に察知し、できる限り目立たないように行動することになりかねません。

 

|  3.承認されることに快感を覚え自意識がエスカレートした

過多な承認欲求ということ。前述のトラウマとは真反対で、容姿や特技で予想しない称賛を浴びたことで、承認されることに快感を覚え自意識がエスカレートしたというもの。

最近はインターネットの普及などにより、自己を表現して自己顕示欲を満たすことが簡単にできます。

そのため、こういったパターンに嵌まり込む自意識過剰な人が、思いもかけないようなスピードで増えていっています。

 

|  4.一つの社会を形成している地域に住んでいるというもの

世間体を意識する環境ということ。各家庭が密接に横の繋がりがあるような、一つの社会を形成している地域に住んでいるというもの。

そうした場所にいれば良くも悪くも、人の噂になる目立つ言動は慎むべき、そうした文化が根付いていることがあります。

世間体を意識する振る舞いを幼少期から刷り込まれて成長した場合、常に人の視線を意識して行動する癖が付きやすくなりかねません。

 

 

 


自意識過剰は恋愛面で治す必要もある、注意したいそんな人の特徴面


 

|  1.自尊心が異常に高い人も自意識過剰な中には良く見られる

プライドが異常に高いということ。己で己を高評価しているような、そんな自尊心が異常に高い人も自意識過剰な中には良く見られるもの。

心の中には注目の的になりたいなどの願望もあり、己が場の中心にいないと気も済まず、常に他の人の視線を意識しています。

結果的に、周りの人たちは皆が己自身のことを見ている、そんな風に思い違いすることになりかねません。

 

|  2.見受けられるのが、物事を悪い方向に捉えてしまう傾向に

ネガティブ方向に考えやすいということ。自意識過剰な人に見受けられるのが、物事を悪い方向に捉えてしまう傾向にあるもの。

仕事をしていても、上手くいかないと考えやすいところがあり、己自信に自信を持てない上、必要以上に否定的なことを頭に浮かべることになりかねません。

周囲の人たちに嫌われたり、己が失敗したりするのに恐怖心があり、更に自意識過剰になることになりかねません。

 

|  3.誰かの言葉に反応してしメンタル的に不安定になるという

メンタル的に不安定ということ。自意識過剰な人の中に異常に神経質な人もいて、誰かの言葉に反応してしメンタル的に不安定になるというもの。

普通の人間は全く気にならないようなことでも、いちいち気に病んでしまう、そんなことにもなりかねません。

他者の言葉に揺れ動きやすく情緒が安定しないので、ほんの少しのことに向かっても自意識過剰に陥りかねません。

 

 

 

まとめ

思い悩んでいる人など珍しくありません。ここでは、自意識過剰の治し方を掴み逆転したいもの、上手く打ち勝っていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。