存在価値がわからないのは因果かも知れない、丁寧に理解する見つけ方



日々の暮らしの中で、存在価値がわからないと悩むこともあるもの。どうしても他の人と比較して、自分には存在価値がないと沈み込んでしまうことにもなりかねません。

例え他の人から褒められた場合でも、自分自身を信じ切れていないので、どうせ自分なんかなど存在価値が分からないということにもなりかねません。

もちろん存在価値を見出すことは現代社会においては非常に重要なことですが、うつ病などで生きる値打ちもないと思い込んでしまう人もいます。

更に、他人の気持ちに非常に敏感で疲れてしまったり、自己無価値感の強さに反比例しているプライドの高さのせいで、莫大なエネルギー浪費していることにもなりかねません。

なので、予め存在価値を見出す方法などを把握しておくことも必要です。

ここでは、存在価値がわからないのは因果かも知れない、丁寧に理解する見つけ方を紹介しています。

 

 

 


存在価値がわからないのは因果かも知れない、丁寧に理解する見つけ方


 

| 1.思っても、それを決めるのは己自身ではなく赤の他人と

認めて欲しいという思いは横に置くということ。他の人にどれほど認めて欲しいと思っても、それを決めるのは己自身ではなく赤の他人というもの。

そうした中、全員に認められなければ存在価値もない、そんな具合に考えていれば、いつまで経っても己自身の存在価値わからないことになります。

結果として、己自身がする貢献を周りの人たちが評価しようがしまいが、やろうとした己に価値がある、先ずそんな考えを持つことが、丁寧に理解する見つけ方の一つ。

貢献しようと行動を起こすことは素晴らしく、何度もそうした動きをしていれば、そのうちの何回目かには本当の貢献になります。

 

| 2.小さな長所部分を認めることができないというものです

ハードルを幾分下げるということ。高い能力がないと駄目だとか、目に見えるような大きな貢献をしなければなどでは、小さな長所部分を認めることができないというもの。

こうした態度では、いつまで経っても己自身の存在価値がわからないで、苦しい気持ちになるのも当然ということにもなりかねません。

逆に、あらゆる面のハードルを幾分下げることによって、ほんの小さなことで己自身の存在価値も分かるようになる、丁寧に理解する見つけ方の一つ。

 

| 3.行動や発言などにより、誰か他の人に喜ばれたこともある

感謝された物事を振り返るということ。これまでの人生で感謝された物事を振り返れば、行動や発言などにより、誰か他の人に喜ばれたこともあるというもの。

悩み事の相談に真剣に乗り感謝されたり、同僚のミスをフォローし感謝されたりなど、それは価値の提供ができたということです。

損得勘定をしないでしたことは、当たり前の行動と受け取られがちですが、そんな何気ない動きの中に己自身の存在価値がある、丁寧に理解する見つけ方の一つ。

 

| 4.己自身他の誰かの人にとって、とても価値がある存在と

考え方を転換するということ。日常生活を平凡に過ごしているだけでも、己自身他の誰かの人にとって、とても価値がある存在というもの。

己自身が普通にしている動きにより、恩恵を受けているような人たちは沢山いて、生きているだけで十分在価値があるということです。

価値という響き自体が特別なものを感じさせますが、思考パターンを変えればハードルも下がる、丁寧に理解する見つけ方の一つ。

 

| 5.ケースでは、新しいことに挑戦するのが効果的というもの

新しいことに挑戦するということ。なかなか己自身の存在価値がわからないで自信が持てないケースでは、新しいことに挑戦するのが効果的というもの。

今までに体験したことがない物事や、普段の生活環境下とは別の場所で、己自身の存在価値がわかることはいくらでもある、丁寧に理解する見つけ方の一つ。

己自身の存在価値がわからないと思うのなら、これから新しく作っってみたり、価値が感じられるような環境に移動するのも一手です。

 

 

 


存在価値には様々な面が、覚えておきたい自己肯定感が低い人の特徴面


 

| 1.他の人間を信用できないといった状況に陥りやすくなる

人を信用できないということ。己自身の存在価値がわからないケースでは、他の人間を信用できないといった状況に陥りやすくなるというもの。

素直には周囲の人たちの褒め言葉など受け取れず、なぜ褒めてくれるのかとか、何か裏があるのではなどと疑ってしまうことになりかねません。

相手側が信用されていないと感じれば、人間関係において距離ができてしまうことになりかねません。

 

| 2.失敗に対する恐怖心からチャレンジができないというもの

失敗に対する恐怖心があるということ。己自身の自信が低下しているケースでは、失敗に対する恐怖心からチャレンジができないというもの。

チャンスが訪れた時も、己自身にはできないとか失敗するなど、ネガティブに考えてしまって最初の一歩を踏み出せないということになりかねません。

仕事で消極的な人間という風に見えれば低評価にも繋がりやすく、勿体ないような機会があるかも知れません。

 

| 3.価値がない、そういった具合に悲観しがちというものです

自信を持てないということ。ありのままの己自身を受け入れられないケースでは、他者の役に立たないのは価値がない、そういった具合に悲観しがちというもの。

周囲の人たちから見て非常に優秀に見えるような人であっても、自己肯定感が低いと素直に高評価を受け入れられないということになりかねません。

また、自信のなさから己自身と他の人を比較してコンプレックスを持ったり、己自身を犠牲にして人に尽くすことになりかねません。

 

| 4.ケースでは、他者の価値観や意見に対して賛同しがちと

他者の価値観を優先がちということ。己自身の意見に自信が持てないというケースでは、他者の価値観や意見に対して賛同しがちというもの。

協調性は非常に大切なことですが、相手に合わせてばかりでは、返って窮屈さを感じることになりかねません。

心の奥底では、合わせていると安心とか失敗した時も責任は取らなくて済むなど、相手に依存状態ということになりかねません。

 

 

 


存在価値わからないのは夫婦にもあるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.自己肯定感の形成には非常に大きく関係しているという

家庭環境の影響といった心理状態。生まれ育った家庭の環境は、自己肯定感の形成には非常に大きく関係しているというもの。

厳しい親に育てられたり兄弟姉妹と比べられたりなど、抑圧されたような体験があれば、己自身の気持ちを抑えつけてしまうことにもなりかねません。

このように幼少の頃に受けた影響は非常に根深いところがあり、時間をかけ向き合っていくことが重要なポイントになります。

 

| 2.あるケースでは、自己肯定感も低くなってしまいやすい

トラウマの影響といった心理状態。家庭環境以外には過去に理不尽ないじめ等のトラウマがあるケースでは、自己肯定感も低くなってしまいやすいもの。

本音では自由に行動したいと思っていても、2度と辛い目には遭いたくないという恐怖心があれば、自己防衛へと走ってしまうのも無理もありません。

トラウマを克服したい際は、己自身の本心ときちんと向き合い、新たな成功体験を積み上げながら癒していくよう心掛けます。

 

| 3.そんな部分に対する劣等意識からくることもあるものです

劣等意識を抱えているという心理状態。容姿はもちろん学歴など、己自身に対して納得できない、そんな部分に対する劣等意識からくることもあるもの。

自信のなさから他人が信頼できず、大勢の人たちに賞賛されても、心が満たされないといったことになりかねません。

劣等感を抜け出したい時は、己自身を客観的に眺めたり、似た悩みを抱えている人たちと接したりすると改善できる可能性があります。

 

 

 

まとめ

方法等を把握しておくことも必要です。ここでは、存在価値がわからないのは因果かも知れない、丁寧に理解する見つけ方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。