本当の自分が分からないのは困惑するもの、理解して先へと邁進する術



人生を過ごす中で、本当の自分が分からない感じを覚えることがあるもの。そんな本当の自分がわからない時は、自分の本質が不安になることにもなりかねません。

自分を見失なえば、考え方だったり行動などにも自信が持てなくなり、自己肯定感やモチベーションが下がってしまうことにも繋がりかねません。

本当の自分がわからないのは病気の場合もありますが、社会人でも高校生でも望む方向性を理解していなければ、意志決定する際にも迷いが生じます。

更に、プライドが高い人の場合、一見自我が強くも見えますが、実際は失敗した時の自分が受け入れられず、何も手に付かない状態に陥りやすいとされています。

そうなれば、本当の自分がわからないと診断に頼ることにもなりかねず、注意が必要ということに繋がりかねません。

ここでは、本当の自分が分からないのは困惑するもの、理解して先へと邁進する術を紹介しています。

 

 

 


本当の自分が分からないのは困惑するもの、理解して先へと邁進する術


 

| 1.先ずは充分にリラックスできる時間を設けるというもの

休息を取るということ。本当の自分が分からない時は、心身の両方で疲弊している可能性が高く、先ずは充分にリラックスできる時間を設けるというもの。

休息は非常に大切なもので、疲れている状況での思考パターンというのは、往々にしてマネガティブな方面に傾いていることにもなりかねません。

嫌なことを忘れられる時間を設けることが重要なポイントで、休息を取り気持ちをリセットするのが、理解して先へと邁進する術の一つ。

更に、リラクゼーションだったりメディテーションなど心地が良い休息方法は、自らの内面に向き合う切っ掛けにもなります。

 

| 2.客観的に見るため、現在の感情をリストアップしてみる

自分の感情をリストアップするということ。本当の自分が分からない時は、自分自身を俯瞰して客観的に見るため、現在の感情をリストアップしてみるというもの。

単語を書くだけでも良く、自分の思考パターンや感情をリスト化する作業はジャーナリングや自己対話と呼ばれ、自分を知るためには最良ともいえるやり方です。

誰に見られる訳でもないので、押し殺していた感情を素直にリストアップしてみれば、何に価値を感じているのかも判明する、理解して先へと邁進する術の一つ。

 

| 3.踏み出せなかった場合、先ずはポジティブな考え方を意識

ポジティブに考えてチャレンジするということ。失敗することが怖くて挑戦に踏み出せなかった場合、先ずはポジティブな考え方を意識するというもの。

例え失敗に終わったとしても、それは汚点となるのではなく、反対に貴重な経験ができたという財産にもなる、理解して先へと邁進する術の一つ。

そうした前向きな考え方ができれば、自ずと挑戦することへの恐怖心も薄れて、能力をはじめ課題や弱点など、客観的に知るような良い機会ともなります。

 

| 4.意見を、第三者に尋ねてみるのも効果的なやり方という

自分への第三者の意見を尋ねてみるということ。本当の自分が分からない時は、自分に対する意見を、第三者に尋ねてみるのも効果的なやり方というもの。

特に家族であれば、長年自分のことを見てきている身近な人間なので、どういった傾向があるのか簡単に答えてくれる、理解して先へと邁進する術の一つ。

友人や恋人などある程度以上の親密さがある相手なら、家族でなくても自分自身がどんな人間なのかを客観的に捉えてくれています。

 

| 5.カウンセリングを受けてみるやり方もあるというものです

カウンセリングを受けてみるということ。親しい人に相談がし難い場合、病院やメンタルクリニックなどで、カウンセリングを受けてみるやり方もあるというもの。

特に、幼少期に親から過干渉を受けたといった過去を持つ人や、病気なのかも知れないと不安が湧き上がる人にはお勧めです。

精神疾患にならないよう診療して貰うのは、現代社会では珍しいものではない、理解して先へと邁進する術の一つ。

 

 

 


本当の自分がわからない演技もあるもの、注意しておきたいその原因面


 

| 1.プライベートにしても、没頭できることを持っていない

没頭できるものがないということ。本当の自分がわからない人に見られるのが、ビジネスにしてもプライベートにしても、没頭できることを持っていないというもの。

没頭できる事柄があるということは時間を忘れて集中できるといったことにも繋がり、その中で高みを目指したいといった気持ちが芽生えます。

ネガティブ状態を打ち消していくのは、ポジティブではなくて没頭であるとも言われることもあります。

 

| 2.取り柄などを思い付かず人に伝えられないというものです

取り柄などを思い付かないということ。本当の自分がわからない人に稀に見られるのが、取り柄などを思い付かず人に伝えられないというもの。

言うのに多少時間がかかることもあり、1つでも言えれば上出来ですが、問題になるのが何一つ思い浮かばない時です。

長所と言えるものが全く見つからず、結果的に自分がどんな人間なのか説明できません。

 

| 3.具体的に目標になるものを何も持っていないというもの

目標がないということ。本当の自分がわからない人に見られるのが、具体的に目標になるものを何も持っていないというもの。

自分の気持ちが理解できないのは、多くの面で何をしたいか表面に出てこないことに結び付いています。

仕事にしてもプライベート面でも、何かの到達したい目標があると、それはやりたい物事がある証になります。

 

| 4.多々見られるのが、周りの人たちに合わせすぎていると

周りに合わせ過ぎているということ。本当の自分がわからない人に多々見られるのが、周りの人たちに合わせすぎているというもの。

自分がどうしたいのかというより、周囲の人たちに反感を買わないようにという考えが先行していて、空気を読み過ぎていった状態です。

もちろん周囲に合わせることは悪いわけではなく、他の人とのコミュニケーションを図る上では重要です。

 

 

 


本当の自分がわからないのは苦労するもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.見出せない、そんな状態を引き起こしているというもの

どんなことも楽しめないという心理状況。いつも同じような日常に嫌気がさしてしまって、何をしても楽しみが見出せない、そんな状態を引き起こしているというもの。

楽しめない自分自身に対する疑問だったり不安感が大きくなって、本当の自分が分からないということにもなりかねません。

 

| 2.自分自身のありのままの姿を受け入れることを指すもの

自己受容が苦手という心理状況。自己受容は短所はもちろんネガティブ感情も含めた、自分自身のありのままの姿を受け入れることを指すもの。

自らの悪い部分を直視することに恐怖心を抱いて目を背けてしまえば、考え方だったり本音にも蓋をすることになりかねず、本来の自分を見失うことにもなりかねません。

 

| 3.恥ずべきことでも誰かに咎められるものではないという

失敗を怖れているという心理状況。もともと失敗することは成功への一歩であり、恥ずべきことでも誰かに咎められるものではないというもの。

失敗したときの自分自身を受け入れられないといった強い思いがあり、新しいチャレンジを避けることにもなりかねません。

結果的に、無難な選択をすることが続くので、本当の自分が分からないことへと結び付きかねません。

 

 

 

まとめ

自分の本質が不安になることにもなる。ここでは、本当の自分が分からないのは困惑するもの、理解して先へと邁進する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。