意固地な人の末路も厳しいもの、納得させ上手く付き合う具体的対処案



身の回りを見渡すと、意固地な人がいるもの。どんなことに対しても意固地になって、自分自身の意見を押し通すような頑固なタイプの人。

こうした意固地になる人は他人の意見より、自らの考え方の全部が正しいと信じ込んでいて、主張を曲げるよう真似はしません。

なので、周囲の人たちが反対意見だったとしても、自分が一旦こうと決めたことは決して妥協などせず、その状態で貫き通そうとします。

また非常にマイペースなところがあり、確固たる自分なりのルールを持っているので、他人に干渉されるのが大嫌いということにもなりかねません。

結果として、問題を起こすことも多く、身近にいる時は注意も必要です。

個々では、意固地な人の末路も厳しいもの、納得させ上手く付き合う具体的対処案を紹介しています。

 

 

 


意固地な人の末路も厳しいもの、納得させ上手く付き合う具体的対処案


 

| 1.感情的になって言い返さないことが重要にポイントという

感情的に言い返さないということ。意固地な人に向かって反論する場合、感情的になって言い返さないことが重要にポイントというもの。

感情的になって反論すると、意固地な人の反発が一層強くなってしまいかねず、議論ではなく言い争いになることにもなりかねません。

意固地な人は自らの意見を押し通そうとするので、その身勝手な態度に苛立つことにもなりますが、飽くまでも冷静に対応するよう心掛けます。

どうにも感情を抑えきれない時は、会話を中断し後日に延ばすのも、納得させ上手く付き合う具体的対処案の一つ。

 

| 2.信じ込んでいるので、知らない間に物事を進められるのを

決定は前もって伝えるということ。意固地な人は自らの考えが最も正しいと信じ込んでいるので、知らない間に物事を進められるのを嫌うもの。

結果として、何かをする予定がある場合、事前にその旨を伝達しておくのも、納得させ上手く付き合う具体的対処案の一つ。

前もって相談をしておくと、行動を起こした後で文句を言われることもなく、意固地な人のプライドを傷付けないように意識する必要があります。

 

| 3.先ずは主張を受け止めて、肯定した後に反対意見を伝える

そのままの意見を受け止めるということ。意固地な人は否定されるのを嫌うので、先ずは主張を受け止めて、肯定した後に反対意見を伝えるというもの。

相手の主張を肯定する場合、話し手の表現をそのままの状態で繰り返すのが、納得させ上手く付き合う具体的対処案の一つ。

別の表現に言い換えてしまったときは、同じ意味合い会いであっても、そんなことは口にしていないと、拒絶されてしまうことにもなりかねません。

 

| 4.相手の意見を尊重した上で妥協点を探るというものです

互いにメリットがある妥協点を探るということ。頭が固い意固地な人は、否定をされると拒否反応を示すので、相手の意見を尊重した上で妥協点を探るというもの。

反論したり説得をするというよりも、同意して貰うことを意識するのが、納得させ上手く付き合う具体的対処案の一つ。

こちらの話に耳を貸さない相手でも、メリットが充分あるということを提案していくよう心掛けます。

 

| 5.第三者に入って貰えば、話がスムーズに行くこともある

間に他の人を入れるということ。一対一で直接意固地な人と対峙するより、第三者に入って貰えば、話がスムーズに行くこともあるもの。

こちらの意見を言うほど、意固地な人は頑なにってしまうので、良く知っている信頼できる人物の意見があれば、話が円滑に進む可能性が高まります。

仕事上の付き合いであれば、意固地な人の上司など、逆らえない相手が効果的な、納得させ上手く付き合う具体的対処案の一つ。

 

 

 


意固地な人には様ざまなところが見られるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.考え方の間違いに気が付いても認めないというものです

自らを正当化したいということ。意固地な人は自分自身の意見を強く信じていて、考え方の間違いに気が付いても認めないというもの。

認めないばかりか、自分の方に周囲の意見を合わせようと試みたり、間違えたのは相手が悪いと責任転嫁をしかねません。

負けを認めたり、素直に過ちを謝罪するといった部分は、意固地な人には滅多に見られない心の動きともいえます。

 

| 2.弱みを見せると、つけ込まれてしまうと思っているという

他人に弱みを見せないということ。意固地な人に見られるのが、他人に弱みを見せると、つけ込まれてしまうと思っているというもの。

他者の考えに全く耳を貸さずに頑なな態度を取る裏側には、他者に弱みは見せられないといった心境が隠れています。

人に言えないトラウマが関係していることも多々あり、自らを守ることに必死になることにもなりかねません。

 

| 3.周りの人たちの考え方を自らに取り込んでしまおうという

強い信念があるということ。意固地な人に良くあるのが、自分が世界の中心にいるので、、周りの人たちの考え方を自らに取り込んでしまおうというもの。

考え方には異常に強い信念を抱いていて、絶対にそれを曲げることがなく、それに反するような意見に触れると苛立つことにもなりかねません。

絶対的に自分が正しいと信じ込んでいるので、違う主張を受け入れることができません。

 

| 4.何かの意見をされるのが責められていると感じるという

精神的に弱っているということ。意固地な人に見られるのが、精神的に弱い部分があり、何かの意見をされるのが責められていると感じるというもの。

意固地な人の面倒臭いところでもありますが、自分の意見を強く主張する割に、非常に傷つきやすいところがあります。

精神的に落ち込んでいる時に異なる意見を言われると、自分自身を否定されたように感じてしまうことにもなりかねません。

 

 

 


意固地な人とは何かの意味を知ることも大事、注意しておきたい原因面


 

| 1.母親というより頑固な父親からの影響が大きいというもの

頑固な親に教育を受けたということ。頑固オヤジなどとも世間では呼ばれていますが、母親というより頑固な父親からの影響が大きいというもの。

親からこうあるべきとかこうでなければなど、そんな固定観念を押し付けるような教育を、大人になるまで受けてきた人も案外多くいます。

そういった教育を受け続けていれば、意固地な人格が形成されることも、ある意味仕方のないことかも知れません。

 

| 2.トラウマが原因になり、自分しか信じられないというもの

人が信じられない経験があるということ。意固地な人にあるのが、トラウマが原因になり、自分しか信じられないというもの。

信じている人物に裏切られてしまったり、酷い失敗を押し付けられたりと、人を信じられなくなる体験がある場合などです。

人が信じられない体験がいつまでも心に重く残り、自分だけしか信じることができない人間になっています。

 

| 3.何かにつけて負けず嫌いな部分が表に露わになるという

負けず嫌いということ。意固地な人はプライドが高く、何かにつけて負けず嫌いな部分が表に露わになるというもの。

なので、自分自身の非を素直に認めなかったり、他人から馬鹿にされるのを非常に嫌うことにもなりかねません。

但し、一方ではコンプレックスや自信のなさもあり、それを隠すための意固地な態度ともなりかねません。

 

 

 

まとめ

意見を押し通すような頑固なタイプの人物。ここでは、意固地な人の末路も厳しいもの、納得させ上手く付き合う具体的対処案を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。