思いが伝わらない末路は厳しいもの、先へと上手に乗り越えていく術



人生を過ごしていると、思いが伝わらないことがあるもの。物事や自らの気持ちを伝えようとしても、全然分かってもらえないことがあります。

そうした思いが伝わらないときはイライラするものですが、熱い思いが伝わるとか好きな思いは伝わるなどは一種の幻想ということにもなりかねません。

思いが伝わらない時には、正直なところどうすれば良いのか分からなくなることも多くあります。

上手く説明することもできず返って悶々とする、そんなパターンが繰り返されてしまうことにもなりかねません。

但し、思いが伝わらないのは伝え方に問題がある場合が多く、言い方だったり使っている言葉などには注意が必要です。

ここでは、思いが伝わらない末路は厳しいもの、先へと上手に乗り越えていく術を紹介しています。

 

 

 


思いが伝わらない末路は厳しいもの、先へと上手に乗り越えていく術


 

| 1.明確にしておき、3点以内に要点を絞るようにするという

伝えたい事柄を明確にするということ。事前に何を伝えたいのかを明確にしておき、3点以内に要点を絞るようにするというもの。

あれもこれもと話す時には、伝えたい物事を盛り込みがちですが、聞く方からすると記憶に残る分量というのは多くはありません。

何を伝えたいのかが明確になった場合、極力余計な話題は控えるようにし、筋道立てて要点を話すのが先へと上手に乗り越えていく術の一つ。

 

| 2.分かりやすい言葉を使用して結論を伝えるというものです

情報量を増やし過ぎないということ。導入と本論と結びという非常にシンプルな構成で、分かりやすい言葉を使用して結論を伝えるというもの。

導入で聞いている相手の関心を掴み、本論で内容を正確に伝え、最も伝えたい事柄を結びで繰り返せば効率的に伝えられます。

無駄なことを長々と話すなど情報量を増やし過ぎないことが要点で、伝えたい事柄が曖昧にならないようにするのが、先へと上手に乗り越えていく術の一つ。

分かりやすい言葉になるよう心掛け、先ずはシンプルに全体の流れや結論を伝えることが大切なポイント。

 

| 3.己自身の意志も一緒に伝えることが非常に大事というもの

己の意志は必ず伝えるということ。ビジネスにしてもプライベートししても、事実だけではなくて、己自身の意志も一緒に伝えることが非常に大事というもの。

例を上げると、ミスが生じた時に現状や原因だけを伝えるのではなく、己ならどう解決するかという意志を盛り込み伝えます。

単なる報告ではなく己自身の意思を伝えれば、聞いている相手にも言いたい事柄が伝わりやすくなる、先へと上手に乗り越えていく術の一つ。

 

| 4.話した場合、相手側には充分に伝わり難いことも多々ある

相手の理解度を確認し話すということ。一方的に己自身が伝えたいことを話した場合、相手側には充分に伝わり難いことも多々あるもの。

どれくらい相手が理解できているかを確認しながらとか、興味を示しているかを観察しながら話すなど、注意していくのが先へと上手に乗り越えていく術の一つ。

今一つ相手の理解度が低いときには、己自身の伝え方を再度見直してブラッシュアップをしていくよう心掛けます。

 

| 5.スモールステップで経験を積み重ねる必要があるという

経験を積み重ねていくということ。思いが伝わらないのを解消するのに、急なレベルアップは難しく、スモールステップで経験を積み重ねる必要があるというもの。

相手は無論のこと状況や内容等でも一筋縄ではいきませんが、試行錯誤を場数を踏んでいく中で繰り返せば、穏やかに事実を伝えていく能力が身に付きます。

相手の出方や状況に対して、臨機応変の対応力も身に付くので、人間関係の柔軟性も上がる先へと上手に乗り越えていく術の一つ。

 

 

 


思いは伝わるのかという疑問もあるもの、注意したい話が通じない理由


 

| 1.思いが伝わらないというような問題が生じる可能性はある

相手側の責任にしているということ。 伝える目的自体は明確に定まっていても、思いが伝わらないというような問題が生じる可能性はあるもの。

そんな際に考えられる理由の一つにあるのが、思いが伝わらないことを相手の責任としてしまっている態度です。

相手に伝わるように工夫をしても、実際に思いが通じなければ腹立ちも感じますが、言葉はシンプルでも人によって解釈が違うことも理解する必要があります。

 

| 2.真っ先に思い浮かべるのは、結論から伝えていないという

伝える目的が曖昧になっているということ。思いが伝わらないと聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、結論から伝えていないというもの。

仕事のコミュニケーションでは、最も伝えたい結論を話すことがポイント、そうしたことを知っている人も多くいます。

何を言いたのかが分からないと聞き返されるケースでは、結論以前で伝える目的が曖昧となっている、そんなシーンが多々あります。

 

| 3.ありますが、現実的には殊の外関連しているというもの

人間関係を良好に築けてない ということ。思いが伝わらないことで人間関係に疑問を持つこともありますが、現実的には殊の外関連しているというもの。

思いが伝わるように配慮しているにも関わらず、誤解されてしまって伝わらないのは、それは人間関係が良好に築けていないという典型的パターンかも知れません。

論理的な説明力や話し方は、仕事関係のコミュニケーションには重要ですが、それだけでは不充分というのも反対側から見ての事実です。

 

| 4.間違っていても、なかなかそうした失敗を認められない

意見は曲げられないということ。プライドが高い人物は己自身が間違っていても、なかなかそうした失敗を認められないもの。

全て己自身の意見が正しいという考え方をしているので、プライドに傷が付いてしまうような言い方をすることができません。

思いが伝わらない時は、話を感情論でしてくることも多く、話が通じないということになりかねません。

 

 

 


思いが伝わらない時は意外にある、覚えておきたい通じない心理状態


 

| 1.多少の我が儘を言っても平気と信じているというものです

我が儘を言っても許して貰えるという心理状態。己が彼氏とか彼女にとって特別な存在と認識している場合、多少の我が儘を言っても平気と信じているというもの。

それは己自身のことが好きであれば、この程度のことは言っても許して貰える、そんな怠慢とも言われるような気持ちの表れです。

結果として、己が理不尽だったり我が儘と思うようなことでも、思いが伝わらないにも関係なく押し通してきます。

 

| 2.話も聞いていないような理解力に乏しいタイプの人がいる

単純に理解力に乏しいという心理状態。何度言っても忘れていたり、話も聞いていないような理解力に乏しいタイプの人がいるもの。

己の許容量をオーバーしていることもあって、様ざまな悩みだったりトラブルを抱え込み過ぎて頭が一杯になりかねません。

己自身で考えること自体を放棄していることも多くあり、いくら話をしても思いが伝わらないことになりかねません。

 

| 3.自らがしてきたことにプライドや誇りを持っているもの

自分勝手な上司という心理状態。仕事での経験や実績が多くある上司は、自らがしてきたことにプライドや誇りを持っているもの。

部下に対するコミュニケーションスキルが低い場合、思いが伝わらない時も己自身は正しいと信じ込んでいます。

結果的に、いくら部下が助言や意見を言っても、耳を傾けることなどなく己の主張を通そうとしかねません。

 

 

 

まとめ

全然分かってもらえないことがあります。ここでは、思いが伝わらない末路は厳しいもの、先へと上手に乗り越えていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。