大したことない人と呼ばれたくないもの、脱却して前進する具体的な術



日々の暮らしの中で、自分が大したことない人と感じることがあるもの。人間は誰もがピカソになれるという訳でもなく、壮大な夢が実現できるわけでもありません。

但し、現代社会では大したことない成功者が大物の振りをして、世の真実を掴んだかのように尊大な発言をし持て囃されています。

他人から大した人じゃないなどと言われた場合、無論のこと反感も湧き起こり、平凡な姿を上書きして心証を変えたいと思うのも人情です。

大したことない人間と自覚しているような人は、自分を卑下したり自虐するということにもなりかねません。

なので、大したことない人生を過ごしていると感じている時は、抜け出しを考えるのも重要なポイント。

ここでは、大したことない人と呼ばれたくないもの、脱却して前進する具体的な術を紹介しています。

 

 

 


大したことない人と呼ばれたくないもの、脱却して前進する具体的な術


 

| 1.手を付けていることは、考え直した方が良いといったこと

後回しの原因を考えるということ。何かを後回しにしようと思っているケースでは、今手を付けていることは、考え直した方が良いといったことかも知れないもの。

振り返ると浮かんだアイデアは良くないだけかも知れず、やっている物事が楽しめていないとか、更に学習をした方が良とかなど様々な点がでてきます。

己自身の内なる声へと耳を傾けるのが重要で、後回しにする原因が何なのか、あらゆる点から検証するのも、脱却して前進する具体的な術の一つ。

 

| 2.初対面の人に会ったケースでは、好きか嫌いかという位

すぐに他人を判断しないということ。優秀な人間は数秒で正確な判断が下せますが、大したことない人が初対面の人に会ったケースでは、好きか嫌いかという位のもの

相手がどういう立場の人でも、できるだけ寄り添って考えることが大事で、何も知らないうちに相手の噂話が耳に入っても信じないようにします。

大したことない人間だからこそ人選を間違えて付き合うことになれば、リスクも一層大きくなってプロセスも必要になる、脱却して前進する具体的な術の一つ。

 

| 3.良くある誤解ですが、大したことない人は全くできない

シングルタスクに変えるということ。優秀な人は効率よくマルチタスクができる、良くある誤解ですが、大したことない人は全くできないというもの。

マルチタスクをこなせる超優秀な人を除き、ほとんどの人間はいわゆる大したことない人で、シングルタスクの方が遥かに実際的な、脱却して前進する具体的な術の一つ。

誰もが常に何かをしていなければと思いがちですが、ただ黙って何も思い浮かべない状態が良いこともあり、こういったゼロタスクの有効さも理解しておきます。

 

| 4.独特の素晴らしいアイデアなどは、思い付いたことがない

オリジナルとは距離を置くということ。大したことない人はこれまでの人生で、世界に先駆けた独特の素晴らしいアイデアなどは、思い付いたことがないというもの。

但し、オリジナルと距離を置いた全く関係がない2つのアイデア、そうした物事を組み合わせれば最高のアイデアになる、脱却して前進する具体的な術の一つ。

元来Facebookはネットとストーキングの2種類の組み合わせで生まれていて、結果として世界一とも呼ばれるようなSNSに成長したのも周知の事実です。

 

| 5.大学を卒業した後に、そのまま億万長者になっている人も

ミスを恐れないということ。ビル・ゲイツだったりマーク・ザッカーバーグなど、大学を卒業した後に、そのまま億万長者になっている人もいるもの。

但し、ほとんどの人は大したことない人間で、優秀な人になるために努力を積み上げることはできますが、必ずしも上手くいくとは限りません。

成功から学ぶことはできますが失敗から学習する方がよりシンプルで、ミスは怖れないのが、脱却して前進する具体的な術の一つ。

 

 

 


大したことない人には色々な面が見られるもの、注意したいその特徴面


 

| 1.運動ができたり面白い人物など、他人より秀でているから

突出している箇所がないということ。人の印象に残るのは突出している箇所があるからで、運動ができたり面白い人物など、他人より秀でているからというもの。

あの人は非常に運動ができる人とか、この人はとても面白い人などのように、その人と特徴が一致していて印象として残ります。

一方で大したことない人に良く見られるのが、どの分野も印象に残らないということで、周りの人たちと比較した時、特に取り上げるところがない人と認識されています。

 

| 2.箇所もない割に、他人に劣っている部分も特にないという

劣っている部分も特にないということ。大したことない人に見られるのが、突出している箇所もない割に、他人に劣っている部分も特にないというもの。

突出している箇所が印象に残るのであれば、劣っている部分も残るのが人間で、運動ができる人の一方には全くできない人が心に残ります。

人の印象に残るのは上か下かの2択ということになり、大したことない人は印象に残らず、大勢いる中の一人に認識されてしまうことになりかねません。

 

| 3.得意とするものや特別な趣味など持っていないというもの

特技だったり趣味がないということ。大したことない人に見受けられるのが、得意とするものや特別な趣味など持っていないというもの。

映画を観たり友達と出掛けたりなど、楽しいと思うようなことがあっても、当然過ぎて普通といった印象を与えることになります。

趣味や特技も個性の一つにはなるので、大したことない人と思われたくないケースでは、新しい趣味を探したり好きな物事を追求したりします。

 

| 4.怒ったりするような姿を、他人に見せることがないという

怒ったりは余りしないということ。普通の人の多くに見られるのが、余り怒ったりするような姿を、他人に見せることがないというもの。

何かあるごとに怒ったりしているような姿を他人に見せているようでは、それはもはや一般的な人の態度から外れてるということにもなりかねません。

マイナス的な印象すらも他の人にも与えることができないので、大したことない人という評価から抜けることができません。

 

 

 


大したことない人ほど思うところもある、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.特に印象にも残り難い非常に平均的なタイプというもの

積極的でも消極的でもない心理状態。大したことない人は数人のグループ内に入れば、特に印象にも残り難い非常に平均的なタイプというもの。

印象にも残り難いからと全く発言しないことはなく、己自身からは話さないけれど、リアクションはするし振られれば話すことも普通にあります。

社交的といった印象もなければ人見知りという感じもせず、本当に中間的なイメージということになりかねません。

 

| 2.便乗し話をするか、誰もが納得するような話ばかりする

共感を誘うような意見が多いといった心理状態。大したことない人に見られるのが、誰かの話に共感して便乗し話をするか、誰もが納得するような話ばかりするというもの。

変わった話や尖ったような話題に、個性を感じられる発言もないので、印象が薄く一般的な普通の人に受け取られがちです。

会話をする時に何でも他人の話に合わせてする、そういったことも大したことない人と思われやすくなります。

 

| 3.それほど大人しくはなくお喋りでもないというものです

大人しくはなくお喋りでもないといった心理状態。大したことない人に見受けられるのが、それほど大人しくはなくお喋りでもないというもの。

要するに極端な方面には偏ってなく、程良いバランスとなっているということになりかねません。

どちらの性格であっても嫌われることもあり、この手の人間は集団の中にいても、案外に美味しい位置と言えるかも知れません。

 

 

 

まとめ

心証など変えたいと思うのも人情です。ここでは、大したことない人と呼ばれたくないもの、脱却して前進する具体的な術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。