逆転したいのは何もかもうまくいかない時から、上手に布石を打つ術



人生を過ごしている中には、何もかもうまくいかない時もあるもの。仕事をはじめ恋愛や人間関係など、何もかもうまくいかないときがあります。

思いを寄せていた相手に自らの気持ちが受け入れて貰えない時や、立て続けに仕事でミスが続くなどは、非常に厳しい立場ともなりかねません。

何もかもうまくいかない時期は精神的にも落ち込むことになりますが、実際には何もかもが酷い状況ではないといったケースが多いのも一方の事実です。

何もかもうまくいかない時には、好きな曲を聞いたり神社でお参りするなどの対処法も欲しくなります。

ただ意味のないものに自らを感じる、そんな心の傾倒は防ぎ難く警戒が必要にもなりかねません。

この場では、逆転したいのは何もかもうまくいかない時から、上手に布石を打つ術を紹介しています。

 

 

 


逆転したいのは何もかもうまくいかない時から、上手に布石を打つ術


 

| 1.そんなネガティブな自己暗示をかけてしまう傾向がある

全て上手く運ぶと自己暗示をかけるということ。何もかもうまくいかないことが続けば、知らない間にまた上手くいかないのでは、そんなネガティブな自己暗示をかけてしまう傾向があるもの。

そんな負のスパイラルから抜け出すには、何とか逆方向の上手くいくという暗示を、自分自身にかけることが重要な、上手に布石を打つ術の一つ。

靴の履き方の左右の順などを決めるなどで、験担ぎをして上手くいくと心に言い聞かせることは、本番で力を発揮しなくてはならないアスリートなどもやっています。

 

| 2.一人で思い悩んでいても、何も良い変化は訪れないという

心身共にリフレッシュするということ。何もかもうまくいかない時に悩みの種が尽きないと、一人で思い悩んでいても、何も良い変化は訪れないというもの。

そんな時必要なのが心身のリフレッシュで、踏ん切りを付けて好きなことに没頭する時間を設ければ、悩みからも開放され気持ちがリセットできます。

精神的な悩みは身体の不調にも繋がりかねず、レフレクソロジーなどを活用してケアをするのも、上手に布石を打つ術の一つ。

 

| 3.成長をさせてくれる、糧となっていくことも多いという

失敗の経験を次に活かすということ。上手くいかなかった辛い経験、それは先々で自分の身になって成長をさせてくれる、糧となっていくことも多いというもの。

人間は何事も自分自身が経験しないと本当には理解はできないもので、辛さは時間の経過とともに薄れていくものです。

辛い時期かも知れませんが、何もかもうまくいかない時こそ踏ん張りどころで、失敗の経験を次に活かすのも、上手に布石を打つ術の一つ。

 

| 4.できることを見失っている、そうした可能性があるという

できることを確実にするということ。何もかもうまくいかない時は、その思いに捉われ過ぎで、できることを見失っている、そうした可能性があるというもの。

楽な気持ちで結果が出せることや得意なことを済ますようにして、達成感を積み重ねることで自信を取り戻すのが、上手に布石を打つ術の一つ。

ほんの小さな成功の積み重ねが、やがては何でも上手くいくよう自分を変える、そんな姿へと方向転換するステップになります。

 

| 5.不満ばかりが溜まり、何もかもうまくいかない時を迎える

当たり前に感謝するということ。同じ環境に長く居続けている場合、あらゆること当たり前となりすぎて不満ばかりが溜まり、何もかもうまくいかない時を迎えるというもの。

身の回りの全てに感謝の気持ちを持つことが大切で、現状に恵まれているとか幸せと意識を新たにするのも、上手に布石を打つ術の一つ。

自分の態度が横柄になりすぎていないなど反省してみることで、心の持ち方も変わっていき、人間関係も好転していくことに疑いはありません。

 

 

 


何もかもうまくいかない時は何かあるもの、注意しておきたい原因面


 

| 1.自分自身を高めていくためには、必要不可欠なものという

目標や理想が高すぎるということ。目標だったり理想というのは、自分自身を高めていくためには、必要不可欠なものというもの。

但し、自分が抱いている目標達成ができなかったり、理想に届かなかったりすると、イライラが募り何もかもうまくいかない時が訪れることにもなりかねません。

現在の自分に手の届かないような高いハードルを設定し過ぎると、努力しているのに上手くいかないと感じることにもなりかねません。

 

| 2.良い人間でも、大なり小なりと必ず失敗は付きものとも

失敗から学ぼうとしないということ。どれほど優秀で頭が良い人間でも、大なり小なりと必ず失敗は付きものともいうもの。

それを失敗だと認めて、成功させるにはどうすれば良いか考えているので、物事は前向きに進むことになります。

但し、失敗から学ぼうとしない人は、認めなかったり他の人に責任転嫁する傾向があり、何もかもうまくいかない時を迎えかねません。

 

| 3.失望感も募って何をしても上手くは運ばないというもの

良かれと思う行動で失敗したということ。良いことだと思った行動が裏目に出てしまった場合、失望感も募って何をしても上手くは運ばないというもの。

自分の行動の理由を理解している自分自身が先ずは味方になることが必要で、やろうとしたこと自体を良いことと認識するようにします。

 

| 4.大きなミスを犯してしまい、気にせずにいられないという

仕事で大きなミスをしてしまったということ。何もかもうまくいかない時に見られるのが、仕事で大きなミスを犯してしまい、気にせずにいられないというもの。

日々、職場で高い評価を得るため成果を残していこう、そうした状況下での大きな失敗は非常に辛いものです。

そのショックが尾を引き、全てが駄目と感じられる心境に陥ることもあります。

 

 

 


何もかもうまくいかないときは様々なことも、知っておきたい心理状況


 

| 1.自らが認めることで信念は貫くことができるというもの

自己肯定感が低いという心理状況。自分にとり最大の味方は自分自身というもので、周囲の誰が認めてくれなくても、自らが認めることで信念は貫くことができるというもの。

ただの自己暗示ということもできますが、それが心をポジティブにしてくれるのは確かです。

但し、何もかもうまくいかないときに自分が認められない状態になれば、心が段々と後ろ向きになることにもなりかねません。

 

| 2.そんなリスクを考えると、怖くて動けなくなるというもの

諦め癖が付いているという心理状況。失敗して誰かに叱責されたり迷惑をかける、そんなリスクを考えると、怖くて動けなくなるというもの。

そうした不安に勝てず、何をするにもどうせ上手くはいかないといった潜在意識に囚われる人もいます。

こういった諦め癖というのは非常に厄介で、一旦身に付いてしまえば、なかなか気持ちを前向きにはできません。

 

| 3.何もかもうまくいかないときが訪れることがあるものです

人と比較してしまうという心理状況。他の人と比較してしまう場合、自分に対する低評価が生まれることがあり、何もかもうまくいかないときが訪れることがあるもの。

人はそれぞれに得意分野があったり苦手なことがあり、考え方ややり方など全てが異なっていて当たり前というものです。

ある部分だけに注目して人が優れているよう感じてしまえば、自分に対する評価も必要以上に低く感じられることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

防ぎ難く警戒が必要にもなりかねません。ここでは、逆転したいのは何もかもうまくいかない時から、上手に布石を打つ術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。