人と関わりたくないから逆転したいもの、適した向いている仕事など



人生を過ごしていると、人と関わりたくないけど仕事も考えなくてはならないもの。他人との関わり合いを最低限にし、自らを守っている人もいます。

過去に人間関係で大きな問題があった人は、そのときに受けた深いダメージを忘れられないということにもなりかねません。

基本的に他人を基準に行動する人というのは、自ら判断できず他者に依存する傾向があるので、期待と違うことをされた際は裏切られたと感じかねません。

そうしたことが続けば、もう傷付きたくないという思いから、仕事以外で人と関わりたくないとか、人と関わらない仕事がしたいと考えることになります。

そんな仕事で高収入を上げるのは難しいことのようですが、探せば案外あるかも知れません。

ここでは、人と関わりたくないから逆転したいもの、適した向いている仕事などを紹介しています。

 

 

 


人と関わりたくないから逆転したいもの、適した向いている仕事など


 

| 1.他の人に話すのが苦手でも、どこかで表現していきたい

小説家や漫画家ということ。内向的な人でも自らの世界観を明確に持っている人は、他の人に話すのが苦手でも、どこかで表現していきたいもの。

なので、自分自身の世界を文章だったり絵などで表現できる、小説家や漫画家は適した向いている仕事などの一つ。

他の人と全く関わりにならないというのは困難ですが、基本的に仕事をするときは黙々と一人切りで作業ができます。

 

| 2.異なりますが、一人でできるのが在宅プログラマーという

プログラマーということ。仕事の内容だったり規模、難易度によっても報酬は異なりますが、一人でできるのが在宅プログラマーというもの。

システムエンジニアが作成した仕様書を元に、アプリケーション開発やゲーム制作など、ソフトウェアのプログラムを構築する仕事です。

但し、プログラマーとして働くためには、資格等は必要ありませんが、プログラミング言語の知識は必須になります。

経験を積み重ねれば、システムエンジニアのような設計に携わることも可能な、適した向いている仕事などの一つ。

 

| 3.フレンドリーで魅力的なページを作成していくというもの

Webデザイナーということ。Webサイト上のレイアウトなど、フレンドリーで魅力的なページを作成していくというもの。

Webデザイナーはプログラマーと同様で、経験を積み上げてスキルを身に付けることで、仕事の幅も広がっていきます。

基本は一人で行う作業が多く、Webディレクターなどへの道も開ける、適した向いている仕事などの一つ。

 

| 4.読み物などを、日本語に分かりやすく翻訳するというもの

翻訳家ということ。この仕事は海外で出版されている論文や読み物などを、日本語に分かりやすく翻訳するというもの。

必要なのは語学力で日本語を外国語へと翻訳するパターンもあり、翻訳するジャンルでの専門的な知識があると役に立ちます。

クラウドソーシングサービスでは、Web関連の資料やマニュアルに論文など、様々な媒体の翻訳を請け負うことも可能な、適した向いている仕事などの一つ。

 

| 5.自宅でできる、データ入力などの仕事も増えているもの

データ入力ということ。近年はインターネット環境さえあれば、出向かなくても自宅でできる、データ入力などの仕事も増えているもの。

データ入力はスキルを持っていなくても始められ、収入は仕事量により変わりますが、内容は顧客名などを入力しリスト作成する作業がメインです。

コミュニケーションなどもネット上で行うので、他人と接することも少ない、適した向いている仕事などの一つ。

 

 

 


仕事できない人と関わりたくないもの、知っておきたいそんな特徴面


 

| 1.話しかけることもない、そんな考え方の人もいるものです

人に興味や関心がないということ。周りの人たちへの興味が薄く、必要なことがなければ話しかけることもない、そんな考え方の人もいるもの。

他人と関わり合いになりたくない気持ちが強くなくても、基本的に場の雰囲気を和ませるようなことはしません。

もちろん周りの人たちを気遣うといった目的で、自分自身が進んでコミュニケーションを取っていくようなことはありません。

 

| 2.心の中にあるものの、自ら話しかけるようなことは苦手

話すのが苦手ということ。他の人と仲良くしたい気持ちは心の中にあるものの、自ら話しかけるようなことは苦手というもの。

人から話し掛けてくるのを待ってしまったりすることも多く、話し掛けられた際も上手く返事を返せなかったりで、誤解を招くことにもなりかねません。

人とは関わりを持ちたくない人と受取られることになり、何気ないような一言にも傷付いてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.他の人との深い関わり合いができなくなっているという

受け入れられる自信がないということ。自らに自信がないので素直になれず、他の人との深い関わり合いができなくなっているというもの。

自分自身が周りの人たちと合わない気がしてたり、コンプレックスがあるような人は、本来の自分では受け入れて貰えないと思っています。

他の人からの評価を過多に気にするところがあり、劣っているとは見られたくない、どういう人間か判断されたくないという気持ちが背景に潜んでいます。

 

| 4.気を遣うのが疲れるなどがあり、一人でいることを選ぶと

一人の方が気楽ということ。誰かといると落ち着かないとか、気を遣うのが疲れるなどがあり、一人でいることを選ぶというもの。

こういったタイプの人は特に人間関係で悩んでいたり、自信がなかったりというような訳ではなく、気楽さを求めて行動します。

他の人と関わりたくない、そうしたことについて本人的には深く悩むことは少なく、自由気儘に過ごしたいということにもなりかねません。

 

 

 


人と関わらずにできる仕事が気も楽に、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.疲れている時には、他の人への心配りは難しくなるもの

疲れているという心理状況。仕事にしてもプライベート面でも疲れている時には、他の人への心配りは難しくなるもの。

日常生活でも他者への応対は気を揉むところがありますが、あまりに疲れていれば配慮するような心の余裕はありません。

心身が疲れ果てていれば、心配りしなくても済むよう、できる限り人とのコミュニケーション自体を避けることにもなりかねません。

 

| 2.指摘されたり非難されるのを、非常に怖れているという

傷付くのを怖れているという心理状況。自分自身に自信を持てず、欠点を指摘されたり非難されるのを、非常に怖れているというもの。

こうした人は過去に人間関係でトラブルがあったことがあり、そのことで深く傷付いたことが忘れられられません。

また人に傷付けられるかも知れない、そんな思いから他人を怖れて必要以上に関わるのをやめてしまいかねません。

 

| 3.自分自身の価値を損なうと受け取るようなことが多いもの

何気ない言葉が気に掛かるという心理状況。プライドが高い人は他の人が意識しないで口に乗せた言葉でも、自分自身の価値を損なうと受け取るようなことが多いもの。

ほとんどの人間が気にしない悪意のない言葉でも、プライドの高い人は自らの価値を認める、そんなものでなけては受け入れられません。

結果として、自らの気分を害すような言葉を聞くのが嫌で、他の人と距離を置くということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

よくよく探せば案外あるかも知れません。ここでは、人と関わりたくないから逆転したいもの、適した向いている仕事などを紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。