愚かな人間の末路も厳しいものがある、一呼吸置き冷静さを取り戻す術



身の回りを見渡すと、愚かな人間がいるもの。声には出さないにしても、愚かな人間がいお前であると言いたいような人がいます。

露骨に理解力が不足していたり、コミュニケーション上の問題があるといった人もいるかも知れません。

但し、もしかするとしたら愚かな人間と思っている相手は、自分とかけ離れているようなタイプで、思考だったり行動パターンにコミュニケーションの仕方が食違っているだけかも知れません。

もしそうなら、相手もこちらをを理解できず、愚かな人間と認識している可能性も否定はできません。

なので、愚かな人間とは何かという意味を詳しく知って、注意を払っていく必要も出てきます。

ここでは、愚かな人間の末路も厳しいものがある、一呼吸置き冷静さを取り戻す術を紹介しています。

 

 

 


愚かな人間の末路も厳しいものがある、一呼吸置き冷静さを取り戻す術


 

| 1.何事にしても想定している期待値が高すぎるというもの

相手に対する期待値を下げるということ。愚かな人間に対するムカつきには、何事にしても想定している期待値が高すぎるというもの。

期待値を下回れば下回るほど、怒りの感情が湧き上がり、その気持ちを抑えることができなくなるということにもなりかねません。

1つの秘訣としては、遅刻は絶対すべきでないからプライベートでは多少はありなど、高すぎる期待値を下げていくのも、一呼吸置き冷静さを取り戻す術の一つ。

 

| 2.なりやすくなるので、先ずは落ち着くことを最優先にする

深呼吸するということ。愚かな人間に苛立った時、行動が極端になりやすくなるので、先ずは落ち着くことを最優先にするというもの。

即効性があるのが深呼吸で、5秒程度で鼻から息を吸うときに、空気が身体を循環するイメージをし2秒間息を止め、10秒程度かけて息を吐く際は苛立つ気持ちが外に出るのをイマージします。

気持ちが落ち着くまで何回か繰り返すことが大切で、これだけで激しい行動を予防することもできる、一呼吸置き冷静さを取り戻す術の一つ。

 

| 3.一旦その場を離れることも重要なポイントというものです

その場を一旦離れるということ。深呼吸をしても愚かな人間に対する怒りが収まらなかったり感情的になっている場合、一旦その場を離れることも重要なポイントというもの。

感情的になっている状態の相手同士が一緒にいれば、ああ言えばこう言といった言葉になりかねず、互いに傷付け合ってしまうことにもなりかねません。

可能であれば議論することは横に置いて、その場を離れることも重要なポイントとなる、一呼吸置き冷静さを取り戻す術の一つ。

 

| 4.限界設定をすることが非常に大事になるというものです

限界設定をするということ。愚かな人間がムカつく行為を止めてくれない場合、限界設定をすることが非常に大事になるというもの。

限界設定とは、ここまでのことは許すが、これ以上のことは許さないといっった区切りの部分を意味します。

限界設定は強い主張で、愚かな人間の行動が目に余る時は、断固拒否するラインを明確に設定するのも、一呼吸置き冷静さを取り戻す術の一つ。

 

| 5.余裕を失って、相手に当たり散らしてしまうこともある

心に余裕を持つということ。愚かな人間にイライラしてしまう場合、心の余裕を失って、相手に当たり散らしてしまうこともあるもの。

自己肯定感と他者肯定感というのは、相関関係にあり繋がっているので、自分自身を否定的に見ていれば、他人も否定的に見ることになりかねません。

自己肯定感が高く心に余裕がある人は相手を許すような寛容さがあり、見習って普段から自分の心を豊かにしておくのも、一呼吸置き冷静さを取り戻す術の一つ。

 

 

 


愚かな人間どもよと叫びたくなることもある、注意しておきたい特徴面


 

| 1.経験したことが全てで、それ以外を認めることをしない

視野が狭いということ。愚かな人間は総じて非常に視野が狭いところがあり、自分の経験したことが全てで、それ以外を認めることをしないというもの。

それでは成長をすることができないので、年齢とともに退化することにもなりかねず、歴史に名を偉人たちは見分を広げることに重点を置いています。

主観的な狭い視野だけで考え、周囲を見ることをしないような人間からは、人も離れていくことにもなりかねません。

 

| 2.常に楽をして幸せになりたいと思っているというものです

努力を嫌って権利ばかり主張するということ。愚かな人間に見られるのが、努力することを嫌っていて、常に楽をして幸せになりたいと思っているというもの。

但し、権利の主張はうるさいほどするところがあり、努力もいないで主張ばかりする人には誰もが呆れ返ることにもなりかねません。

選挙に行くこともなく政治のことも学ばないで、政治家を馬鹿にする態度は、愚かな人間の真骨頂ということにもなりかねません。

 

| 3.原因があり職場を追い出されても、悪いのは会社という

反省しないということ。愚かな人間は反省をすることがなく、例え自分自身に原因があり職場を追い出されても、悪いのは会社というもの。

人間は幼い頃から失敗を繰り返して反省することで成長しますが、愚かな人間は自らのミスを認めず、周りの環境だったり人間のせいにしかねません。

周囲が悪いことにすれば自分自信が傷つかずに済みますが、反省をせず先に進めない、成長を捨てたのが愚かな人間です。

 

| 4.誰か弱い者を決めてターゲットにすることで自らを守る

弱い者いじめをするということ。愚かな人間はコミュニティ内で波風を立てりすることが多く、誰か弱い者を決めてターゲットにすることで自らを守るというもの。

愚かな人間はプライドが異常に高い反面、精神的にも弱いところがあり、グループの輪から外れないよう他の人を獲物にします。

 

 

 


愚かな人間には様々な面が見られるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.とることも嫌いなので、責任を負いたくないというもの

責任感のないという心理状況。愚かな人間は責任感がなく、努力することも、誰かの上に立ちリーダーシップをとることも嫌いなので、責任を負いたくないというもの。

仕事でミスをしても責任感が欠如しているので反省をすることがなく、無責任と追求しても響くことはありません。

例え自分が間違っていても周囲のせいにするので、責任感などというものは生まれません。

 

| 2.所属しているコミュニティの中で、上下関係を付けたがる

上下関係を付けたがるという心理状況。愚かな人間は自分が所属しているコミュニティの中で、上下関係を付けたがるというもの。

自分より下の立場の人を見つけ出して見下せば、その相手より優れていると思えるからです。

仕事でミスを見つけると、徹底的に攻撃をすることもあり、見下すことにより優越感に浸っています。

 

| 3.誇りが必要ですが、愚かな人間はプライドが高過ぎると

プライドが高過ぎるという心理状況。人間は成長するためや生きるために多少の誇りが必要ですが、愚かな人間はプライドが高過ぎるというもの。

自分が一番偉いと信じ込んでいるところがあり、プライドが高すぎるが故に、相手を傷付けてしまうことにもなりかねません。

自分を注意する人を敵と認識することも多々あり、滅多にお礼など言うことのないのは、プライドが高い愚かな人間にとっては、当たり前のことで言う必要がありません。

 

 

 

まとめ

お前であると言いたいような人がいる。ここでは、愚かな人間の末路も厳しいものがある、一呼吸置き冷静さを取り戻す術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。