高望み女の末路はとても厳しいもの、上手く成功に結び付ける具体策 



身の回りを見渡すと、高望み女と呼ばれる人がいるもの。婚活をしている最中の女性の中に、明らかに高望みしていると思われる人がいます。

たった一人切りの結婚相手を選ぶのに慎重になったり、より良い条件を追求したい思いは分かりますが、高望みが原因でいつまでも結婚できない状況になるのは本末転倒ともなりかねません。

そんな高望み女子とも呼ばれる女性は案外多くいて、自らの年齢を基準にして少し年上の男性を好むところがありますが、男性は幾つになっても若い女性と付き合いたいのも現実。

なので、マッチングアプリなどでも高望み女は、婚活としても苦労してしまうことになりかねません。

詰まらない男と結婚するのであれば一人の方が良いとも口にする高望み女ですが、先々に向かって考え方を見直すことも必要です。

ここでは、高望み女の末路はとても厳しいもの、上手く成功に結び付ける具体策を紹介しています。

 

 

 


高望み女の末路はとても厳しいもの、上手く成功に結び付ける具体策


 

| 1.どうかが、これから先の大きな境目になるというものです

レベルや現実を受け止めるということ。現実を知った際に、自らの市場価値を受け止められるかどうかが、これから先の大きな境目になるというもの。

現在の自分自身のレベルを明確に受け入れられれば、高望みだったり数打てばあたるなど、不毛な婚活からも脱却することができます。

今までは理想の条件だけを追求して婚活してきていても、条件の見直しを行うことにより、一層現実的な活動計画が実践できるようになる、上手く成功に結び付ける具体策の一つ。

そこまでしなければ結婚できないのかと気持ちも萎えてしまいかねませんが、男性を条件だけで見るという考え方は案外に失礼なことになります。

 

| 2.似合う男性を見極める、そんな思考法が大切になるという

自分のレベルに似合う人を見極めるということ。自分の現実を受け止めた後は、自らのレベルに似合う男性を見極める、そんな思考法が大切になるというもの。

当たり前のことですが、相手の条件は時間が経つにつれ変化し、もしかしすると年収が下がることもあり、優しかった男性も行い次第では将来は分かりません。

全ては自分自身の日頃の行い次第ということで、そう考えるとハイスペックだけが男ではない、そんな現実を知ることになります。

一緒にいて何だか居心地が良い、そんな自らに似合った人を見極めるため、ルールを守っていくのも、上手く成功に結び付ける具体策の一つ。

 

| 3.レベルに似合いそうな男性が、頭に思い浮かんだという

自ら積極的に行動するということ。自らの市場価値を理解して条件を再設定、自分自身のレベルに似合いそうな男性が、頭に思い浮かんだというもの。

高望みする女性はプライドも次第に高くなるのが通常で、この程度のステータスがなければ会う価値もない、そんな風に思っていたこともあるはずです。

但し、いざ現実を知れば、会ってみなければ分からないといった気持ちになる女性が大半で、積極的に行動して仕掛けていく必要もあるのが、上手く成功に結び付ける具体策の一つ。

受け身のままいても理想の相手が見つかることはなく、会ってくれる男性がいた場合、何となくの気持ちでも、先ずは実際に会って相性を確かめてみるようにします。

 

| 4.どのような方法で進めていくかが重要なポイントになる

結婚相談所を利用するということ。真剣に婚活ができる出会い方を考えている場合、どのような方法で進めていくかが重要なポイントになるもの。

婚活パーティーに参加するほか、マッチングアプリを使用しているかも知れませんが、真剣に婚活をするのであれば結婚相談所が効果的になります。

婚活が上手くいかないと、気分が沈み込むことになりますが、理想のパートナーを見つけるには、何よりも継続こそが大事な、上手く成功に結び付ける具体策の一つ。

誰しもモチベーションが下がることはあり、その時は悩みを婚活カウンセラーに相談するほか、自分の時間を大事にするなど自己メンテナンスを心掛けます。

 

 

 


高望み女は世間に多いと言われるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.掲げているので、身の程知らずと言われてしまうという

自らを客観視できていないということ。高望み女といわれる婚活女子は、自分自身に見合っていない条件を掲げているので、身の程知らずと言われてしまうというもの。

こうした高望みをしている女性は、自らの利益だったりして貰うことばかりを考えていて、相手のために何ができるかとか何が与えられるかなどは全く考えていません。

婚活では自らのスペックが冷静に判断できず、理想の相手に出会った際、数ある選択肢から男性が自分を選ぶかを考えれば、理想が高過ぎることも自然に分かります。

 

| 2.男性に対してとにかく求める条件が多過ぎるというもの

求める条件が多過ぎるということ。高望み女と呼ばれる女性に見られるのが、男性に対してとにかく求める条件が多過ぎるというもの。

一つ一つの条件が高くないとしても、その数が多過ぎれば、本質を見極めきれずに迷ってしまうことにもなりかねません。

そういった女性は、例え完全に条件に合致するような男性が現れても、何か相性が悪そうなどと口走ることにもなりかねません。

 

| 3.依存型のタイプの女性も、高望みの傾向にあるというもの

一人暮らしの経験がないということ。実家暮らしで親に依存しているような依存型のタイプの女性も、高望みの傾向にあるというもの。

親はいつでも味方になってくれるもので、何となく世間知らずのまま育ってしまうような女性も多いからです。

一度くらいは一人暮らしをして、金銭的な感覚を身に着けたり、諸々の手続きなどを知っておくと、一人前の大人にもなれ結婚のイメージも湧き上がりやすいです。

 

 

 


高望み女はコピペも多々使用するもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.恋愛は男性がリードすべきと、受け身の姿勢でいるという

男性がアプローチすべきという心理状況。高望み女と呼ばれる女性に見受けられるのが、恋愛は男性がリードすべきと、受け身の姿勢でいるというもの。

若い頃にモテた経験がある人にありがちで、自分自身は高嶺の花だと思い込んでいて、アプローチしてくる男性を自分が選ぶという恋愛観が染み付いています。

これまで男性からデートに誘われていた時と同じで、相手の好意ありきを最初にしていれば、お高くとまっているとか身の程知らずということにもなりかねません。

 

| 2.関係を不義理に終わらせても良いと思っているというもの

気に入らないと塩対応するという心理状況。相手の男性に気に入らない部分があった場合、関係を不義理に終わらせても良いと思っているというもの。

例が詰まらないからとデート中にスマホを見たり、割り勘が気に入らないと、連絡先をブロックするのは非常に良くありません。

待ち合わせ場所で相手を遠巻きに見て、見た目だったり服装等がタイプじゃないとドタキャンする酷い人間もいます。

 

| 3.男性から、高望みする女性のレッテルを貼られるという

年収を平気で口にするという心理状況。年収は1,000万以上が良いと平気で口にする、そんな人は男性から、高望みする女性のレッテルを貼られるというもの。

結婚したい理想像を明確にするのは良いことですが、年収1,000万円以上の医者でないと無理など、平気で発言する女性に男性は良い印象を抱きません。

どれほど若くて美人でも、結婚相手となるとなればまた別で、お金がかかりそうとかプライドが高くて面倒臭さそうと感じてしまいかねません。

 

 

 

まとめ

それには考え方を見直すことも必要です。ここでは、高望み女の末路はとても厳しいもの、上手く成功に結び付ける具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。