不気味な人は上手く交わしたいもの、方策を練って向き合っていく術



身近なところにも、不気味な人がいるもの。一見すると良い人に見えますが、本心は態度とは正反対のことを考えているような人。

見た目が不気味な人間は一旦横に置き、日々を平穏に過ごしたい人にとっては、豹変するような不気味な人は困ってしまうことにもなりかねません。

何かが生じた際に突然衝動に駆られるように目つきが変わるのが不気味な人で、本当に恐怖を煽るようなところがあります。

不気味な人形が夢に出てくるような目付きが変わるときは、会話をしていて地雷を踏まれたり、イライラが頂点を迎えたりしたタイミングです。

なので、不気味な人の夢など見ないよう、早めに察知することが良いのは間違いありません。

ここでは、不気味な人は上手く交わしたいもの、方策を練って向き合っていく術を紹介しています。

 

 

 


不気味な人は上手く交わしたいもの、方策を練って向き合っていく術


 

| 1.良くも悪くも相手の存在を意識してしまうことになるもの

意識せずマイペースで行動するということ。不気味な人が身近にいる場合、良くも悪くも相手の存在を意識してしまうことになるもの。

但し、他人本位になるほど相手側に操られやすく、意識もしないで自分の思い描く形から遠く離れた生き方なりかねません。

人生の主役は疑いなく自分自身で、人に流されるような自らの存在価値を下げるような行動は非常にもったいないものです。

自分本位の生き方をしてマイペースで行動することで、不気味な人存在にも左右されない、方策を練って向き合っていく術の一つ。

 

| 2.与えやすく、意識しないで利用されることに繋がるという

程よい距離感を維持するということ。不気味な人との距離が近過ぎれば付け入る隙を与えやすく、意識しないで利用されることに繋がるというもの。

先ずは程よい距離感を維持するのが大切ですが、露骨に避けようとすれば、不気味な人に不快感を湧かせて敵認定されてしまうことにもなりかねません。

最低限の挨拶だったり返答はは欠かさないようにし、それ以上の接点は持たないよう心掛けるのが、方策を練って向き合っていく術の一つ。

 

| 3.個人情報は開示しすぎない、そうした姿勢も重要という

自己開示をしすぎないということ。不気味な人から距離を取るには、自分のプライベート面や個人情報は開示しすぎない、そうした姿勢も重要というもの。

ある程度の自己開示は他の人とコミュニケーションを図るには大事ですが、噂好きな人に話でば、いつの間にか内容が広まることにもなりかねません。

自己開示だったり相談事は信頼できる相手だけに限るようにして、聞き出そうとする不気味な人の耳に入れないのが、方策を練って向き合っていく術の一つ。

 

| 4.稀に賛同していると捉えられる可能性があるというもの

噂話や陰口の場に参加しないということ。噂話を単純に聞いているつもりでも、不気味な人に稀に賛同していると捉えられる可能性があるというもの。

万が一不気味な人とトラブルが発生した時、同じことを思っていると言われて、気づけば面倒な問題へと巻き込まれてしまうことにもなりかねません。

陰口や噂話で盛り上がる輪の中には極力入らないようにし、余計な誤解を招かないのも、方策を練って向き合っていく術の一つ。

 

| 5.正々堂々とした態度で接するのも、非常に効果的な対処法

正々堂々とした態度で接するということ。不気味な人に対して臆することなく、正々堂々とした態度で接するのも、非常に効果的な対処法というもの。

ターゲットにされないかを警戒する余り、話し掛けられるだけで挙動不審になるのは、コントロールしやすそうと一層興味を持たれかねません。

不気味な人にどんな態度を取られても、普段通りに接した方が精神的強さを見せられ攻撃され難くなる、方策を練って向き合っていく術の一つ。

 

 

 


夢占いの不気味な人も世間にはあるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.感情が見えず、何を考えているのか分からないというもの

本心が見えないということ。不気味な人に見られるのが、人の良い振りをしても感情は見えず、何を考えているのか分からないというもの。

不気味な人は自己開示などはせず、いかに良いポジションを取れるかを第一に考えて、人間関係を築いています。

なので、表面上は楽しそうに笑っていても、心の中では相手を批判していることも珍しくはありません。

 

| 2.メリットやデメリット、そんなことを考えているという

常に損得勘定で考えるということ。不気味な人は常に自分にとってのメリットやデメリット、そんなことを考えているというもの。

対人関係も自らに利益があるかで判断するので、上司には愛想よくしても、部下は冷たく扱うことも多々あります。

良く言えば世渡り上手にも聞こえますが、見返りだけで関係を築いていこうこうとする冷徹な一面を持っています。

 

| 3.見られるのが、人によって態度を豹変させるというもの

人によって態度が豹変するということ。人間関係を損得勘定で考えていることに繋がりますが、不気味な人はに見られるのが、人によって態度を豹変させるというもの。

仲良くしておいた方が都合が良い相手には、媚びを売って近づこうとしますが、そうでない相手には見向きもしません。

自分本位の打算的あり、これまで親しかった人に手の平を返すような冷たい態度に出ることにもなりかねません。

 

| 4.味方の振りをして距離を縮め、他人を操作しようとする

人を操作しようとするということ。不気味な人はに見られるのが、巧妙な言葉で味方の振りをして距離を縮め、他人を操作しようとするもの。

気さくな感じで仲の良い友人関係を築きながら、相手をネガティブな状態に陥らせるため、密かにコントロールをしています。

良い人物を装っているので、内心が不気味な人と気付かれることもなく、他人の不幸を楽しむ恐ろしい一面を持っています。

 

 

 


不気味な人には様ざまな面が見られるもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.疑い深いところがあり、他人を信用することができない

他人を信用できないという心理状況。不気味な人は非常に疑い深いところがあり、他人を信用することができないというもの。

幼少期の環境が悪かったり、信頼していた人に裏切られたりと、過去のトラウマも関係していることもあり、他人を信用するのに恐怖心を抱いています。

一人で生きていかないとといった決心が態度を強張らせ、周囲の人たちに威圧感を与えることもあります。

 

| 2.非常に低く、ありのままの自分が認められないというもの

自己肯定感が低いという心理状況。不気味な人は基本的に自己肯定感が非常に低く、ありのままの自分が認められないというもの。

自分に満足することがないので、どうしても他人と比較してしまい、境遇の差に勝手にコンプレックスを抱きかねません。

結果的に、他人に対して強烈な嫉妬心を持つことも多く、沸き上がった暗い感情が恐ろしい思考を生み出しかねません。

 

| 3.目がないところがあり、ことが起これば真っ先に現れる

野次馬気質という心理状況。不気味な人は他人のトラブル発生に目がないところがあり、ことが起これば真っ先に現れるというもの。

心配そうな顔を見せながら、内心ではただの興味本位だったり話のネタになるなど、本気で解決しようとすることはありません。

 

 

 

まとめ

本当に恐怖を煽るようなときがあります。ここでは、不気味な人は上手く交わしたいもの、方策を練って向き合っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。