したいことがないという末路も不安なもの、上手く見つけ乗り越える術



日々を過ごしていると、したいことがないということもあるもの。大きな選択を前にした時に、したいことがないと悩む場合があります。

何が自分自身に向いているのかは、進路の大きな方向は無論のこと自己分析や自己PRをする時に、これからしたいことが軸になる場合が多々あります。

なので、したいことから繋がっていく将来像をスムーズにイメージできなければ、自らに対してネガティブな感情を持ちかねません。

こうしたしたいことがない人は、行動を起こす前に頭の中で考え過ぎたり、基準があって計算高くなったりと、本心が分かり難くなっています。

それでは就職や就活に転職など、人生で困ったことにもなりかねず注意が必要。

ここでは、したいことがないという末路も不安なもの、上手く見つけ乗り越える術を紹介しています。

 

 

 


したいことがないという末路も不安なもの、上手く見つけ乗り越える術


 

| 1.自己分析が不足してしまっている可能性があるというもの

客観的に己自身を見つめ直すということ。己自身にしたことがないのは、自己分析が不足してしまっている可能性があるというもの。

自己分析は詳しく過去の体験を振り返っていくことで、そこから己の価値観をはじめとして、長所や短所といった傾向を明確にすることです。

己のしたいことが分からない場合、時間を忘れて没頭したことや熱中したことなど、自己分析を通じて将来的なビジョンを考えるのも、上手く見つけ乗り越える術の一つ。

 

| 2.何となく気が向くことに対して前向きに取り組むという

何となく気が向くことから出発するということ。己のしたいことが分からない時は、何となく気が向くことに対して前向きに取り組むというもの。

日常生活の何気ないことが切っ掛けで、その面白さが分かることもあり、少しでも関心や興味が湧けば継続するのが、上手く見つけ乗り越える術の一つ。

将来の直接的な仕事には結び付かなくても、人生の楽しみややり甲斐を発見できる、そうした可能性も大いにあります。

 

| 3.己自身へのハードルを高く設定し過ぎる嫌いがあるもの

理想像のハードルを下げるということ。己のしたいことが分からない人は、理想像を求める余り、己自身へのハードルを高く設定し過ぎる嫌いがあるもの。

完璧な結果を追及するのは悪くはありませんが、己自身が進むべき道やしたいことが分からない状況なら、ハードルを下げてみるのも上手く見つけ乗り越える術の一つ。

簡単に行えそうなことを見つけて、突き詰めていくような方法もあるので、肩の力を抜いて生きていくよう心掛けます。

 

| 4.家族や友人などの第三者に意見を聞いてみるというもの

第三者に意見を聞いてみるということ。考えてみてもしたいことが分からない時は、家族や友人などの第三者に意見を聞いてみるというもの。

己にしたいことがないのは心身の健康にも良くなく、己自身を良く知る人に、どんなことが似合っていそうかなどを尋ねるようにします。

何気ない会話をしている最中に、新しいアイディアが思い浮かぶこともある、上手く見つけ乗り越える術の一つ。

 

| 5.ケースでは、その環境自体に合っていないことがあるもの

環境を変化させるということ。現在いる環境下で壁にぶつかって、己のしたいことが分からなくなっているケースでは、その環境自体に合っていないことがあるもの。

無理に我慢を続けている場合、心身の不調に結び付く怖れもあり、転職を検討し現在いる環境を変化させるのも、上手く見つけ乗り越える術の一つ。

但し、その職場に入りたてなどの経験が浅い場合、単に仕事に不慣れという可能もあり、多少は様子を伺うようにします。

 

 

 


したいことがない休日もある、注意しておきたいわからない人の特徴面


 

| 1.足りてなく、己自身の方向性が考え難くなっているという

人生経験が不足しているということ。したいことがない人は人生経験が足りてなく、己自身の方向性が考え難くなっているというもの。

人生の中では楽しいことはもちろんのこと大変なことや辛いことなど、様々な経験を積み重ねることで、初めて己のしたいことが分かってきます。

したいことがないと感じる時は、まだ経験が不足していると考えて、積極的にチャレンジしていくことが重要なポイント。

 

| 2.結果的に己自身のしたいことが分からなくなるものです

過剰に失敗を恐れているということ。ミスを過剰に怖がるような人は、物事に対しても消極的になりやすく、結果的に己自身のしたいことが分からなくなるもの。

常にミスをした時はどうしようといった気持ちが強く、新しいことにチャレンジするのを避けてしまいがちになります。

失敗やミスを過剰に恐れるのではなくて、己自身の選択肢を広げていくような行動も時には必要です。

 

| 3.考えたり行動に移す前に人に頼ってしまうというものです

他人に頼ることが多いということ。したいことがない人に見られるのが、考えたり行動に移す前に人に頼ってしまうというもの。

誰かに頼りっ切りになってしまったケースでは、深く考えることもなく言われたまま行動することになりかねません。

己自身の気持ちだったり意見を最優先にし、考えて行動する習慣をつけることも大切なポイント。

 

| 4.チャレンジしては一度切りの失敗で諦めているというもの

一度切りの挫折で諦めているということ。したいことがない人に見受けられるのが、新しいことにチャレンジしては一度切りの失敗で諦めているというもの。

何事も不慣れな間は失敗することも多く、諦めてしたいことがが分からないと悩むことにもなりかねません。

一度の挫折で諦めずに挑戦し続けることで、己自身の向きや不向きが分かることも数多くあります。

 

 

 


したいことがないのは高校生でもあるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.計算し過ぎの場合、己自身の本心が分かり難くなるという

考え過ぎということ。行動を起こす以前から考え過ぎたり計算し過ぎの場合、己自身の本心が分かり難くなるというもの。

損得勘定であらゆる行動を判断していると、他に湧き起こる感情を満たせなくなり、段々と己自身のことが分からなくなりかねません。

完璧な成果を残せないようなら行動に移せない、そんな考え方が頭の中を駆け巡り、してみたい気持ちを押さえ込むことにもなりかねません。

 

| 2.読み過ぎている状況で、常に己自身を押し殺していると

周囲の人に合わせてしまうということ。人間関係なら空気を読み過ぎている状況で、常に己自身を押し殺しているというもの。

己がしたいことよりも、周りの人たちと対立しないようにとか、浮かないようにということを優先します。

周囲に合わせることは、円滑なコミュニケーションにとって必要なことですが、己が分からなくなることに繋がりかねません。

 

| 3.己自身のことを考えるゆとりがなくなることがあるもの

ストレスが蓄積しているということ。ストレスが溜まり続けているケースでは、己自身のことを考えるゆとりがなくなることがあるもの。

時間的にも精神的にも追い詰められている場合、目の前のことに手を付けるだけで精一杯になることになりかねません。

疲労が蓄積した状況では、己自身のことを振り返るゆとりがなくなり、したいことがないということになりかねません。

 

 

 

まとめ

したいことがないと悩む時があります。ここでは、したいことがないという末路も不安なもの、上手く見つけ乗り越える術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。