見通しが立たないのは因果応報かも知れない、打ち破り邁進していく術



日々の暮らしの中で、見通しが立たないことがあるもの。将来こうなりたいといった仕事への夢やビジョンなど、まったく見通しが立たないことがあります。

自分自身の強みだったり好きなことが明確にあって、それを伸ばしていきたいとか形にしていきたいという意識がある人もいます。

但し、それは稀で未来をイメージしたときに見通しが立たないという人は多く、現代社会は先行きが不透明ということもあり不安が募ることにもなりかねません。

未来ではなく今現在を大事にしようといった考え方などもありますが、見通しが立たない状況に陥った時は、焦燥感に駆られることにもなりかねません。

なので、普段から見通しが立つよう思考パターンの訓練も必要です。

ここでは、見通しが立たないのは因果応報かも知れない、打ち破り邁進していく術を紹介しています。

 

 

 


見通しが立たないのは因果応報かも知れない、打ち破り邁進していく術


 

| 1.もいますが、何よりも投資すべき対象は己自身というもの

自己投資をして稼ぐ力を磨き上げるということ。将来に備えるため株や不動産投資などをしている人もいますが、何よりも投資すべき対象は己自身というもの。

将来の見通しが立たないことに対しての不安を取り去るため、最も役立つ価値がある投資は己自身が稼ぐ力を身に付けることです。

己自身の市場価値を上げて、何処でもいつでも誰とでも働ける、そんな状況にしておけばキャリアや金銭面に関する不安などは解消されます。

長い人生の中でより多くのリターンを得るためには、できる限り若いうちに自己投資を始めるのが、打ち破り邁進していく術の一つ。

 

| 2.ケースでは、不安感を助長させてしまう危険性もあると

現在できることに集中して行動するということ。何もすることなく悲観的なことばかり思い描いているケースでは、不安感を助長させてしまう危険性もあるというもの。

不安感というものは、目の前にあることに向かって集中して行動している間は、緩和をしたり消失したりするものです。

将来の見通しが立たないと不安な気持ちが湧き起こってきた時は、現在の己自身は何ができるかに目を向けて、備える行動をとるのも打ち破り邁進していく術の一つ。

 

| 3.縁などがあり、予想もしない偶発的な出来事で決まると

キャリアの選択肢は広げるということ。キャリアの8割ほどは計画的なものではなく、思いもかけない縁などがあり、予想もしない偶発的な出来事で決まるというもの。

実際に活躍している人たちに聞いてみれば、縁があったとか偶然などの言葉が返ってきますが、何もせずにチャンスを引き寄せたかと言えばそうではありません。

そこには共通する行動力、心を開いて何に対しても好奇心を持ち、色々な事柄にアンテナを張っている、打ち破り邁進していく術の一つ。

己自身の胸が躍る方面や関心が湧く方向に向かって、しっかりと行動し続けていたところが、キャリアの選択肢を広げていくことへと結び付きます。

 

| 4.職場にいないケースでは、他のところで探してみるという

ロールモデルを見つけるということ。己自身がこうなりたいと思える、そうしたロールモデルが職場にいないケースでは、他のところで探してみるというもの。

現代社会はネット上に様々なコンテンツも配信されていて、異なった業界で活躍する人たちの生き方や働き方を知ることもできます。

更に、気になるテーマのセミナーだったりイベントに参加することにより、ロールモデルとしたい人に出会うことができるかも知れない、打ち破り邁進していく術の一つ。

 

| 5.ケースでは、それを解消するために転職し変えるしかない

転職活動をスタートするということ。将来の見通しが立たない理由が給与や待遇面に関するケースでは、それを解消するために転職し変えるしかないというもの。

業界や業績の不安は個人の力だけではどうにもならず、未来では従業員の数を縮小するようなリストラがあるかも知れません。

また応募できる企業の待遇条件を一覧して見ると、今よりも条件が良いところがあると実感できる、打ち破り邁進していく術の一つ。

 

 

 


見通しが立たないのは子供にもある、注意したい不安からくる心理状態


 

| 1.定年年齢も引き上げられて70代後半から80歳へとなる

長期化する人生といった心理状態。平均寿命が100歳ほどになる人生100年時代となり、定年年齢も引き上げられて70代後半から80歳へとなるというもの。

多くの若者が将来の見通しが立たないと、非常に長いキャリアに対してネガティブになるのは、戦慄を感じるような心境が湧き起こるからかも知れません。

世の中の変化について行けないとか、己自身が持つ実力ではそのうち職を失ってしまうなど、まだ見ぬ将来へに対しての不安が巻き起こりかねません。

 

| 2.テレワークなど、働き方の多様化も進行しているという

キャリアは自己責任といった心理状態。現代社会では副業をはじめ、フリーランスやテレワークなど、働き方の多様化も進行しているというもの。

一方で長期雇用慣行や年功序列など、これまでの労働者のキャリアを保証してきたような、そんな従来の制度は失われつつあります。

誰しもが転職経験することが当たり前の時代になっていて、己の身は己で守る、そういったキャリアは自己責任という風な必要性も膨らんでいる状況です。

 

| 3.意思次第というところもあって、無理する必要はないと

ライフイベントとの両立といった心理状態。結婚したり子供を持つなどは、当人の意思次第というところもあって、無理する必要はないというもの。

但し、結婚したいといった考えはあっても、運命の人と思えるような人物に未だ出会えていないケースでは、不安が募ってしまうことにもなりかねません。

また、子供について言えば、一人の人間を育てるのはとても大きな責任を伴うことで、仕事と両立はできるのかなど将来が見通せないということに繋がりかねません。

 

 

 


見通し立たずといった状況も良くあるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.見られるのが、会社や業界への将来的な不安感というもの

会社の業績だったり業界が不安ということ。将来の見通しが立たない理由に見られるのが、会社や業界への将来的な不安感というもの。

社会だったりテクノロジーの進化などで、会社も大きなダメージを受けることがあり、業績や業界がこの先どうなるかは分かりません。

そうした状況では、このまま居続けたとして良いのか、そういった不安感が湧き上がっても自然な感情といえます。

 

| 2.理由に見られるのが、給与が低いとか待遇面が悪いなど

給与が低いかったり待遇面が悪いということ。将来の見通しが立たない理由に見られるのが、給与が低いとか待遇面が悪いなどというもの。

これから結婚して子供を持ちたいと考えた場合、この給与面ではやっていけないとか、残業が多くて疲れてしまって仕事を長くは続けられる気になれないなどです。

そんな将来の見通しが立たない経済的な不安や待遇面への不満は、現在の環境のままでは解決は難しいということになりかねません。

 

| 3.この場で働き続けても将来の見通しが立たないというもの

職場内に理想の上司だったり先輩がいないということ。こうなりたいと思えるロールモデルとなるような上司や先輩が職場には居ず、この場で働き続けても将来の見通しが立たないというもの。

管理職が詰まらなそうな態度をしていたり、10年経っても先輩社員が同じ仕事内容をしているなどです。

己自身がここで働いて10年経った時、意欲を持ち働いていたり、やり甲斐を感じている姿はイメージもできません。

 

 

 

まとめ

更に不安が募ることになりかねません。ここでは、見通しが立たないのは因果応報かも知れない、打ち破り邁進していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。