合点がいかないのは心も曇るもの、不合理に向かって打ち勝っていく術



日々の暮らしの中で、合点がいかないということもあるもの。その説明では納得がいかなかったり、この結果に納得がいかないなど、様ざまなシーンで合点がいかない時があります。

合点がいかない意味を見てみると、物事をを認めて聞き入れられなかったり、充分に納得することができず同意を示せないということです。

納得できないことだったりモヤモヤするような曖昧な気持ちになることは、職場で仕事をしている時やプライベート面で誰にも起こることに疑いはありません。

時間や約束を守って貰えないことをはじめ、こちらの意図も伝わらず、感性や感覚が全く合わない相手とのやり取りで疲弊する時などです。

そんなことに遭遇したくないのは普通の人であれば当然というものですが、対処策を知っておけば役立つこと請け合い。

ここでは、合点がいかないのは心も曇るもの、不合理に向かって打ち勝っていく術を紹介しています。

 

 

 


合点がいかないのは心も曇るもの、不合理に向かって打ち勝っていく術


 

| 1.コミュニケーション不足、そうしたことで起こることが

コミュニケーションを上手く図るということ。合点がいかないことや原因となる状況は、上司や取引関係のコミュニケーション不足、そうしたことで起こることが通常の姿というもの。

結果として、予防策にも上げられるのが、日頃から上司や取引先とのコミュニケーション不足を解消することが、不合理に向かって打ち勝っていく術の一つ。

省略しがちな事柄でも明確に確認しておくことにより、勘違いや認識の違いを激減させることも出来るので、早速にでも取り掛かるよう心掛けます。

 

| 2.手助けをしてくれそうな人間に相談を持ちかけるという

頼れる人間に相談するということ。己一人で問題を抱え込んでも解決できそうにないケースでは、手助けをしてくれそうな人間に相談を持ちかけるというもの。

己自身の気持ちをそれなりの立場の人物に分かって貰えば、状況が好転するように働きかけてくれることがあるかも知れません。

ストレートに力を貸して貰えないような相手でも、誰かに話すことで己自身を客観的に見つめ直して気持ちの整理にも役立つ、不合理に向かって打ち勝っていく術の一つ。

 

| 3.音声(ボイスレコーダー)などを、確証として残すように

確証になるものを残しておくということ。上司だったり取引先の指示のメールや音声(ボイスレコーダー)などを、確証として残すようにするというもの。

繰り返して指示の内容を確認でき、受けた指示とのギャップを小さくでき間違いを減らすことになる、不合理に向かって打ち勝っていく術の一つ。

万が一、後で己自身の正しさを証明するような事態が生じた時にも、確証があれば証拠として提出することができるので重要なポイントになります。

 

| 4.己自身の不満はストレートにはぶつけられないというもの

我慢をするということ。仕事関連の合点がいかない場面では、その相手が上司や取引先などでは、己自身の不満はストレートにはぶつけられないというもの。

このような時は、その後の己自身の立場を守るためにも我慢する、そうした選択肢を取る人も多い、不合理に向かって打ち勝っていく術の一つ。

感情に任せて声を荒げたところで状況が好転することはないので、己自身が合点がいかず頭に血が上っている、そう自覚できた時は一旦我慢するようにして落ち着くのを待ちます。

 

| 5.立場になり換わって状況を眺め、考えてみるのも有効と

相手の立場になり換わって考えてみるということ。冷静になった後に実践したいものですが、相手の立場になり換わって状況を眺め、考えてみるのも有効というもの。

己自身の視点からすれば理不尽で不当に感じる物事でも、相手の立場でになり換わってみると、仕方ないという局面がもあるかも知れません。

感情的にも合点がいかない状況には変りはないかも知れませんが、意見を言う際も立場を尊重した言葉を選べるなど波風を立てず伝えられる、不合理に向かって打ち勝っていく術の一つ。

 

 

 


合点がいきますということもある、覚えておきたい噛み合わない原因面


 

| 1.ケースでは、互いの理解が浅い箇所で留まってしまうと

頭の中で話の内容が整理されていないということ。頭の中で話の筋道を整理しないで、思い浮かんだことをそのまま伝えてしまったケースでは、互いの理解が浅い箇所で留まってしまうというもの。

こういった事例は、話し手の方の責任ということではなく、受けとる方の頭の中が散らかっている状況のときにも起こり得ます。

会話や議論を進める最中に、本来の目的はこれにですとか、現在のテーマに沿えば結論はこうなるなど、時折り整理していくことが重要ポイントになります。

 

| 2.ケースでは、相手との会話も形にならないことも多々ある

テーマに関しての知識量にギャップがあるということ。持っている知識量や情報量に大きな差があるケースでは、相手との会話も形にならないことも多々あるというもの。

例を上げると、若手からの提案を設定したようなミーティングにおいて、ベテラン社員と新入社員間の話が全く噛み合わず、以降そんな機会を持つことがなくなったということです。

職場のことだったり扱っているものに関する知識量の差から、ベテラン社員と新入社員との間に大きな差があり、こうした事態を招くことにもなりかねません。

 

| 3.主語や述語のないような曖昧な会話となっているという

話の内容が漠然としているということ。相手との認識に隔たりが生じ合点がいかない切っ掛けに、話の内容が漠然として、主語や述語のないような曖昧な会話となっているというもの。

話の抽象度が高い時は、それだけ解釈の余地も大きくなるということで、情報不足の部分は相手が想像して補うことで、受け取り方や解釈の仕方で溝が生じてしまいかねません。

相手が憶測しなくても話の内容が簡単に理解できるよう、具体的に伝えていくのが非常に大事になってきます。

 

 

 


合点が行かない意味を探ることが大事、注意しておきたい納得する理由


 

| 1.伝わらない場合、結論を支えている理由が適切ではない

理由が適切ということ。己自身は結論に理由を添えて説明していると考えていても、何故か上手く伝わらない場合、結論を支えている理由が適切ではないというもの。

述べている理由が個人的な思いや感想になっているとか、ただの言葉の裏返しだったり因果関係が曖昧となっているなどの事例があります。

一見もっともな意見のようですが、確固たる理由がないことも多く、意識していなければ陥ってしまいがちなので警戒するよう心掛けます。

 

| 2.結論を支える理由などは多ければ多い方が良いと捉えがち

合点がいくまで深掘りするということ。誰かを説得しようとする場合、結論を支える理由などは多ければ多い方が良いと捉えがちというもの。

但し、論点や結論の後で、終わることもなく多くの理由を並べていれば、聞き手の方は話のポイントが見え難くなりかねません。

似通っている情報はできるだけ整理し、理由を3つほどにまとめて提案すれば、聞く方も非常に理解しやすくなります。

 

| 3.数字だったりデータや事例の積み上げなどで作成すると

理由を補強していくということ。理由というのは基本的に一般常識や、数字だったりデータや事例の積み上げなどで作成するというもの。

但し、こういった事実は過去のもので、検討すべき多くの結論や提案は、未来をどうしていくかといった内容になります。

過去の事実がそのまま継続していくという前提で、未来について事実だったり専門家の意見等を参考に、理由づけしていく方が信頼性も高いといえます。

 

 

 

まとめ

様ざまなシーンで合点がいかない時が。ここでは、合点がいかないのは心も曇るもの、不合理に向かって打ち勝っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。