情けないと思うパターンを分析、そんな状態から素早く立ち直る方法


人生を生きていると情けないと思うことに出会うもの。どんなに立派な偉人や成功者などにしても、失敗や挫折を体験しなかった人はいません。仕事をはじめ恋愛や試験、あるいは研究開発など、人生を歩めば失敗や挫折も増え、自身が情けないと思うことも多くなるもの。

さらに、他の人が成功したりする場面に出会うと、なぜか憤りを覚える自分がいたりもします。これは自らが成功しなかったことに対する悔しさで、情けなさも倍増することに。

特に男性はさまざまなことで期待されることも多く、情けない男でごめんよなどの言葉もあるくらいです。ここでは、情けないと思うパターンを分析、そんな状態から素早く立ち直る方法を紹介しています。

 

 

 


思われたくないが先に立つ、女性から情けない男とされる反射的な特徴


 

| 1.トラブル発生した際、女性を投げだして逃げ出すパターン

危機的なありさまに直面したとき、女性を放置して逃げ出す男性ということ。デートなどでちょっとしたトラブルが発生した際、女性を投げだして逃げ出すパターンです。危機的な状況になると、男性の本質が問われるもの。

その場で格好よく見せるより、怪我をしている人のほか、女性や子どもの安全を確保するなど、周りの人々に対する配慮が必須です。

 

| 2.解決のための代替案の提示と実行手段などを示さないこと

文句を言ったり批判を言う事で満足している男性ということ。女性の前で、上から目線で文句をつけたり、批判を言うだけで満足しているタイプです。

お酒を飲んでいたケースでは、お酒の勢いということもありますが、解決のための代替案の提示と実行手段などを示さないのがその特徴。こちらも女性から情けない男とされる反射的な特徴の一つ。

 

| 3.酒が強いと言いながら、女性に対してかなわないパターン

お酒が強いと豪語した後、誘った女性に全く歯が立たないタイプ。こうなるとギャグですが、お酒が強いと言いながら、女性に対してかなわないパターン。

今日は体調が悪いなどと言い訳をすると、より一層情けない男だと思われる恐れもあります。こういった際は素直に負けを認めた方が、好感を持たれることもあるかも知れません。

 

| 4.したいことが実現できないのは、自分以外に責任がある

努力もしないで諦めてばかりのタイプ。頑張ろうとせず諦めてばかりで、周りや社会に対して責任を押しつけるパターン。

したいことが実現できないのは、自分以外に責任があると、愚痴っぽく女性に語ります。熱く語るもないので、女性から情けない男とされることに。

 

| 5.聞いている女性もうんざり、叱られると極端にいじける

上司や目上の人に叱られると、自分は情けない男だからと、自らを責め続けるタイプの男性。自身を責めるのではなく、改善すべきことを考えれば良いのですが、叱られると極端にいじけるパターンです。

自らを責め続けた場合は、聞いている女性もうんざりし、情けない男と反射的に思うもの。

 

 

 


自分が情けないと思う時には試してみたい、手軽でシンプルな対処法


 

| 1.自暴自棄も、意識して建設的な言葉を声に出して対処する

建設的な言葉を口にするよう心掛けてみるということ。自身が発する言葉というのは、自らの身に大きな影響を与えるもの。常にどうせ自分はとか、自分が情けないななど、ネガティブな言葉を口にしていると、性格まで自嘲的なものに変わります。

そうなると自暴自棄になることもあるので、意識して建設的な言葉を声に出して対処します。

 

| 2.出来ることを区別、自分が情けないと感じることが減る

自身がが出来ることと、出来ないことを見極めるということ。出来ることと出来ないことをはっきり区別しておくことも、情けない自分から抜け出る対処法の一つ。

自分が出来もしないことに対し、より高い目標を掲げていた場合、思い通りにならず情けなさを感じやすいもの。なので、出来ることをはっきり区別しておくことで、自分が情けないと感じることが減ることになります。

 

| 3.入れ替えられた新鮮な気持ちで、再びチャレンジしてみる

一旦距離を置いて、もう一度挑戦してみるということ。何かに失敗した時は、自らを責め続けるのでなく、一旦距離を置き客観視するのも対処法の一つ。

もう止めたいと思っていても、離れて考えることで、やっぱり止めたくないと、前向きに考えられるようになることも多いもの。入れ替えられた新鮮な気持ちで、再びチャレンジです。

 

| 4.情けない自分にならない、何故失敗したのか反省すること

どうして失敗したのかを振り返って、次のに変えるということ。何かに失敗して躓いた時は、情けないと思いがちになるもの。ただ情けないと思うだけで他に何もしなければ、同じことを再び繰り返してしまう可能性もあります。

情けない自分にならないためにも、何故失敗したのか反省することが大切。反省点を振り返って改善するよう心がければ、同じような失敗で再度情けなさを感じることもなくなります。

 

| 5.プライドが邪魔、できない自分自身に直面したとき失望

行き詰った時はプライドを捨てて、周囲の人に頼るようにすること。自分が情けないと思う人ほど、できない自分を他者に見せたくないや、できる人物だと思われたいなど、うぬぼれが強くなる傾向にあります。

そんなプライドが邪魔をして、できない自分自身に直面した際、失望してしまうことになります。思い切って周りに弱みをさらけ出すことで、自然と助けも得られ情けなさも解消するもの。

 

 

 


情けないと思うパターンを分析、プラスに変化させて行く詳しいやり方


 

| 1.原点に立ち返り、着実に前進できる方法に目標を変える

成し遂げられることはないか、見極めて目標を変更すること。難しいことに挑戦すれば、当初はやる気を見せていても、中途で挫折したりと情けない思いになることもあるもの。

先ずは、できなかった内容を詳しく分析して、少し目標を下げたり、期間を長めにしたり、切り口を変えて成し遂げられることがないか確認します。

成功者の多くは高い目標を掲げていますが、たくさんの失敗や挫折をその途上で経験しています。そんなときは原点に立ち返り、着実に前進できる方法に、目標を変えることで最終的に成功。

 

| 2.確認してから挑戦、出来ることから始める事こそが重要

重要なことかどうかを確認してから、新たなことに挑戦すること。多くの人ができる事柄が、自分一人だけができないと、泣きたくなる思いになるもの。でも、たった一つだけできないからと、人生が終わるものでもありません。

その事柄は本当に重要なものなのか、確認してから挑戦するようにします。気持ちを切り替え、出来ることから始める事こそが重要。

 

| 3.物事にこだわらない、思ってもみない活力が湧いてくる

物事に無理に執着しないということ。情けなさを覚えたことで、無理に執着して成し遂げようと頑張る人がいるもの。強い執着心は大事なものですが、必要なものでない場合は無駄な時間を過ごすことになりかねません。

特に、負けたくないという気持ちや悔しい感情で反応していないか、見極めることがポイント。そうであれば、物事にこだわらないようにします。また思ってもみない活力が湧いてくるかも知れません。

 

| 4.自身を駄目人間と規定していないか、確認するようにする

強迫観念に囚われていないかを見極めるということ。良い発想というのは気分転換したときなど、何気ない瞬間に浮かんできたりするもの。クリエイティブな仕事に従事している人などは、ゆっくりリラックスすることも重要です。

自身を駄目人間と規定していないか、確認するようにします。失敗や挫折をしたりすると、頑張り過ぎることになり、それがマイナス要因になることもあるもの。

 

| 5.脇に置いて、前向きで建設的な事柄に向かうのがポイント

失敗したときは、具体的に何故できなかったのか振り返ること。事柄に挑んでできなかったとき、情けなさを感じるのはよくあること。ひょっとして情けない思うだけで、何も変わらないようなら、その間は時間のロスに終わってしまいます。

そんな場面では、具体的に何が出来なかったのか、どうして出来なかったのかを振り返ります。中にはそもそも実現不可能なことも出てきます。そうしたことが脇に置いといて、前向きで建設的な事柄に向かうことがポイント。

 

情けなさから脱出。

カンタン「引き寄せの法則」実践で金運UP&夢実現!!

 

まとめ

人生は情けないと思うことに出会うもの。ここでは、情けないと思うパターンを分析、そんな状態から素早く立ち直る方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。