狭量な人はサイコパスかも知れない、当たり障りなく無難に相対する術



身近なところにも、狭量な人がいるもの。そんな器が小さいとも言える人は、些細なことで苛立ってしまいがちで、接し難いと感じる人も多くいます。

そんな狭量な人は、他人の考えを受け止めることができなかったり、許すこともできなかったりといったことに繋がりかねません。

狭量な人物は身分や地位に弱いところがあり、その人の中身ではなく学歴や仕事の役職などで判断しがちで、肩書によっては無条件で尊敬の念を抱きます。

また自分の非を認めることは滅多になく、簡単には認めないで責任転嫁しがちということにもなりかねません。

言い訳も上手で、自分に原因だったり落ち度があっても、平気で責任転嫁してくるので注意が必要です。

ここでは、狭量な人はサイコパスかも知れない、当たり障りなく無難に相対する術を紹介しています。

 

 

 


狭量な人はサイコパスかも知れない、当たり障りなく無難に相対する術


 

| 1.つい厳しい口調で向かってくることがあるというものです

厳しい口調で言われても受け流すということ。狭量な人はイライラする気持ちが抑えられず、つい厳しい口調で向かってくることがあるというもの。

それを真に受けていては気落ちする時もありますが、毎回では切りがなく受け流すのが、当たり障りなく無難に相対する術の一つ。

この人はこういう言い方をする狭量な人だから仕方がない、そんな具合に割り切って聞き流すのが得策となります。

 

| 2.関係を断つのは非常に困難なところがあるというものです

関わりは必要最小限にするということ。狭量な人が職場の人のケースでは、関係を断つのは非常に困難なところがあるというもの。

狭量で普段から苛立っているような人と常に一緒にいれば、疲れ果ててしまうことに結び付きかねません。

そういった時は、狭量な人との関わりを必要最小限度に留める方が、ストレスも感じ難い当たり障りなく無難に相対する術の一つ。

割り切った考え方が必要で、狭量な人と思えば態度や言動に苛立つことも減り、逆に関係改善が進むことに繋がるかも知れません。

 

| 3.狭量さに嫌な思いをした際は、明確に指摘するというもの

明確に指摘するということ。友人だったり家族など身近な人は関りを避けられないので、相手の狭量さに嫌な思いをした際は、明確に指摘するというもの。

己自身の譲れないラインを決めておき、それを超えた時は明確に伝えて意思を示すのが、当たり障りなく無難に相対する術の一つ。

当たり前ですが他人を変えるのは難しく、指摘したからと必ず改善に向かうとは限りませんが、先々の長い付き合いを考えると、嫌だと思いを溜め込むのは良くありません。

怒りを突きつけるといった姿勢ではなく、改善をすることで良好な関係を相手と築いていくため、そんな気持ちを持って伝えることが重要ポイントです。

 

| 4.モヤモヤした気持ちになることが、案外多くあるという

狭量な上司と対立しないということ。狭量な上司のケースでは、理不尽なことを言われてモヤモヤした気持ちになることが、案外多くあるというもの。

狭量な上司の中には部下にプライドを傷付けられたくない、そんな具合に考えている者もいて、否定しても火に油の状況になりかねず、できるだけ対立することは避けます。

どうしても納得できないような問題がある時は、分からないので教えて欲しい、そういった態度で接するのが、当たり障りなく無難に相対する術の一つ。

困った時にサポートを求めたり、上司の得意分野に関連した質問をしたりと、頼りにしているといった姿勢を見せるのも一手です。

 

 

 


狭量な人と世間では呼ばれる人もいるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.するのに比べ、狭量な人は損得感情で物事を判定すると

物事を損得勘定で判定するということ。心の広い人は相手の利益になるように、その場に相応しい振る舞いをするのに比べ、狭量な人は損得感情で物事を判定するというもの。

物事は損得勘定が先に立ち、己自身が得するか損するのか素早く計算し、損になると感じれば先延ばしにしたり断ることになりかねません。

損をすることには決して首は突っ込みませんが、己自身がサポートしたり何かをしてあげた時には、態度を変えて見返りを求めます。

 

| 2.態度に露わにすれば周りの人たちは困惑することにもなる

苛立ちを露わにするということ。誰にでもイライラすることはあるものですが、態度に露わにすれば周りの人たちは困惑することにもなるもの。

結果的に、例え苛立った時も何とか気持ちを収めようとしたり、態度に出さないよう我慢する人は大勢います。

狭量な人は周りが見えていないといったこともあり、つい苛立っていることを態度に露わにしてしまうことが多々あります。

些細な物事でも気に入らないことがあると、気分を損ねがちでイライラすることが多い傾向にあります。

 

| 3.己自身とって都合が良いことしか受け入れないというもの

都合が良いことしか受け入れないということ。狭量な人は周囲の人たちの気持ちなど考えず、己自身とって都合が良いことしか受け入れないというもの。

気に入らないような規則を守らなかったり、やりたくない仕事などは他者に押し付けたりすることが頻繁にあります。

このように他人にどう映るかというよりも、己自身の気持ちが最優先で行動しがちなところがあります。

 

| 4.己自身の誤りを素直に認めるようなことができないという

誤りを認めないということ。狭量な人に良く見られるのが、己自身の誤りを素直に認めるようなことができないというもの。

ミスを正直に認め謝罪するのは、それなりに気まずいところがあり、仕事もできない人間と捉えられると考え、隠したくなることになりかねません。

狭量な人にすれば、こうした心の葛藤に打ち勝って素直に非を認める、そんな態度を取るのは難しいといったことになります。

 

 

 


狭量な人間とは何かを掴むことが大事、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.自信を抱けないので、嫉妬したり束縛が多くなりがちと

嫉妬心が強いといった心理状態。狭量な人に見られるのが、己自身に自信を抱けないので、嫉妬したり束縛が多くなりがちというもの。

恋人を奪われないかという不安感が湧き起これば、結果的に嫉妬心も一層強くなり、払拭するように束縛が激しくなりがちです。

嫉妬心を前向きな力へと変えられれば良いのですが、狭量な人ではそうはいきません。

 

| 2.他人の失敗を容認できないところがあるというものです

他者の失敗を許容できないといった心理状態。狭量な人に良く見られるのが、他人の失敗を容認できないところがあるというもの。

他者の失敗によって己自身が迷惑を掛けられたケースでは、相手に対して強く非難するということに繋がりかねません。

それは相手向かって威圧感やプレッシャーを感じさせる、そういった態度へと結び付くかも知れません。

 

| 3.人からの評価を気にし過ぎる傾向にあるというものです

人の評価を気にし過ぎているといった心理状態。狭量な人に見られるのが、人からの評価を気にし過ぎる傾向にあるというもの。

人からどう思われるかを気にし過ぎる余り、己自身の評価が下がらないよう保身に走ることにもなりかねません。

また己自身の評価が下がるような相手とは付き合わないなど、打算的に行動することに繋がっています。

 

 

 

まとめ

接し難いと感じる人も多くいます。ここでは、狭量な人はサイコパスかも知れない、また当たり障りなく無難に相対する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。