集中できない人には何かがあるもの、気を静めて対処していく具体策



身の回りを見渡すと、集中できない人がいるもの。成果や納期に関する責任感が欠けていて、人の話にも集中できないというような人。

集中力のある人は自覚があり、仕事に対しての差し迫った感じや危機感が生まれるので、取り組む際はスケジュール管理をして計画的に進めることができます。

一方で、やる気はあっても何故か仕事に集中できない人もいて、子供が机に座っても取り掛かれないように上手く進めることができません。

人の集中力というのは個々に違いがあり、仕事を気分で進めたり、飽きたときは投げ出すのが癖となっている人も見かけます。

集中力は体調だったり環境にも左右されますが、集中力のある人と比べてできないといった自覚があるときは要警戒。

ここでは、集中できない人には何かがあるもの、気を静めて対処していく具体策を紹介しています。

 

 

 


集中できない人には何かがあるもの、気を静めて対処していく具体策


 

| 1.自身が落ち着きがない傾向を自覚することが必要という

集中できないことを自覚するということ。集中できない人から脱却するためには、先ず自分自身が落ち着きがない傾向を自覚することが必要というもの。

自分がどういう時にどんな行動を取っているのか、そうしたことが分からなければ、何を改善して良いかも分かりません。

自分で気付くのが難しいときは、友人の誰かに指摘してもらうか、動画などを撮影して貰って見てみるのも、気を静めて対処していく具体策の一つ。

 

| 2.10秒間目を閉じて、苦手でも我慢して静かにしている

10秒間我慢するということ。落ち着きがないのをを自覚した後は、黙って10秒間目を閉じて、苦手でも我慢して静かにしているというもの。

集中できないで貧乏ゆすりをしてしまうといった人は、10秒両足を揃えて手を膝に置いてみるのも、気を静めて対処していく具体策の一つ。

やり方は自分に似合ったものを見つけることが重要なポイントで、10秒間は集中力を高めていくためのおまじないみたいなものです。

 

| 3.脱け出すには、普段より考える時間を長く取り行動する

動き出す前に一旦考えるということ。すぐに動き出すのは悪いことではないものの、集中できない人を脱け出すには、普段より考える時間を長く取り行動するというもの。

話は最後の一句まで聞いてから判断するのはもちろんのこと、何かの取り組み始める際は準備をするなど、動き出す前に一旦考えるよう心掛けます。

考え過ぎかなとか確認しすぎかなと思うくらいが丁度よいことにもなる、気を静めて対処していく具体策の一つ。

 

| 4.順番に確実に完成させる、そんなことを意識するという

順番に完成させるということ。気が散ってしまったり集中できないという人は、一つ一つを順番に確実に完成させる、そんなことを意識するというもの。

一つが完成するまでは他の物事に手をつけないことが秘訣で、完成までの過程を順次積み上げていくのが、気を静めて対処していく具体策の一つ。

手順を一つずつ確認したりミスはないかチェックするなど、始めは時間がかかり苛立つことになるかも知れませんが」、最終的には近道になります。

 

| 5.改善するために周囲の人たちの動きに合わせてみるという

周りのペースに合わせるということ。集中できない人は周りのことが見えなくなるところがあり、改善するために周囲の人たちの動きに合わせてみるというもの。

周りの人たちに合わせるためには、それぞれの動きを良く観察して、自分自身の行動ペースを調整する必要があることにもなりかねません。

こうした周りに合わせた行動をしていくことで、自らの行動を省みる機会にもなる、気を静めて対処していく具体策の一つ。

 

 

 


仕事はできる人に集中するもの、注意しておきたいできない人の特徴面


 

| 1.大雑把にしか理解しないで行動してしまうというものです

人の話を最後までを聞くのが苦手ということ。集中できない人に見られるのが、人の話を最後まで聞かないで、大雑把にしか理解しないで行動してしまうというもの。

要点だけを聞いてすぐに大丈夫と判断することが多く、重要なことを聞き逃すことも頻繁にあります。

気が急ぐせっかちなタイプということもあり、人の話を最後までを聞くことが苦手なのかも知れません。

 

| 2.結果を考えることもなく、その行動をスタートしてしまう

計画性がないということ。集中できない人に多々見られるのが、結果を考えることもなく、その行動をスタートしてしまうというもの。

一見すれば行動力があるタイプとも言えますが、計画性がなく準備不足で突き進んでしまうような傾向にあります。

何かのトラブルが生じた際にパニックに陥った経験がある人は、時には慎重に計画を立てていくことが必要なのかも知れません。

 

| 3.細かい箇所が通り一遍でケアレスミスも多いというもの

ケアレスミスが多いということ。集中できない人に見られるのが、とにかく急いで行動を始めるので、細かい箇所が通り一遍でケアレスミスも多いというもの。

スピード感に溢れているのは良いところで、大まかな構想を立てたり、膨大な作業量を捌かなければならない時は重宝されます。

但し、ケアレスミスが多いので、精度が問われるような局面では、不向きだと感じられることにもなりかねません。

 

| 4.可能なのか、そんなことは考えず先ず行動に移すという

考えるより先ず行動するということ。集中できない人は何かに取り組む場合、今の自分に可能なのか、そんなことは考えず先ず行動に移すというもの。

すぐに物事に取り掛かるのは良いところですが、時には自らのキャパシティを超えてスタートしてしまい、慌てることにもなりかねません。

一概には悪いこととも言えませんが、周囲の人たちからすれば、落ち着きがない人に見えてしまうのは否定できません。

 

 

 


人がいると集中できないこともあるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.そのまま行動へと移してしまうことがあるというものです

思い込みが激しいという心理状況。集中できない人は、自分でこうだと思い込んだ時は、そのまま行動へと移してしまうことがあるというもの。

間違いだったり勘違いにも気が付かない儘で作業を始めることも多く、焦りやミスへと繋がってしまうことにもなりかねません。

思い込みが非常に激しいところがあり、俯瞰して物事を客観的に捉えていくのが苦手なところがあります。

 

| 2.常に不安を感じていて挙動不審なところがあるというもの

常に不安を感じているという心理状況。集中できない人に見られるのが、自己肯定感が低いので、常に不安を感じていて挙動不審なところがあるというもの。

何故か自らに自信を持つことができず、不安感を落ち着かせるために、身体の一部を動かし続けたり、何かを触り続けたりしてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.周囲の人たちの視線が気になって仕方がないというもの

人の目を気にするという心理状況。集中できない人に良く見られるのが、周囲の人たちの視線が気になって仕方がないというもの。

非常に他人の目を気にしがちなところがあり、常に他者にどう映るのかを気にしています。

反対に承認欲求が強い傾向も隠れていて、注目されたいという気持ちの表れから、落ち着きがない行動を取ることもあるようです。

 

 

 

まとめ

なかなか上手く進めることができません。ここでは、集中できない人には何かがあるもの、気を静めて対処していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。