頭が混乱するのは因果応報かも知れない、首尾よく整理整頓する具体策



日々の暮らしの中で、頭が混乱することがあるもの。そんな頭が混乱してる時は、時間は解決してくれないので、自ら立直していくしかありません。

頭が混乱しやすい人はADHDの場合があり、会話だったり発表などのスピーチが上手くいかないことがあります。

話したい内容が衝動的に次から次へと頭に思い浮かび、目の前の話題に集中することができません。

趣味に関連する話題であれば、持つことになった切っ掛けや魅力に話が移り、思い出が浮かんでくれば、今度はそれに付いて話したくなります。

次々に衝動的な感情が湧き上がり、脳内で言葉が溢れ話題の中心を忘れてしまうことにもなりかねません。

ここでは、頭が混乱するのは因果応報かも知れない、首尾よく整理整頓する具体策を紹介しています。

 

 

 


頭が混乱するのは因果応報かも知れない、首尾よく整理整頓する具体策


 

|  1.普通の人はちょっとしたパニックにも陥るというものです

先ずは落ち着くということ。仕事が多忙で頭が混乱する時は、色々なことが重なるもので、普通の人はちょっとしたパニックにも陥るというもの。

但し、ここで慌てて動けば状況は一層悪化すことになるので、一旦気を静めて考えてみることが大事で、頭の中にあるやらなくてはいけない事柄を全てリストアップします。

目の前のことは無論のこと、中長期的なことも含めて全部をリストアップしていくのが、首尾よく整理整頓する具体策の一つ。

一先ずどうしてこんな状況なのかとか、不満や困っている問題など、吐き出した感があると終了になります。

 

| 2.依頼できる物事は他の人に向かって投げてしまうという

内容を順次片付けるということ。リストの中ですぐに終わるものを全て完了させて、依頼できる物事は他の人に向かって投げてしまうというもの。

多くの場合の問題は仕事量そのものではなく、頭が混乱していることなので、先ずこういったことに気付くのが重要な、首尾よく整理整頓する具体策の一つ。

訳の分からない状況下で懸命に何かしても、効率も悪くてほとんど改善せず、目の前にあるものですぐ終わるものは全部完遂させることです。

 

| 3.できますが、ここからは教科書通りに取り組んでいくと

仕事の全体像を掴むということ。こうなれば今の仕事を落ち着いた状況で整理することができますが、ここからは教科書通りに取り組んでいくというもの。

己自身の役割と責任をはじめ、目指すべき姿や前提条件に使用できるリソースなど、こうしたものを動きながら整えていくのが、首尾よく整理整頓する具体策の一つ。

仕事を進めながら考えなくてはならず時間が掛かりますが、ここは結構重要な点で、この後の色々な場面で問題解決の根拠ともなり疎かにしてはいけません。

 

| 4.やるべき事柄とすべきでないものが別れてくるというもの

毎日の業務をあるべき姿へと寄せていくということ。現在の仕事の全体像を把握できれば、やるべき事柄とすべきでないものが別れてくるというもの。

後は日々の業務を通じあるべき姿へと寄せることが必要で、ポイントは2つあり、1つ目は課題の解決は仕組を使ってマネジメントすることです。

2つ目は問題や不具合が起きた際、意識しない人も案外に多くいますが、今まで作成した仕組みを修正していくといったことです。

イレギュラー対応をしたケースでは、必ずそれで良いのかどうかや後は標準対応にするのかの他、仕組み自体の再検討を議論するのが、首尾よく整理整頓する具体策の一つ。

 

| 5.何となく自動的に動いていることが多々あるというもの

チーム内の問題はコ意思疎通を図らなければ解決しないということ。チームで働いているケースでは、意外にも何となく自動的に動いていることが多々あるというもの。

決まっているのかそうでないのか理解できないような不文律や、何となく存在をしているルールに、同じ物事に対する認識の違いなど問題だらけが平常運転です。

業務を進める上では、基本的な規則やマナーに情報の共有法などを決め、現実に適用していくのも、首尾よく整理整頓する具体策の一つ。

 

 

 


頭が混乱することは世の中に案外多いもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.タスクが過大で手が出せず、情報量に途方に暮れるという

やるべき仕事量が多いとパニックに陥りやすいということ。頭が混乱する人に見られるのが、やるべきタスクが過大で手が出せず、情報量に途方に暮れるというもの。

例を挙げれば、普段の通常業務の事務作業に加えて、上司に会議の議事録や企画書などの作成を頼まれたケースで、頭が混乱してしまうということにも繋がりかねません。

整理できないままで無理に作業をスタートしても、途中で途方に暮れて訳が分からなくなって、パニックに陥ることになるかも知れません。

 

| 2.計算しておいて、手順を考え実行に移さなくてはならない

スケジュール管理が苦手ということ。スケジュールの管理等をしていくには、必要となる作業の時間を勘定しておいて、手順を考え実行に移さなくてはならないもの。

但し、頭が混乱するような状況に陥りやすい人は、順序立てて物事を考えらない傾向にあり、作業の時間の概算をするのは難しく、時間不足も関係がない無理なスケジュールになりかねません。

更に、スケジュールに乗っ取って作業をすることが苦手で、途中で関心を失うなどの衝動的欲求が湧き起こり作業も止まりかねません。

 

| 3.ところがあり、一つの事柄に対して集中できないという

興味を失い集中できないということ。頭の中が混乱する人に見られるのが、興味が飛んでしまいやすいところがあり、一つの事柄に対して集中できないというもの。

期限内に仕上げなければいけない仕事があっても、集中をすることができず納期を守れないといったことに繋がりかねません。

頭の中に次々浮かぶことに意識を取られ、気付けば全く別のことを考えていて、やるべきことを忘れて後で、後戻りできなくなっった状態で焦るということになりかねません。

 

 

 


頭混乱するときはそれほど冷静になれないもの、注意したい心理状態


 

| 1.もたらす新情報で、脳内が常にフルに回転している状態

頭の中がフルに回転しているといった心理状態。処理できないで溜まったタスクに加えて、衝動的興味がもたらす新情報で、脳内が常にフルに回転している状態というもの。

情報を処理しようと過剰に思考を巡らすので、普通に暮らしているだけで、脳疲労を必要以上の引き起こすことに結び付きかねません。

全力で考えても整理できるという訳でもなく、思い巡らす思考を雑音みたいに感じることになりかねません。

 

| 2.あれば、すぐそっち側に意識が引っ張られるというもの

物事に対して衝動的に反応するといった心理状態。頭が混乱する人に多々あるのが、何か気になることがあれば、すぐそっち側に意識が引っ張られるというもの。

広がった関心だったり興味の対象から、多すぎるほどの情報を受け取って、頭の中が段々と一杯になることに繋がります。

頭の中が混乱するほど、本来すべき物事が埋もれてしまうので、途切れた集中力が戻ることは非常に困難ということになります。

 

| 3.把握することで、不可欠な処理行為が行えないというもの

マルチタスクが苦手といった心理状態。頭が混乱する人はマルチタスクが非常に苦手で、現状を的確に把握することで、不可欠な処理行為が行えないというもの。

何からどうすれば複数の作業をこなせるか、頭の中で工程表が組み立てらず、情報は頭の中に溜まるばかりで、パニックに陥ることになりかねません。

 

 

 

まとめ

自分から立直していくしかありません。ここでは、頭が混乱するのは因果応報かも知れない、首尾よく整理整頓する具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。