失敗人生から学べることもあるもの、巧妙に跳ね返していく具体的な術



人生を過ごしていると、失敗人生を感じることがあるもの。やりたい物事ができていなとか、失敗ばかりしてきたなど、残念ですが失敗人生を感じることがあります。

失敗人生と発言する人は比較しがちで、自分と他の人間を比較するのはもちろんのこと、理想とする社会像と比較したりする傾向があります。

40代とか50代といったある年齢に行き着いた時、何も完遂することができなかった、そんな思いは失敗人生に結び付きかねません。

失敗人生から学ぼうという言い方もありますが、人生の終盤になり人間関係を振り返れば、行動よりも重要なものに気付くことが良くあります。

人が幸せになるのは達成したことより、むしろ他の人達との交流かも知れません。

ここでは、失敗人生から学べることもあるもの、巧妙に跳ね返していく具体的な術を紹介しています。

 

 

 


失敗人生から学べることもあるもの、巧妙に跳ね返していく具体的な術


 

| 1.明確になると再度同じことは繰り返さないというものです

原因を言語化してみるということ。失敗人生から脱却するには、始めに失敗した原因を言語化していくことが大事で、明確になると再度同じことは繰り返さないというもの。

失敗してしまうということは、苦手なものに取り組んでいるからかも知れず、己自身の得意分野が分からないまま挑戦しても失敗するだけです。

結果的に、自己分析をして己自身の強みや特性を理解する、そうした姿勢も要点となる、巧妙に跳ね返していく具体的な術の一つ。

 

| 2.人生では最も無駄なことである、悩む時間が異常に多い

悩む時間は無駄であると理解するということ。失敗人生という人に多々見られるのが、人生では最も無駄なことである、悩む時間が異常に多いというもの。

無論のこと改善案を考える時間は必要にもなりますが、余計な悩みに思い悩んでいる時間を取られている状況は意味がありません。

悩んでいるばかりいると、人生は1ミリたりとも前進せず、見切り発車しても行動に移すことが重要ポイントになる、巧妙に跳ね返していく具体的な術の一つ。

 

| 3.規則正しい生活パターンを送ることが必要不可欠という

規則正しい生活を送るということ。失敗人生が思い浮かぶ時期から立ち上がるには、規則正しい生活パターンを送ることが必要不可欠というもの。

挫折してしまえば暴飲暴食や夜更かしをしたりと、生活も乱れがちになるので、そうした状況では意欲も起こらず負の連鎖が止まらなくもなりかねません。

失敗人生が思い浮かぶ時期こそ規則正しい生活を過ごすことが大事で、早寝早起きにバランスが取れた食生活や適切な運動など、当たり前のことをすると心と身体が回復する、巧妙に跳ね返していく具体的な術の一つ。

 

| 4.するだけではなく、焦って間違った行為を繰り返さない

己一人の時間を設けるということ。失敗人生を感じる時こそ己一人の時間を設けることが大切で、原因を明確化するだけではなく、焦って間違った行為を繰り返さないというもの。

失敗を失敗のままで終わらせてはならず、失敗は成功の元という言葉もあるように、失敗から学べることは数多くあります。

大前提として失敗人生という人は、チャレンジした人ということで、行動を起こさない人よりも何倍も勇敢ということを肝に命じます。

失敗から学んだ後は、それを活用するように挑戦と失敗を繰り返せば、秘訣を掴んで成功の確率も上がる、巧妙に跳ね返していく具体的な術の一つ。

 

| 5.成功するには、環境を変えてみることも効果的というもの

環境を変えてみるということ。環境は人間に対して大きな影響を及ぼしていて、失敗人生をを踏み越えて成功するには、環境を変えてみることも効果的というもの。

例を上げると、ダイエットを始めた際に周りに食べる人ばかりがいれば痩せるのは難しく、反対にダイエット中の人たちの中に混ざれば、己も頑張ろうということに繋がります。

 

 

 


失敗人生から学ぼうという生徒もいるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.得ようとしますが、他人と比べてばかりは不幸への入り口

他人と比べがちということ。多くの人は己自身よりも格下の相手と比較して優越感を得ようとしますが、他人と比べてばかりは不幸への入り口というもの。

それは相手の方が優れているケースでは、嫌な気持ちが湧き上がるからで、同僚が昇進したり友達が結婚したりした際に、素直に喜べないような体験は誰にでもあります。

人と比べる分量だけ、己自身の心は病んでいくというもので、結果的として他者を蹴落とすという気持ちも芽生えかねず、失敗人生ということに繋がりかねません。

 

| 2.余りにも大きなものなら、トラウマとなってしまうという

トラウマが消せないということ。人生には失敗は付きものと言うべきものですが、その挫折が余りにも大きなものなら、トラウマとなってしまうというもの。

仕事で大損失を出してトラウマとなれば、次の仕事にも恐怖心が湧き起こり、結果的に力も発揮できず失敗を繰り返すことへと結び付きかねません。

トラウマには己だけで乗り越えられないものもあり、症状が余りにも酷いときは、心療内科などに対して相談するようにします。

 

| 3.だけではなく、何をすれば成功のかも分からないという

成功体験が非常に少ないということ。成功体験は自信へと繋がるものですが、そんな経験もないと自信を持てないだけではなく、何をすれば成功かも分からないというもの。

結果として、挑戦の前から己自身にはできないと考えることにもなりかねず、すぐに投げ出してしまう癖が沁み付くことに繋がりかねません。

稀には他の人の成功を全く喜べなくなって、チャレンジを邪魔するような人間も出現することになりかねません。

 

 

 

 

 


失敗人生には様々な点が見られるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.するような癖がある人は、成功へとは辿り着けないという

何事も先延ばしにするという心理状態。後でやれば良いとか一応保留にするなど、先延ばしにするような癖がある人は、成功へとは辿り着けないというもの。

今はその機会ではないなど何かと言い訳をし行動しないで、やりたいことに挑戦することになっても、すぐに諦めてしまうことへと繋がりかねません。

先延ばし癖は挫折することに結び付くもので、早めに対処していかなければ、一生涯治らない癖になることも珍しくありません。

 

| 2.癖があり、己自身にまったく自信を持てないというもの

ネガティブ思考の癖があるという心理状態。失敗の続くような人に見られるのが、ネガティブ思考の癖があり、己自身にまったく自信を持てないというもの。

どうせ自分なんてなどのネガティブ思考の一因にあるのが、人間関係や過去の挫折体験のほかに、セロトニン不足などが考えられます。

早めに要因を掴んで改善していかなければ、ずっと失敗人生が続いてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.ミスも増えるなど、年齢のせいにしがちであるというもの

年齢のせいにするといった心理状態。失敗人生を感じる人に見られるのが、若くないのでミスも増えるなど、年齢のせいにしがちであるというもの。

年齢のせいにするような癖が身に染みてくれば、挑戦ができないだけではなく、失敗に結び付くことになります。

さすがに年齢的に遅すぎるなど、批判ばかりを口にする人は行動することができず、失敗すら体験できない駄目人間になりかねません。

 

 

 

まとめ

また失敗人生を感じることがあります。ここでは、失敗人生から学べることもあるもの、巧妙に跳ね返していく具体的な術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。