思い詰める人の末路は厳しいもの、気分を切り換えて邁進する具体策



身近なところにも、思い詰める人がいるもの。何でも必要以上に考え過ぎたり、思い詰めストレスを溜めてしまうような引き摺ってしまう人。

思い詰めるの意味を見てみると、そのことだけについて深く考えて悩んだり、一途に思い込むこととなっています。

なので、思い詰めるというのは、良いことではなくどちらかといえば悪い物事や、ネガティブなことを思い悩むときに用いられる言葉です。

きちんと向き合って考えることは良い事ですが、悪い方向ばかりに思い悩むのは、答えの出ないことを追い続けることになり、負のループに陥ることにもなりかねません。

こうした傾向に自覚があるような時は注意も必要です。

ここでは、思い詰める人の末路は厳しいもの、気分を切り換えて邁進する具体策を紹介しています。

 

 

 


思い詰める人の末路は厳しいもの、気分を切り換えて邁進する具体策


 

| 1.適切な運動をして気分転換することも重要なポイントと

適切な運動をするということ。思い詰める気持ちを切り換えていくためには、適切な運動をして気分転換することも重要なポイントというもの。

運動をすることによってセロトニンやエンドルフィンといったホルモン物質が分泌され、不安を軽減しリラックス効果もあることは実証済みです。

散歩をはじめ軽いジョギングをしたりサイクリングなど、気軽にできる運動でも十分にリフレッシュになる、気分を切り換えて邁進する具体策の一つ。

 

| 2.思い浮かぶまま悩みや不安をリストアップしていくという

現在の感情をリストアップするということ。思い詰める気持ちを整理できないケースでは、思い浮かぶまま悩みや不安をリストアップしていくというもの。

言葉の形にしてみれば、己自身が何に悩んでいるのかも分かって、状況が客観的に俯瞰できるようにもなる、気分を切り換えて邁進する具体策の一つ。

また、悩みを己自身の外側に一旦全てを吐き出してみることにより、頭の中が整理整頓されて気持ちも楽になることに結び付きます。

 

| 3.己自身と将来は変えられるという言葉もあるというもの

過去に捉われないで将来のことを考えるということ。過去と他人というのは変えられず、己自身と将来は変えられるという言葉もあるというもの。

起きたことを思い詰めて悔やんでいても結果は変わることはなく、失敗は既に終わったものと踏ん切りをつけ、次に何をすべきかを考えることが非常に大事です。

新たな目的を立てていくことにより、ポジティブな感情も湧き起こってくる、気分を切り換えて邁進する具体策の一つ。

 

| 4.しまうことがあり、腹式呼吸をしてリラックスするという

腹式呼吸をして気分転換するということ。緊張や不安感が募ってしまうケースでは、どうしても息が上がってしまうことがあり、腹式呼吸をしてリラックスするというもの。

お腹に手を添えて膨らむことを確認しつつゆっくり呼吸し、6秒かけ息を吐き3秒かけて息を吸う1セットを、5分程度繰り返すとリラックス効果があります。

慣れないうちは10回程度に留め、訓練を重ねて5-10分ほど繰り返せるようになると効果も大きくなる、気分を切り換えて邁進する具体策の一つ。

 

| 5.思い詰めてしまい、引き摺って考え込んでしまうことに

睡眠を十分に取るということ。嫌なことに出会うと、つい寝るのも忘れて思い詰めてしまい、引き摺って考え込んでしまうことになるというもの。

寝不足になると余計なストレスを抱えてしまうことにもなり、だからこそ失敗を犯した日は普段よりも早く寝るよう心掛けます。

ベッドに入る前に深呼吸したり、生姜湯や温かいミルクを飲むようにすれば眠りにも入りやすくなる、気分を切り換えて邁進する具体策の一つ。

 

 

 


思い詰めるのは仕事などでも見られるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.挙げられ、物事を決定していくこともできないというもの

決断ができないということ。思い詰める人に見られるのが、決断ができないことも挙げられ、物事を決定していくこともできないというもの。

先のことを悪い方向に考えてしまう癖があり、どちらを選択すれば正解なのかと、戸惑って決めかねてしまうことにもなりかねません。

こちらを選択すればこうなるかも知れないとか、そちらを選んだ際はこうなるかもなど、様ざまに思い悩んでしまうことになりかねません。

 

| 2.胸の内に様ざまな問題を抱え込んで思い詰めてしまうと

他者からの評価を異常に気にするということ。他者からの評価を異常に気にし過ぎてしまう人も、胸の内に様ざまな問題を抱え込んで思い詰めてしまうというもの。

己自身が他の人にどう映るかを意識しすぎる余り、何をしても気疲れしてしまうことになりかねません。

周囲の人たちに迷惑かけていないかとか、嫌われてはいないかなど、不安が頭を駆け巡って落ち込んでしまうことになります。

 

| 3.ネガティブな感情に浸ってしまう傾向にあるというもの

完全を追求し過ぎるということ。一般的に完全主義的な人ほど思い詰めて、ネガティブな感情に浸ってしまう傾向にあるというもの。

というのも、全ての物事に完璧な成功を追い求める余り、小さな失敗を犯しても己自身を許せなくなるといったことになりかねません。

己自身を必要以上に責めることになったり、無理を押し通して頑張ってしまうケースも珍しくありません。

 

| 4.失敗した際に、必要以上にそれをネガティブに捉えると

ネガティブに物事を捉えるということ。思い詰める人に見られるのが、何かで失敗した際に、必要以上にそれをネガティブに捉えるというもの。

こんなこともできない己は駄目だとか、他の人より劣っていると考えて、己自身を追い込んでしまうことになりかねません。

更に、次も同じような失敗が起こるに違いないと信じ込み、不安の連鎖へと陥ってしまうことになりかねません。

 

 

 


思い詰める性格が原因かも知れない、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.とにかく普段の日常的な生活から心配性な傾向があると

心配性といった心理状態。思い詰める人の中に良くあるのが、とにかく普段の日常的な生活から心配性な傾向があるというもの。

未来のことなどは誰にも分からず、正直いってどれほど考えたとしても答えなどは出ず、不安で仕方がなくつい思い詰めるということになりかねません。

こうなればどうしようとか、ああなればどうなるのかなど、思い詰めてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.優柔不断なことが上げられ、物事を決定できないところが

優柔不断といった心理状態。思い詰める人に良くあるのが、優柔不断なことが上げられ、物事を決定できないところがあるというもの。

物事を決められないというのは、優柔不断な性格が関係していて、どちらを選択したら正解なのかは誰にも分かりません。

但し、思い詰めてしまうような人には優柔不断なところがあり、己自身で早々に決めてしまうことができません。

 

| 3.自信も持っていないのに、自意識過剰な傾向があるという

自意識過剰といった心理状態。思い詰める人に良くあるのが、自信も持っていないのに、自意識過剰な傾向があるというもの。

周りの人たちから己自身がどう思われているか、そうしたことが気に掛かってしまい、良く見せるために必死になることになりかねません。

周りの人たちが己自身を笑っていたり噂しているなど、そんなことを考えて思い詰めてしまうのは、自意識過剰が底にあるからかも知れません。

 

 

 

まとめ

更に一途に思い込むこととなっています。ここでは、思い詰める人の末路は厳しいもの、気分を切り換えて邁進する具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。