やらかした時の埋め合わせは正確にしたいもの、具体的に上手く動く術



日々を過ごしていると、やらかした時が訪れることがあるもの。それは仕事だったり人間関係など、やらかしたと思う失敗をしてしまい、落ち込むような時。

仕事で失敗を犯した時に、気持ちの切り替えすぐにできる人もいれば、酷く落ち込んでしまうタイプの人もいます。

失敗は大なり小なり周りの人たちに迷惑をかけるので、落ち込むのはある意味仕方がないことかもしれません。

どのような失敗でも、仕事でやらかした時には焦ったり気分も沈みますが、いつまでも引き摺ってしまうのは不効率で、気持ちを切り換えていくことが重要。

なので、そんなやらかした時の対処や立ち直り方を予め掴んでおくと、先々に向け役に立ちます。

ここでは、やらかした時の埋め合わせは正確にしたいもの、具体的に上手く動く術を紹介しています。

 

 

 


やらかした時の埋め合わせは正確にしたいもの、具体的に上手く動く術


 

|  1.上司や関係者などに報告して指示を仰ぐことが大切という

すぐ報告するということ。やらかしたことに気が付いた場合、速やかに上司や関係者などに報告して指示を仰ぐことが大切というもの。

自分だけで問題を解決しようとしないことが大事で、時間の経過と一緒に、事態はどんどん悪化してしまうということにもなりかねません。

やらかした時は、誰しも後ろめたさから逃げ出して事実を隠したくなるものですが、ミスそのものより事後処理が重要な具体的に上手く動く術の一つ。

生じたことを自分自身の責任として受け入れ、すべてを伝えることで、上司も適切な処理の指示ができることになります。

 

| 2.迷惑をかけてしまった場合、すぐに心から謝罪をすると

失敗を認め誠実な気持ちで謝罪するということ。やらかした失敗によって周りの人たちに迷惑をかけてしまった場合、すぐに心から謝罪をするというもの。

どれほど努力してもミスを防ぐことは不可能ともいうもので、開き直ったり言い訳をしたりするのは、マイナスイメージに繋がることにもなりかねません。

誠実な態度で謝ることが重要で、どのような理由がそこにあっても、謝罪の気持ち誠実に述べることが具体的に上手く動く術の一つ。

 

| 3.なぜ失敗したのか、そんな要因を突き止めるというもの

失敗を振り返るということ。原因が分からなければ再発の怖れが高まるので、落ち着いたらなぜ失敗したのか、そんな要因を突き止めるというもの。

失敗するのはある意味仕方がないことで、仕事でやらかした時は、見逃すことはせず必ずミスを振り返るよう心掛けます。

なぜ失敗したのかをはじめ、原因は何かとか防ぐにはどうすれば良いかなど、発生からミスの発覚に対処方法までをまとめながら振り返ります。

自分自身が今後失敗を犯さないために何をすれば良いのか、そうしたことを明らかにして取り組むのが、具体的に上手く動く術の一つ。

 

| 4.ミスを避けていくよう意識して習慣付けていくというもの

習慣付けるということ。仕事でやらかした時に改善点が見つかった場合、ミスを避けていくよう意識して習慣付けていくというもの。

確認不足が原因であれば、段階ごとに確認のメモを取ったりToDoリストを作るなどを癖付けるようにします。

注意不足が原因であれば、自分がよく犯してしまうミスを付箋に書いて貼りつけたり、リマインダーを設定するなどが効果的です。

教訓を次の行動に活かすようにすれば、成功に繋げていける具体的に上手く動く術の一つ。

 

| 5.別の仕事が滞ったり新たなミスを発生させることにもなる

気持ちを切り換えるということ。いつまでも失敗を引き摺っていては気持ちも沈み込んで、別の仕事が滞ったり新たなミスを発生させることにもなるもの。

失敗を無理に忘れる必要はありませんが、自分自身を責め過ぎず気持ちを切り換えるのが、具体的に上手く動く術の一つ。

仕事が終わった後には、趣味に没頭したり友人に会ったり運動をしたりと、リフレッシュすることも重要なポイントです。

仕事上の失敗は職場で対処するのが基本で、帰宅後のプライベートタイムに考えるのは避けるようにします。

 

 

 


やらかした時には名言に頼ることも、知っておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.覚えられないので、仕事も忘れやすく失敗しやすいという

メモを取らないということ。メモを取ることの習慣がない人は、その場で覚えられないので、仕事も忘れやすく失敗しやすいというもの。

メモを取らない理由はと言えば、書くのが面倒臭かったり頭の中で記憶しているなど、人によって様ざまです。

字を書くことにより理解が深まったり、理解できないことも見直すことが可能で、メモを取らなければ仕事の注意点などが把握し難くなりかねません。

 

| 2.不慣れなので、失敗を犯しやすい傾向があるというもの

仕事に不慣れということ。入社間もない人だったり社会経験が浅いという場合、業務に不慣れなので、失敗を犯しやすい傾向があるというもの。

仕事に対しての経験が浅いので、緊張や焦りなどから失敗してしまうことにもなりかねません。

業界だったり職種が未経験というケースも、仕事に必要なスキルや知識の量が少なく、ミスに繋がることにもなりかねません。

 

| 3.重要性にも気付き難く、失敗に繋がることも多々あるもの

責任感がないということ。責任感がない人というのは、任された仕事の重要性にも気付き難く、失敗に繋がることも多々あるもの。

自分自身の業務に関して責任を持っていない場合、自らの判断基準で仕事を進めがちになり、ミスを引き起こしてしまうことにもなりかねません。

間違えても誰かが助けてくれるという気持ちから、手を抜いて業務に当たることにもなりかねません。

 

 

 


やらかしてしまった時に思うこともある、注意しておきたい心理状況


 

| 1.そもそもこの仕事をしていいのかなどと疑ってしまうもの

ネガティブ思考という心理状況。ネガティブな人は間違えるのが怖かったり、そもそもこの仕事をしていいのかなどと疑ってしまうもの。

こういったネガティブな思考パターンになりやすく、本来の力を発揮することができず、失敗を引き起こしてしまうことにもなりかねません。

過去に犯したミスを引き摺ってしまうことが多く、目の前の業務に対して自信が持てないという負のスパイラルに陥りやすくなります。

 

| 2.自分自身の問題点に気づき難く、ミスを犯しやすいという

失敗を反省しないという心理状況。失敗した事柄を反省しない人は、自分自身の問題点に気づき難く、ミスを犯しやすいというもの。

自らの過ちを振り返る機会がなければ、何をどこで間違えたのかが分からないということにもなりかねません。

次に失敗しないよう工夫できる箇所はないかなども考えないので、同じ失敗を再度繰り返してしまうことにもなりかねません。

 

| 3.不得手のほか、注意力が欠如しているので失敗に繋がる

大雑把な性格という心理状況。大雑把なところがある人は、業務の順番を考えるのが不得手のほか、注意力が欠如しているので失敗に繋がりやすいもの。

仕事中も業務と関係のないネットを見ていたりと、集中力にも欠けているので、失敗しがちなところがあります。

確認作業を怠ることも多く、仕事に身が入っていないので、ミスを犯してもそれに気付かないというリスクもあります。

 

 

 

まとめ

失敗をしてしまい、落ち込むような時です。ここでは、やらかした時の埋め合わせは正確にしたいもの、具体的に上手く動く術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。