不安な気持ちをなくす方法で前向きになりたいもの、乗り切っていく術



人生を過ごしていると、不安な気持ちをなくす方法が欲しくなる時もあるもの。身の危険を覚えるほどの不安や恐怖体験は日常では稀ですが、そんな感情に襲われることは珍しくありません。

特に、余り耳にしないような衝撃的なニュースを聞くと、何となく落ち着かない、不安な気持ちになるのは当たり前の感情です。

不安感や恐怖の感情が芽生えるとき、生理的な反応として、闘うか逃げるかの交感神経系が優位になります。

不安な状態で動悸がしたり息が上がったりと、身体が苦しくなってしまうのはこのためで、不安をなくす方法を求めることになりかねません。

こうした不安な気持ちは仕事にしても恋愛などのプライベートにしても、対処を誤れば悪循環ともなりかねません。

ここでは、不安な気持ちをなくす方法で前向きになりたいもの、乗り切っていく術を紹介しています。

 

 

 


不安な気持ちをなくす方法で前向きになりたいもの、乗り切っていく術


 

| 1.あるように、体の動きは心のあり様を表現しているという

体をリラックスさせるということ。重荷から解放されるといった言葉があるように、体の動きは心のあり様を表現しているというもの。

不安な気持ちを感じている局面では身体が固くなっているということもあり、気づいた時は深呼吸をするだけで肩の力も抜ける、乗り切っていく術の一つ。

不安な気持ちは己自身の意思とは関係なく、内臓の働きや体温などをコントロールしている自律神経にも影響します。

こうした交感神経が働くことを減らしていき、副交感神経の方を活性化させるのが不安な気持ちをなくす秘訣になります。

 

| 2.考えが、現実に沿っているかを検討していく力というもの

実際的な検討能力と付けるということ。実際的な検討能力というのは、頭の中で思い浮かんだ考えが、現実に沿っているかを検討していく力というもの。

現実に暮らしていれば、日々色んな考え方や感情が湧き上がりますが、その中にはありそうもない非現実なものが多々あります。

そんなものに対して過剰に不安な気持ちを感じている最中は、極端な思考パターンに嵌まり込むことにもなりかねません。

結果として、実際的な検討能力をつけることで、必要以上に不安な気持ちを膨らませないようにするのが、乗り切っていく術の一つ。

 

| 3.認知の歪みで、偏った非現実的なものの見方というもの

認知の歪みを正すということ。不安な気持ちが強い人に見受けられるのが心理学で言うところの認知の歪みで、偏った非現実的なものの見方というもの。

万が一のことが発生すると取り返しつかないなど、ほんの小さな可能性を拡大解釈することで、己自身で不安な気持ちを煽ってしまうことになりかねません。

極端に物事を捉えるような癖を感じている場合、先ずは認知の歪みをきちんと発見するよう心掛けることが、乗り切っていく術の一つ。

 

| 4.されているのが、マインドフルネスの能力を付けていく

マインドフルネスの能力をつけるということ。不安な気持ちをなくす方法で最良ともされているのが、マインドフルネスの能力を付けていくというもの。

マインドフルネスと言えば、現在のこの瞬間の己自身の状態を知ることで、外から客観的に俯瞰して眺めているような状況を意味しています。

具体的に言えば、不安な気持ちに駆られたことを察知した時に、先ずは己自身の感情を眺めるようにし、客観視していく訓練を行うようにします。

合わせて呼吸の訓練を行うと更に冷静になれるので、己のペースで物事を進めていける、先々に向かって乗り切っていく術の一つ。

 

| 5.中にあるのが、恐怖突入という思考パターンというもの

恐怖突入を考えてみるということ。森田療法と世間的に呼ばれる心理治療法の中にあるのが、恐怖突入という思考パターンというもの。

不安な気持ちは何時でもどこでも心に湧き上がりますが、それに毎度のように付き合っていると、何もできなくなることになりかねません。

そんな不安な気持ちを感じることも、実際に手を付けてみるとごく普通のことも多々あり、巻き込まれことなく気にせずやってみるのも乗り切っていく術の一つ。

なかなかにストイックな思考パターンですが、人生で意味のあることというケースでは、恐怖突入の考え方でやるべきことをやるというもの。

 

 

 


不安感なくす方法は仕事でも欲しいもの、覚えておきたい怖い原因面


 

| 1.染み付いて、仕事に不安を感じるようになったというもの

失敗を引き摺っているということ。己自身の失敗を切っ掛けに苦手意識が身に染み付いて、仕事に不安を感じるようになったというもの。

仕事をしていればミスはどうしてもありますが、それで大きなトラウマを背負ってしまった時は、その後も苦手意識に苛まれることになりかねません。

似たシチュエーションに出会う都度、仕事に対しての不安な気持ちが湧き起こる可能性もあります。

 

| 2.仕事に対する辛さや、不安な気持ちを増幅させるという

残業やノルマが辛いということ。連日の残業だったり厳しいノルマは、仕事に対する辛さや、不安な気持ちを増幅させるというもの。

適度なノルマを課せられるのは、仕事に対してのモチベーションを保っていく要素ともなり得るものです。

残業も最低限度必要となる場面はありますが、それらも度が過ぎると辛いだけということになりかねません。

 

| 3.胸の内に叱責されることを考えて働くようになってしまう

上司に叱責されるということ。厳しい上司がいる場合、常に胸の内に叱責されることを考えて働くようになってしまうもの。

順序立てて説明してくれる上司なら良いのですが、己の感情に任せて怒鳴ったり、パワハラのような言動があったりの上司は、危険ということにもなりかねません。

 

 

 


不安な気持ちをなくす方法は仕事でも、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.このまま仕事を続けることに不安な気持ちが湧き上がる

先々に不安を感じているという心理状況。先々に不安を感じているケースでは、このまま仕事を続けることに不安な気持ちが湧き上がるというもの。

こうした不安は職場や業務関係などの具体的な不安から、セカンドキャリアなどを見据えた漠然とした不安まで、多くの種類が考えられます。

真剣に将来を考えるほど不安が募っていき、恐怖心へと変わってしまうことになりかねません。

 

| 2.そのまま仕事への不安な気持ちへと繋がっていきやすい

仕事に対して不平不満があるという心理状況。仕事に対しての不平不満というのは、そのまま仕事への不安な気持ちへと繋がっていきやすいもの。

己自身が出した結果に正当な評価を下して貰えなかったり、休日に上司から頻繁に連絡が入るなど、そうしたことがあると仕事に不平不満を感じるのは当然です。

そうした状況が続くと疑心暗鬼にもなりかねず、仕事に対して不安な気持ちを感じることにもなりかねません。

 

| 3.周りの人たちの視線に対して敏感になってしまうものです

周りの視線を怖れるという心理状況。上司や同僚などの存在を意識し過ぎるケースでは、周りの人たちの視線に対して敏感になってしまうもの。

どうしても己自身の評価が気になってしまうので、パフォーマンスも低下してしまうということになりかねません。

結果的に、現在取り掛かっている仕事自体に不安な気持ちが湧き起こる、そうした可能性も出てくるということにもなりかねません。

但し、不安な気持ちがあっても精神的苦痛を感じていたり、毎日の生活に差し障りが出ていない場合、医学的に言う恐怖症には当て嵌まりません。

 

 

 

まとめ

対処を誤れば悪循環となりかねません。ここでは、不安な気持ちをなくす方法で前向きになりたいもの、乗り切っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。