対人緊張症は治療していきたいもの、怖がらないで立て直していく術



人生を過ごしていると、対人緊張症を治したいと思うことがあるもの。対人緊張症には雑談恐怖症の面があり、他の人と話すと緊張したりすることにもなりかねません。

対人緊張症は精神疾患などの病気の場合もありますが、人と話す際にどう思われるか気になるなど、気を遣ってしまいストレスから疲労感を覚えることにもなりかねません。

なので、対人緊張症の人は忘年会だったり新年会で、隣りの人に何を話したら良いか分からず、宴会の時期が憂鬱ということになります。

更に普段の生活でも、美容師さんと会話するのが不得手で、美容院を訪れることすら嫌ということにもなります。

対人緊張症は家族にもなることがあり、将来的なものを考えても注意が必要ということにもなりかねません。

ここでは、対人緊張症は治療していきたいもの、怖がらないで立て直していく術を紹介しています。

 

 

 


対人緊張症は治療していきたいもの、怖がらないで立て直していく術


 

| 1.話題を提供できない、そういったことに悩みがちという

良い聞き手になるのも一手ということ。対人緊張症の人たちのほとんどは、己自身から話題を提供できない、そういったことに悩みがちというもの。

確かに話し上手な人は様々な面白い話を繰り出せますが、雑談に加わるには必ずしも話題の提供者となる必要はない、怖がらないで立て直していく術の一つ。

会話の発端は相手に対しての質問から出発するのが秘訣で、相手の回答に関心や同意を示せば、話題は相手の方が勝手に広げていってくれます。

無理に話そうとするような姿勢ではなく、良い聞き手になる意識を持つことにより、雑談に対する態度も変わってきます。

 

| 2.理想のハードルを、異常に高く設定しているというもの

有益な情報が必要と考えないということ。対人緊張症に陥りやすい人の多くが、雑談をする際の理想のハードルを、異常に高く設定しているというもの。

テレビやだったり周囲にいる会話が上手い人が標準と感じていて、同じように話さなくてはいけない、そんな具合に進じこむことに繋がりかねません。

先ずは己自身が話す内容について、盛り上げようとか笑いを誘おうなど、力身を取ることから始めるのが、怖がらないで立て直していく術の一つ。

 

| 3.技術的な問題に着目して、問題を克服しようと努力をする

カウンセリングで思い込みを薄めるということ。話し下手とか雑談できないと考える人の多くが、話し上手な人の技術的な問題に着目して、問題を克服しようと努力をするもの。

但し、対人緊張症の根本的な問題解決というのは、技術力などではなくて、大事なのはコミュニケーションが苦手といった認知の歪みを捨てることです。

己自身の今までの感じ方や考え方を自力改善するのは非常に難しく、カウンセリングを受けてみるのも、怖がらないで立て直していく術の一つ。

 

| 4.不安感や恐怖心等の症状を和らげてくれるものというもの

薬物療法をしてみるということ。対人恐怖症の一種である対人緊張症で使用する薬は、不安感や恐怖心等の症状を和らげてくれるものというもの。

一般的にうつ病にも使われるSSRI(抗うつ薬)が広く使用されていますが、効果が出てくるまでに2-3週間かかり、一定期間は毎日飲み続ける必要性があります。

抗不安薬は即効性もありますが、効果は一時的なものであり、長期間の服用は依存しやすくできるだけ短期間の服用が望ましい、怖がらないで立て直していく術の一つ。

 

| 5.改善に繋がりますが、根本的な解決へは結び付かないと

心理療法とをしてみるということ。薬物療法は一時的に症状の改善に繋がりますが、根本的な解決へは結び付かないというもの。

結果的に、心理療法と組み合わせをすることで、薬に頼らない治療をすることも大事な、怖がらないで立て直していく術の一つ。

心理療法では、不安感や恐怖心に繋がる思考方法だったり行動パターンを修正する、そういった認知行動療法が効果的とされています。

治療によって不安感の対処法を身に付けることにより、症状が表れても大丈夫と思えるので、再発への予防にもなります。

 

 

 


対人緊張症とは何かを知ることも大事になる、覚えておきたいの特徴面


 

| 1.うちの最も顕著な事例が、中身のある会話は可能という

情報伝達的な会話は可能ということ。対人緊張症の人に見られるうちの最も顕著な事例が、中身のある会話は可能というもの。

ビジネスの場面での伝達事項などは、極めて普通の態度で行うことができるという人がほとんどになります。

また共通の趣味を持った仲間との間の情報共有だったり有益な情報の交換など、スムーズに行える人もいます。

 

| 2.非言語的な表現を、異常なほど詳しく観察しているという

空気を読むのが非常に上手いとうこと。対人緊張症へとなる人の多くは、相手の表情や態度など非言語的な表現を、異常なほど詳しく観察しているというもの。

場の空気が読めない人でなく、逆に言えば空気を読みすぎる、そんな態度が問題点にもなります。

もともと日本文化では、その場の雰囲気の調和を重要視するところがあり、個々の自由な発言よって場を盛り上げたり、和ませることに重点が置かれています。

場に馴染まなくてはならないといったストレスが、ますます緊張を進めて雑談を苦手にしていること繋がっています。

 

| 3.新しい人間関係を構築する際に、その場で躓いたという

自信を失うような出来事が減員になったということ。元々は雑談が苦手ではなかった人が、進学だったり就職など新しい人間関係を構築する際に、その場で躓いたというもの。

話しているときに笑われたのをはじめ、会話が上手くできず疎外感を持ったなど、失敗体験が自信を喪失させ対人緊張症に繋がったというものです。

こんな感じで己は話しが下手だとか、誰とも上手くは話せないなど、自己暗示をかけてしまうことに繋がりかねません。

 

 

 


対人緊張症には様ざまな面が見られるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.伴うような強い不安感だったり、緊張や恐怖を覚えると

精神的症状があるといった心理状態。人前で何かをするようなシーンで、苦痛を伴うような強い不安感だったり、緊張や恐怖を覚えるというもの。

苦手な対人関係の場面は個々で違いますが、人前で話をしたりや一緒に食事をするなどのほか、人の前で字を書くなどがあります。

更に、こういった不安感を周りの人たちに察知されることに怖れを感じたり、あれこれと思いを巡らせ不安が続くことになります。

 

| 2.トラウマとなって、発症することが判明しているという

トラウマがあるといった理状態。対人緊張症の発症原因は明確とはなっていませんが、何らかの出来事がトラウマとなって、発症することが判明しているというもの。

不安感や恐怖心という感情は、危険を避けて生命維持するため、人間に取り非常に重要ともいえる役割を果たしています。

対人緊張症のケースでは、他人の顔を見たときに脳内で危険を察知する箇所の扁桃体が、一般の人よりも過剰に反応することが分かっています。

 

| 3.交感神経も活発に働いて症状があらわれるというものです

身体的な症状に不安を覚えるといった心理状態。不安感や恐怖心を感じた時は、交感神経も活発に働いて症状があらわれるというもの。

赤面してしまうのをはじめ、動悸だったりめまいに息苦しさなどのほか、声や手足の震えが生じることにもなりかねません。

身体的な症状が表れると、余計に周囲の人たちの視線が気になってしまうので、再び同じ症状が出るのではと、苦手な対人場面を避けることになりかねません。

 

 

 

まとめ

宴会の時期が憂鬱ということになります。ここでは、対人緊張症は治療していきたいもの、怖がらないで立て直していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。