波長が合わないことの意味を知る、スピリチュアルな面も含めた対処法



日々の人間関係の中で、波長が合わないと感じることもあるもの。それは職場にいる波長が合わない人だったり、波長が合わない友達や家族にも広がるもの。さらには初対面の人にも、第一印象で何故かこの人とは波長が合わないかも、といった空気を感じ取ったりもします。

ほかにも、波長が合わない場所や土地があったり、その特徴はスピリチュアル的に、自身の波動が関係しているとも言われています。この波長が合わない人とともに居続けることや、その場所に留まることは自分自信にとっても良くありません。そっと距離をとるのが最適な方法とも。

ここでは、波長が合わないことの意味を知る、スピリチュアルな面も含めた対処法を紹介しています。

 

 

 


波長が合わないのは人物とは限らない、職場や土地などの場所の特徴


 

| 1.自らの状態で高い方が合うのか低い方が合うのかは個人的

波長が合わない職場のケースⅠ。職場に居る人たちの波動の状態により、その場の合う合わないが変化します。職場の場合は、そこの波動が高いか低いかで周波数が違い、自らの状態で高い方が合うのか低い方が合うのかは個人的なもの。

なのでブラック企業に対しても、合う人がいれば合わない人もいます。合わない理由は何なのかというと、そこの空気に飲み込まれているかで、利用されていたりコントロールされていたりです。

 

| 2.弱さを露呈することが恐怖で、演技という嘘偽りで対処

波長が合わない職場のケースⅡ。職場では、本当は気を使いたくなくても、同僚や上司を常に気にかけます。強気な態度を示すことで、自分が嫌われることを心配しているもの。どうでもいい先輩の話を聞いている振りをしたり、詰まらないミーティングに足しげく参加し、当たり障りないことを発言します。

これは場所に飲み込まれるということで、自分の弱さを露呈することが恐怖で、演技という嘘偽りで対処しようとする姿。

 

| 3.場所の波長が合わないケースは、自らの弱さが露呈する

波長が合わない場所Ⅰ。誰しも、場所に対して居心地の悪さを感じるという感覚があるもの。夜中のお墓の散歩は合わないなど、波長が合わない人と同様、自分らしさを出せない場所だったり、自分らしく関わりを持てない場所だったりということ。

こういった場所の波長が合わないケースは、自らの弱さが露呈するという特徴があります。嫌な感じがするというだけでなく、その背後には弱い自分という認識が無意識にあり、場所の波動に飲み込まれ制御されている状態。

 

| 4.憎悪や嫌悪感など、低い波動のエネルギーが蓄積され伝播

波長が合わない場所Ⅱ。普段静かな環境で暮らしていると、大きな街に出掛けた際、波長が合わず居心地悪いや気持ち悪い、何故か疲れるということがあるもの。それは街に居る人々の波動により構成された、場所の波長に飲み込まれているから。

平日のお昼時の空いた電車と満員電車で居心地が違うのは、感覚的に満員電車が嫌だなと思うだけでなく、車内にいる人たちの憎悪や嫌悪感などによる、低い波動のエネルギーが蓄積され伝播しているのが理由です。

 

 

 


把握しておくと出会った際に役に立つ、波長が合わない人の特徴や心理


 

| 1.波長が合わないと話しが段々と詰まらないと感じるように

会話が続かないというのも特徴の一つ。話をしていても感性が一々異なったり、会話が盛り上がず、リズムが違ったりすると楽しくないもの。会話は語らい合ってこそ心地よく感じるもので、波長が合わないと話しが段々と詰まらないと感じるようになります

早口で話が聞き取れないをはじめ、上から目線の喋りや、言葉遣いが汚いこと、理屈っぽい言い方など、不快に感じることが多く、合わないと感じるもの。同じ会話内容でも人により捉え方が違うので、合う合わないの差異は人によっても異なります。

 

| 2.その人物の考え方が見つけにくいのは、落ち着かない原因

一緒にいると理由なくイライラするということ。不思議と疲れてしまったり、イライラしたりする人がいるもの。話す速度が遅かったり、回りくどい言い方だったり、その人物の考え方が見つけにくいのは、落ち着かない原因になります。

結果的に、何が言いたいのか判らず、周囲の人たちはエネルギーを使うだけで、ストレスが溜まることに。この感覚の隔たりは、取り立てて相手の粗探しをして、攻撃したくなることにも繋がるため、良好な関係を築いていくのは困難。

 

| 3.違った価値観を持っている人とは理解がぶつかり合うこと

生まれ育った環境の違いということ。生まれて育ってきた背景は、人によって変わるもの。例を挙げると、裕福な家庭環境で育ってきた考え方と、貧乏な家庭環境で育ってきた考え方とでは、同じ価値観を持つことは考えにくいことに。

同様な状況で育った者同士は、相手の意図を汲み取りやすくなりますが、違った価値観を持っている人とは理解がぶつかり合うことも考えられます。同じ言葉であっても、意味には違いがあることも考えられ、いつまでも相手の意図を受け入れないでいると、浮いた存在になりかねません。

 

| 4.波長が合わない人とは、なかなか出掛けて行けなかったり

タイミングが悪い人ということ。嫌なことがあり、今はそっとして欲しいと思う時、不都合に話しかけてくる人もいるもの。相手にとっては気遣いをしているつもりが、不快な気分を与えていることになります。これは悪気がなくても、余り心地の良いものではありません。

ほかにも、食事等の予定を組んでも、波長が合わない人とは、なかなか出掛けて行けなかったりします。他方で、波長が合う人物とは、実現性に乏しい場面であっても、すんなり行けたりすることも。これが波長が合う合わないというものです。

 

| 5.波長が合わない人、些細なことでも価値観が合いません

自分と相手に共通点が見当たらないということ。自分と全く同じことをしていたり、全く同じ考え方の人間は、自分以外に存在しません。ただ、波長が合ったり近い人物とは、何となしに共通点が見つかるもの。対して波長が合わない人というのは、どんな些細なことをとっても価値観が合いません。

互いの差異を楽しむことができる事例もなかにはありますが、波長が合わない者同士は衝突することが多くなるもの。人間関係や恋愛で波長が合わないということは、似ている部分が見つからないということです。

 

 

 


波長が合わない場所や人物、心に留めるスピリチュアルを含んだ対処法


 

| 1.自我意識とされるスピリチュアルな意識レベルから発生

対処の最初は、波長が合わない意味を知るということ。波動には表面的な波動と、魂から生じる波動の2種類があります。このうち表面的な波動の場合は、合う方は良いで合わない方は悪いと、意味合いはとてもシンプル。

他方のから生じる波動は、本人は自覚できない潜在意識や、自我意識とされるスピリチュアルな意識レベルから発生するもの。なので、意識的に波動を変化させることはできず、潜在的に生まれ持った波動として、同調作用を繰り返しています。

 

| 2.目の前の場所や関わる人の波動を、表面的に傍受している

自分自身の利益を見極めるということ。脳と心と肉体とから生じる波動は、現在の自分の状態を表しています。なので、その波動が今の自分と合わなければ、目の前の場所や関わる人の波動を、表面的に傍受していることを意味していることに。

合わないということは、自らに利益がない状況を、自己防衛反応として知らせてくれています。そこでは、脳と心と肉体の連動により構成される、自分が存在し合う合わないの二極化が発生。なので嫌なら離れるというシンプルな対処法が役立ちます。

 

| 3.合わない場所や人物、何を学び経験できるかが自らの記憶

記憶を増やすことが有効な対処方。スピリチュアルな面で言えば、魂は全体の記憶の集合でし、記憶を増加させることが自分を構成するもの。記憶は情報とは異なっていて、自分の意志を持ち経験することが記憶となり、それが増えることが成長となり、その動きは変化とも呼ばれます。

波動が合わない事柄が起きるのは、変化を構成するための同調作用の一つで、合わない場所や人物から、何を学び経験できるかが自らの記憶になります。スピリチュアルな理解を深めることで、合わない事柄から成長への利益追求の機会と捉えます。

 

| 4.利益を明瞭にするように観察し、選択することが対処法

波長が合わない状況を離れるか、留まるかという対処法。友人や恋人と波長が合わなくるなど、波動状態の調和の違和感があれば、自身の利益追求により自然と離れることになるもの。

自分らしいところを押し潰されたり、自身を制御されるような人物や場所と合わない際には、苦しむか学びかの利益により対処が変わります。

自らの利益をどんな風に解釈しているかが重要で、自身をどう尊重し大切にしたいのかという意志がものを言います。波長が合わない意味と理由を知り、その上で利益を明瞭にするように自分自身を観察し、選択することが対処法。

| 5.自分にとり必要な経験を終えると、魂からシグナルが発生

波長が合わない人と関係するときの引き際。成長や変化を追求して波長が合わない人物や場所と交わるとき、何時までこうしていればという疑問が湧くもの。

スピリチュアルな面から言えば、自分にとり必要な経験を終えると、魂からあるシグナルが発生します。それには種類があり、一つ目は経験が終わると興味がなくなるということ。これは胸の内に照らせば、納得感と満足感による飽きです。

二つ目は自然と周りの人が入れ変わることで、波長が合わない人が自然と減り、関わらなくなること。三つ目は、転勤や部署移動など、自然な流れで波長が合わない場所が変わります。

 

引き寄せの法則で、波長が合わないを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、波長が合わないを払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

波長が合わないと感じる時もあるもの。ここでは、波長が合わないことの意味を知る、スピリチュアルな面も含めた対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。