賢明な人に何とかなりたいもの、年齢に関係なく転換していく具体策



身の回りを見渡すと、賢明な人がいるもの。情報が洪水のように氾濫している現代社会では、賢明な判断をすることが重要なスキルということにもなりかねません。

賢明の意味を見れば「利口な人は問題を解決する。 賢明な人は問題を避ける。」と言われるように当初から無理はしないことになります。

賢明な人とは困難が生じた時、視野を広げて心を落ち着かせることができるので、事態が緊迫してきたときには適切な判断を下せます。

但し、賢明な人でなければ、あまりに溢れた情報を受け取り続けることで、混乱してしまうということにもなりかねません。

なので、自覚がある際は、賢明さを学んで育てるということも重要なポイントとなります。

ここでは、賢明な人に何とかなりたいもの、年齢に関係なく転換していく具体策を紹介しています。

 

 

 


賢明な人に何とかなりたいもの、年齢に関係なく転換していく具体策


 

| 1.全ての答えなど持ってはいないこと言い聞かせるという

自らの限界を認識するということ。賢明な人になるには、自分の知識の限界を先ず認識し、全ての答えなど持ってはいないこと言い聞かせるというもの。

定義の上では、人間の視点は経験と立場で制限され、自分には当たり前のことでも、他人からすれば全然違うことになるかも知れません。

知的な謙虚さが実践できるかが真の賢明さの尺度で、新しい情報に会った時に、間違いを認めたり視点変更ができる姿勢も、年齢に関係なく転換していく具体策の一つ。

 

| 2.どう進化して、変化していくかを想像するというものです

多様な形を想像するということ。賢明な人になるためには、複数の形を考えて、それらが時間とともにどう進化して、変化していくかを想像するというもの。

現在の状況だったり条件を考え判断することは非常に良いことですが、視野を広げるのは更に望ましい、年齢に関係なく転換していく具体策の一つ。

自らの決断が他の状況下でどういう風に受け止められるかとか、また時間が経過するにつれ、他の人たちにどんな影響を与えるかを想像します。

 

| 3.他者の視点を認めて評価することが重要になるというもの

他人者の視点を認めるということ。自分自身の限界を認識することに密接にリンクしているのが、他者の視点を認めて評価することが重要になるというもの。

脳は良く手抜きをすることがあり、取り入れにくいような情報は軽視したり無視するので、他人の視点を理解して受け入れることが難しくなります。

賢明な人になるには、相手を理解しようという姿勢と、異なる意見を大切にする態度の両方が必要となる、年齢に関係なく転換していく具体策の一つ。

 

| 4.距離感といった視点が、特に有用で効果的になるという

自分との距離感ということ。賢明さを育んでいくには、自分自身との距離感といった視点が、特に有用で効果的になるというもの。

人間は自らを三人称で考えると、より賢明な選択ができる傾向にあるとされ、判断を鈍らせる個人的な感覚が取り除かれ一層客観的な思考になります。

難しい選択に考えを巡らせる際は、少し視点を変えて感情的にならず、自分との距離を考えるのも、年齢に関係なく転換していく具体策の一つ。

 

| 5.より一層良い判断ができるといった傾向があるというもの

直感を信じるということ。人間は自分の反応に注意を向けると、より一層良い判断ができるといった傾向があるというもの。

賢明さとは純粋に思考から生まれる気がしますが、精神的なものが果たす要素もあり、状況に対する自らの反応を精査し直感を信じるのも、年齢に関係なく転換していく具体策の一つ。

このように物事は合理的に判断した上で、直感と情緒を働かせ自らの反応に目を向けることで、より賢明な決断ができるようになります。

 

 

 


賢明な人には様ざまな面が見られるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.これは賢いといったインパクトを覚えることがあるという

知識が豊富ということ。相手が未知の物事を知っていた時、これは賢いといったインパクトを覚えることがあるというもの。

知識の量は、その人物を尊敬できるか見極める場合に、分かりやすい指標とも言えるかも知れません。

但し、賢明な人のように教養と常識とが揃っていてこそ、そうした吸収した知識を仕事や私生活で活用することができます。

充分な知識量だったり経験に基づく自信の伴う判断は、精神的自立を支えていることに疑いはありません。

 

| 2.起こすので、決して無責任な状態でいることはないという

周りの人の意見には流されないということ。賢明な人は自らが考えた上で発言をして行動を起こすので、決して無責任な状態でいることはないというもの。

なので、周りの人たちの意見に流されてしまうようなことがなく、いつでも揺るぎない自分の芯を持っています。

自分で物事を判断するので、もし上手くことが運ばなくても誰かの責任にすることようなことはなく、最後まで完遂する責任感があります。

このような周りに流されないという態度が、先々への深い理解に繋がって、機転も利くようなイメージの一因ともなります。

 

| 3.全てを話さなくてもこちらの意図を分かってくれるという

話の理解が早いということ。賢明な人は一度の説明で、話の全体像を理解したり、全てを話さなくてもこちらの意図を分かってくれるというもの。

賢明な人は日頃から周りを良く見ていて、自らの仕事だけでなく、事業の全体像を的確に把握していて、必要に応じ一緒に仕事をする人たちの人間関係も掴んでいます。

豊富な知識に加えて、話の全体像を想像する力だったり、相手の伝え方のニュアンスも掴んでいるので、コミュニケーションは非常にシンプルです。

 

 

 


賢明な判断の意味を把握することが大事、知っておきたいその心理状況


 

| 1.周囲の人たちが慌てている時も冷静沈着に対応できている

冷静沈着という心理状況。賢明な人に見られるのが、周囲の人たちが慌てている時も冷静沈着に対応できているというもの。

他の人から賢明な人に思われる人物は、様ざまな知識だったり経験を積んでいることも多く、広い視野で物事を多角的に捉えることができます。

結果的に、イレギュラーなことが生じたとしても、あまり動揺するようなことはなく、決して感情的になることはありません。

これは感情的になることで、周囲の人たちに悪影響を与え、問題解決を遠ざけることを理解しているからに他なりません。

 

| 2.自信を持っていることだったり、自分を好きであるという

自己肯定感が高いという心理状況。賢明な人の第一の条件は、自信を持っていることだったり、自分を好きであるというもの。

判断力だったり洞察力に優れている賢明な人は、それを的確に相手に対して伝えることができます。

そのためには自らを認めていることが大前提となり、肯定できていることが賢明な人への大切な要件になります。

 

| 3.無駄なことには時間を費やすことがないというものです

非常にポジティブという心理状況。賢明な人は非常にポジティブで合理的なところがあり、無駄なことには時間を費やすことがないというもの。

なので、例えミスを犯しても何時までも引き摺るようなことはなく、時間を無駄にすることなく、どうすれば良くなるかを考えてすぐに次の行動へと移します。

人間関係においても必要以上に群れないで敵を作らず、仲間は多く敵は少ない方が、仕事は円滑に進むことを知っています。

 

 

 

まとめ

当初から無理などしないことになります。ここでは、賢明な人に何とかなりたいもの、年齢に関係なく転換していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。