欲しがりな人の先々は不安も募るもの、スムーズに関係を結び付ける術



身の回りを見渡すと、欲しがりな人がいるもの。親しい間柄なら要求もある程度は我慢できますが、それにも限界があり一方的な奉仕は何時までも続けられません。

物を欲しがる人や人のものが欲しくなる人は世の中に割合いますが、こういった人と付き合っていれば、時間だけでなく精神的にも疲弊することにもなりかねません。

またの名をクレクレ星人とも言う欲しがりな人は、相手が与えてくれる人と理解すれば、要求を次々としてくるところがあります。

愛を欲しがる人や褒めて欲しがる人などもいて、限界となって頼みを断れば、ケチな人間と非難ごうごうということにもなりかねません。

結果として、欲しがる人と関係がある時は注意も必要です。

ここでは、欲しがりな人の先々は不安も募るもの、スムーズに関係を結び付ける術を紹介しています。

 

 

 


欲しがりな人の先々は不安も募るもの、スムーズに関係を結び付ける術


 

| 1.一旦受け止めて、その欲求の強さを理解して上げるという

欲求を理解するということ。欲しがりな人の話を一旦受け止めて、その欲求の強さを理解して上げるというもの。

欲しがりな人は、自らに自信がなかったり、今までの愛情が足りていないなど、何かとネガティブな原因があることにもなりかねません。

確かに相手の欲しがる話を聞くのはストレスにもなりますが、背景を考え理解してあげるのが、スムーズに関係を結び付ける術の一つ。

 

| 2.感じる場合、適度な距離を維持していく姿勢が一番という

適度な距離を維持するということ。欲しがりな人が苦手と感じる場合、適度な距離を維持していく姿勢が一番というもの。

関わることで大きなストレスを受けてしまっては、仕事も上手くいかず必要最低限の関係で、極力関わらないことが良い、スムーズに関係を結び付ける術の一つ。

但し、露骨に距離を取るのはトラブルに繋がりかねないので、適切な距離感を保つことで、欲しがりな話に付き合わされる可能性も減っていきます。

 

| 3.反論するのではなく、受け流すことを意識するというもの

反論しないで受け入れるということ。欲しがりな人の一方的な話に対して反論するのではなく、受け流すことを意識するというもの。

反論をしてしまえば相手を逆上させることにもなりかねず、トラブルに発展する可能性も高まる、スムーズに関係を結び付ける術の一つ。

但し、相手の話に無理に乗っていく必要性はなく、話には反論しないで受け流しておけば、ストレスがなくコミュニケーションを図れます。

 

| 4.気持ちの良い存在ではなく、自分自身の反面教師とする

反面教師にするということ。あまりに欲しがりな人は、相手に対して決して気持ちの良い存在ではなく、自分自身の反面教師とするというもの。

相手の行動だったり言動を見て、自らはそんな姿を見せないようにしようと思える、そんな貴重な機会ともなる、スムーズに関係を結び付ける術の一つ。

そのように接していくことで、余りに欲しがりな人とのコミュニケーションも、ポジティブに捉えていくことができます。

 

| 5.差し障る場合、訂正が必要になることもあるというもの

嘘や偽りは訂正も必要ということ。欲しがりな人の嘘だったり偽りが業務に差し障る場合、訂正が必要になることもあるというもの。

但し、言い方には充分に気を付けることが大事で、トラブルにならないように、嘘の箇所だけを訂正するのが、スムーズに関係を結び付ける術の一つ。

相手が話を盛っていたり大袈裟だということにまで関与してしまえば、相手の気分を害しかねず細心の注意が必要になります。

 

 

 


欲しがりな人には色々な面が見られる、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.多かったりするほか、理想が高過ぎるところがあるという

理想が高過ぎるということ。欲しがりな人に見られるのが、やたらと相手に求めることが多かったりするほか、理想が高過ぎるところがあるというもの。

外見をはじめ学歴や職種など、自分自身の理想に似合った人でなければ、付き合う対象にならないのでなかなか恋人ができません。

よく言えうとロマンチストですが、周囲の友人たちにしてみれば、理想像ばかり欲しがっているけど、自分は何様ということにもなりかねません。

 

| 2.素直に受け入れられない頑迷なところがあるというもの

他人の意見を受け入れないということ。欲しがりな人に多々見られるのが、何かのアドバイスをされた時、素直に受け入れられない頑迷なところがあるというもの。

自分が正しいと信じ込んでいることは頑なに曲げないので、理屈にかなったアドバイスをされてもすぐに否定することにもなりかねません。

そんな風に人の意見を受け入れないところが災いして気が付かないので、恋愛が長続きしないということにもなりかねません。

 

| 3.自信がないので、すぐに他者と比べてしまうというもの

他人と自分の違いを気にし過ぎるということ。欲しがりな人に多く見られるのが、自分に対して自信がないので、すぐに他者と比べてしまうというもの。

他の人が自分自身より劣っている箇所を賢明になって探し出し、自らの存在価値を認めようすることにもなりかねません。

存在価値を確認するために他者と比べてしまうのは、欲しがりな人に頻繁にあるところです。

 

| 4.相手の話より自らの話に終始する傾向があるというもの

自分の話が好きということ。欲しがりな人は基本的に自分自身の話を聞いて欲しいといった欲求が強く、相手の話より自らの話に終始する傾向があるというもの。

強引にでも話の軸を自らの方に向けさせ、話したいことばかりを話してしまい、周りの人たちとの関係性が上手く築けない場合があります。

また、自分の話を肯定して欲しいという欲求があり、否定されたり無視されたりすれば、感情的になってしまうことにもなりかねません。

 

 

 


人が食べてるものを欲しがる人も稀にいるもの、知っておきたい原因面


 

| 1.SNSを通じて気軽に承認が得られる時代になっている

SNSの影響ということ。Xやインスタグラムなど、SNSを通じて気軽に承認が得られる時代になっているというもの。

いいねを貰うことで、欲しがりな人の承認欲求が満たされますが、次第にSNSから抜け出せなくなることにもなりかねません。

但し、SNSの反応ばかりが気に掛かり、スマホが手放せなくなるなど、日常生活に差し障りをきたす怖れもあります。

 

| 2.スマホやPCなどで、個人が手軽に情報発信できるという

時代の影響ということ。ITテクノロジーだったりWebの発達や進化によって、スマホやPCなどで、個人が手軽に情報発信できるというもの。

但し、人々の目に留まることもないような状態は、いわば無視されているといったことと同義ということにもなりかねません。

多くの情報発信がなされるほど、自分の投稿を認めて欲しいといった思いが芽生えやすい状況になり、欲しがりな人の承認欲求も上がっていくことが考えられます。

 

| 3.認めて欲しいといった欲求も満たされないで成長すると

家庭の影響といったこと。親に褒められなかったり認められなかった人は、自分を認めて欲しいといった欲求も満たされないで成長するというもの。

現代社会では、離婚率の上昇や共働き家庭の増加など、子供に対する環境は従来と比べ大きく変わっています。

結果として、他の人から認められたい承認欲求が湧き上がる事例が多いと言われています。

 

 

 

まとめ

人との関係がある時は注意も必要です。ここでは、欲しがりな人の先々は不安も募るもの、スムーズに関係を結び付ける術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。