指摘する人の末路も厳しいもの、問題を起こさないで上手く付き合う術



身の回りを見渡すと、指摘する人がいるもの。小さなことや細かい事柄まで、いちいち執拗に指摘してくるタイプの人がいます。

指摘する人は嫌いという声も多々ありますが、少し質問ををただけで、その後も何回もアドバイスをしてくるような人です。

自分的には提案力があると自負しているところがあり、頼って欲しいという気持ちが湧き上がり口を出したいのかも知れません。

但し、容姿だったり体型を指摘する人と同様で、言葉が過ぎればいちいちうるさいと思うことにもなりかねません。

結果として、こういった指摘する人が身近にいる場合、その向き合い方に警戒が必要になってきます。

ここでは、指摘する人の末路も厳しいもの、問題を起こさないで上手く付き合う術を紹介しています。

 

 

 


指摘する人の末路も厳しいもの、問題を起こさないで上手く付き合う術


 

| 1.冷静になって自分自身で客観的に判断してみるというもの

指摘の内容を自ら判断するということ。相手の指摘に対し、内容が本当に正しいのかどうか、冷静になって自分自身で客観的に判断してみるというもの。

そうすることで、合理的な正しい指摘かどうかが分かるという、問題を起こさないで上手く付き合う術の一つ。

ほとんどのケースでは、指摘は飽くまで相手に気づきを与える行動で、言葉の中身には正しいことや間違ったこと、時には抽象的な事柄も含まれます。

なので、自分自身で判断することが重要で、じっくり考えることで、結果として先々の成長にも結び付きます。

 

| 2.正しくないと思った場合、真に受けないで聞き流すという

正しくない時は聞き流すということ。指摘の内容が客観的に判断して正しくないと思った場合、真に受けないで聞き流すというもの。

指摘自体が正しいものではなく、理不尽な理由であるときは、自らのストレス解消や嫌がらせの一環かも知れません。

そんな指摘を真に受けるだけで時間の無駄で、考えることがもったない、問題を起こさないで上手く付き合う術の一つ。

気にしてしまえばネガティブな思考パターンに陥り、ストレスが続いてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.心掛けていくのが、問題を起こさないで上手く付き合う術

関わりを最低限にするということ。指摘する人との関わりや付き合い方を、極力少なくするように心掛けていくのが、問題を起こさないで上手く付き合う術の一つ。

指摘を受けて悩むときは、指摘の頻度だったり周りの人たちが見ている中で怒りながらするなど、そうした行為であることがほとんどです。

例え間違ってないような正しい指摘であっても、毎回のように怒りながらしてくる人なら、関わり合うだけで心も徐々に疲弊していきます。

 

| 4.同様の失敗を繰り返さないように先回りするというもの

先回りして対処するということ。良く受ける指摘が正しい内容で有る時は、同様の失敗を繰り返さないように先回りするというもの。

良く指摘される事項をきちんと把握して一つ一つ改善していけば、ミスも減って指摘も少なくなる、問題を起こさないで上手く付き合う術の一つ。

失敗を繰り返してしまうほとんどの事例は、指摘されたことを忘れるからで、定期的にメモを見返すようにして少しづつ改善します。

 

| 5.基本的にメール上では素直に謝罪と改善策を返すという

仕事の指摘がメールの場合、素直に謝罪と改善策を返信するということ。思うことは沢山ありますが、基本的にメール上では素直に謝罪と改善策を返すというもの。

指摘に対し真摯に受けとめ改善している返信は、印象も良くなり仕事もスムーズに進む、問題を起こさないで上手く付き合う術の一つ。

但し、メールは履歴が残るという点や、感情が伝え難いというところもあり、指摘をするのに適したツールではありません。

 

 

 


指摘する人はスピリチュアルも関係する?注意しておきたいその特徴面


 

| 1.ほんの小さなことにも妥協することができないというもの

完璧主義的なところがあるということ。指摘する人に見られるのが完璧主義的なところがあり、ほんの小さなことにも妥協することができないというもの。

自分自身のことに関してであれば、どれほど完璧主義者でいてもらっても構いません。

但し、周囲の人たちにも完璧主義を強要してしまうときは、その小さな指摘が煩わしく困ったことにもなりかねません。

 

| 2.普通の人に比べて非常に細かい性分をしているというもの

細かい性分ということ。指摘する人は完璧主義的なことからも分かるように、普通の人に比べて非常に細かい性分をしているというもの。

小さなこ物事や些細な事柄まで、一旦気に掛かればそれが頭を離れなくなることにもなりかねません。

これらのことついても、マイルール的な主観的なやり方を押し付けてくる、そんな場合もあり厄介ということにもなりかねません。

 

| 3.人にもそれを求めるわけですが、基準は非常に曖昧という

主観的ということ。指摘する人は完璧主義的なところがあり、人にもそれを求めるわけですが、基準は非常に曖昧というもの。

結果として、指摘する人からすれば主観的ということになり、自分自身にとっての完璧を人に押し付けてしまうことにもなりかねません。

こういった主観的な指摘ばかりを繰り返しする人は、十中八九といって良いほど周囲の人たちに嫌われてしまいます。

 

| 4.相手に対する態度が教えて上げてるだけというものです

教えて上げてるだけということ。指摘する人に見受けられるのが、相手に対する態度が教えて上げてるだけというもの。

いちいち指摘する人は相手に向かって自分自身が知っている物事や方法を、ただ単に教えて上げているだけなのかも知れません。

親切心からアドバイスしているだけなので、何の悪気も本人にはなく、感謝されて当たり前と思っていることにもなりかねません。

 

 

 


日本語を指摘する人も中にはいるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.正しいやり方を教えようといちいち指摘してしまうという

間違ってるからという心理状況。相手がしていることが間違っていて、正しいやり方を教えようといちいち指摘してしまうというもの。

但し、その間違ってる物事は、指摘する人から見れば主観からということも多々あります。

結果として指摘を受けた相手側からすると、何が間違っているのか理解できないということにもなりかねません。

 

| 2.潜んでいるのが、評価を上げることに繋げたいというもの

評価を上げたいという心理状況。いちいち指摘する人の気持ちの中に潜んでいるのが、評価を上げることに繋げたいというもの。

自分が上司で部下に指摘するケースでは、多くの場合は評価を上げたいという気持ちが心の奥底にあります。

なぜかと言えば、部下が手柄を上げれば自らの評価にも繋がってくるからで、だからこそ部下に対していちいち指摘することにもなりかねません。

 

| 3.気持ちの中に隠れているのが、相手を支配したいという

支配したいという心理状況。いちいち指摘する人の気持ちの中に隠れているのが、相手を支配したいというもの。

指摘するということは、注意する自分の立場が上で、指摘をされる方が立場が下という構図ができあがります。

指摘することで自分自身の方が立場が上を確認し、相手を支配したいと考えているのかも知れません。

 

 

 

まとめ

執拗に指摘してくるタイプの人もいる。ここでは、指摘する人の末路も厳しいもの、問題を起こさないで上手く付き合う術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。