意外と大きな影響があるもの、相性が悪い人と上手に付き合う対処方法


日常の人間関係において、相性というのは意外と大きな影響があります。特に仕事上や恋愛では、相性の悪さを感じると、付き合うこと自体が苦しいもの。これは問題が自身や相手にあるわけではなく、お互いの波長が合わないことが要因です。

やはり一緒にいて居心地が悪い相手との交際は、徐々に溜まっていくものはストレス。さらには人間関係のみならず、相性が悪い場所というのも存在します。

また、付き合っているカップルや仕事上で関わらなければいけない相手には、その都度対処していくことが重要なこと。現実にきっぱりと縁を切るわけにもいかないのが世の中の常で、なかには相性が悪い人と結婚した人もいます。

ここでは、意外と大きな影響があるもの、相性が悪い人と上手に向き合う対処方法を紹介しています。

 

 

 


ソリが合わないとは良く言ったもの、相性が悪いとされる人の特徴面


 

| 1.普段と違い刺々しい口調に、感情がコントロールできない

その人物と会うと感情的になるケース。一緒に過ごすと、何故か心の中がざわつき、普段と違い刺々しい口調になり、感情がコントロールできないということ。

これはオーラ同士がぶつかり合い、制御できない状態。相性が悪い人を目の前にして落ち着こうとしても、返ってイライラが募ってしまうことに。

 

| 2.初対面の後に悪い事ばかり起こるとしたら、危険信号かも

出会ってから悪い事ばかりが起こるということ。初対面の後に悪い事ばかり起こるとしたら、それは危険信号。

付き合うようになって、仕事が上手くいかなかったり、怪我をしたり体調を崩すことが増えたというケース。相手側のオーラが、こちらにダメージをもたらしているかも知れません。

 

| 3.上手く言葉が出てこないのも、相性が悪い特徴の一つに

その人物の前では上手く言葉が出てこないというケース。相対すると上手く言葉が出てこないというのも、悪い相性の特徴の一つ。

立場が上の人間や初対面に対して緊張する場合は、相性とは関係ありません。恋愛で付き合って暫く経つのに会話が弾まない場合、肌が合わない可能性が大。

 

| 4.自然体でいられない相手というのは、相性が悪い証拠かも

見栄を張るようになるというケース。人間は誰しも、自分自身を大きく見せたいという欲求があります。

常にその人物の前では見栄を張ってしまったり、話を盛ってしまうことも。これは互いにマイナスの関係で、自然体でいられない相手というのは、相性が悪い裏付けかも知れません。

 

| 5.相性の良し悪しは、食事をしている最中に判るものとも

食欲に変化が現われるケース。相性の一長一短は、食事をしている最中にも分かるもの。食事というのは本能的欲求なので、最中にリラックスできるのは相性が良い相手。

反対に、その人物といると食欲がなくなったり、お腹が猛烈に空いて食べ過ぎるのは、相性の悪い相手と言えます。

 

 

 


こちらも知っておきたい、相性が悪いとされるカップルに見られる特徴


 

| 1.回数を重ねるうちに、相手と理解し合えないことに苛立つ

当たり前に喧嘩が多いカップル。やはり合わないと感じる部分があると、揉め事が起きやすいもの。

最初は議論としての喧嘩の始まりだったとしても、回数を重ねるうちに相手と理解し合えないことに苛立ちます。そうすると些細な事で、いつも喧嘩が増えるような相性の悪いカップルの出来上がり。

 

| 2.友達と過ごす方が楽しく、徐々にデートの優先度が下がる

デートの優先順位が低いということ。相性が悪いカップルの場合、一緒に過ごしていても楽しさを感じないと、デートの頻度も減りがち。

友達と過ごす方が楽しくなってしまい、徐々にデートの優先度が下がってしまいます。こうなってきたカップルは、もう恋愛のフェードアウトが始まっているかも知れません。

 

| 3.心に重いストレスを感じるようだと、相性が悪いペアと

強いストレスを感じるということ。相性が悪いカップルは、一緒に過ごしている時、違和感を持つこと多いもの。

それは答え方だったり、食事の取り方だったり。この違和感が、自ら調整できるレベルなら取るに足りません。ただ、心に重いストレスを感じるようであれば、相性が悪いペアと呼ぶことができます。

 

 

 


今日から取り入れていきたいもの、相性が悪い人と上手く付き合う方法


 

| 1.相手を一人ひとり分析し観察して、ポイントを見極める

大事にされたいときは、先ずは話を聞くということ。どのようなタイプの人も、自身の重要感を満足させてくれる相手は、必ず好きになり大事にするもの。

具体的にどんなことをすれば良いかというと、最初は誰もが古くから実践している、相手の話を聞くというコミュニケーション。相手の言葉を遮らないで否定せず、共感を持って聞くお馴染みの習慣です。

ただ分析の視点が必要で、相性が悪い相手を一人ひとり分析し観察して、ポイントを見極めなくてはなりません。

 

| 2.相手の信頼を得た場合、良いところを前に出して接する

相手が求めるものを提供するということ。分析の視点で相手が求めるものを把握した後は、それに沿って気遣うことも立派な思いやり。

分析的アプローチからみれば、好きか苦手かや合うか合わないといった感性で向き合うより、誰かれとなく細やかな配慮の効いたコミュニケーションができます。

結果的に、相手の信頼を得た場合、相手が自らの良いところを前に出して接してくれるようになるもの。これは、苦手と思っていた人物さえ、自信にとり感じの良い人に変わります。そうなると、距離が縮まって相手を好きになれます。

 

| 3.激情にかられた衝動的な行動を、6秒間ほど感情を抑える

相性が合わないと感じる何かがあると、つい苛立って喧嘩腰になってしまうもの。これが繰り返されると関係が続かないので、先ずは怒らないことが重要。

アンガーマネジメントと呼ばれる、怒りの感情を制御する考え方では、怒りのピークアウトは6秒とされています。

なので、苛立った際6秒間ほど感情を抑えれば、激情にかられた衝動的な行動を押止めるということ。怒鳴ったりする以前に、6秒間をじっと我慢して、物柔らかなコミュニケーションをとるよう心掛けます。

 

| 4.どうして相手はその考え方に至ったのかを考えて見ること

いつも相手の気持ちをイメージするということ。相性の悪い人との間にあるのが価値観の違い。これは、それぞれに考え方や筋道があり、どちらが正しくどちらが間違いということではありません。

自分の物差しで、違っているとかありえないと思う以前に、どうして相手はその考え方に至ったのかを考えて見ることがポイント。

相手側の思考回路や考え方のが判るようになれば、自分とは合わなくても大きなストレスにはなりにくいもの。

 

| 5.自分の良識を手放し、相手の考えを許容する努力をする

自分自身の良識は手放すということ。自らが正しいと思うことが、すべての人間の良識とは限りません。自らの当たり前が強過ぎると、相手と合わないことで不満や不安に、怒りが湧いて出てくるもの。

相性の悪い人との付き合いを継続させるには、先ず自分の良識を手放し、相手の考えを許容する努力をします。

相手の常識を少しだけ受け入れてみると、自分が意外と小さなことに拘り過ぎていたことに気づくケースもあります。

 

| 6.自分一人の時間は好きなことを思いっきり、ストレス解消

自らの時間を大事ににするということ。相性の悪い人と長期間一緒にいると、心に疲労が蓄積することもあります。

どれほど上手にその場を誤魔化していても、相手に合わせ過ぎると、自分のが大切にしているものを、無意識に押さえている可能性が大。

せめて自分一人の時間は、好きなことを思いっきりして、ストレス解消に励みます。美味しいものを食べたり、漫画を読みふけったり、自らが楽しいと感じることで気持ちを解放します。

引き寄せの法則から展開。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

お互いの波長が合わないことが要因も。ここでは、意外と大きな影響があるもの、相性が悪い人と上手に付き合う対処方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。