頑張りが足りないから逆転したいもの、先々に向け奮闘していく具体策



人生を過ごしていると頑張りが足りないと思う時があるもの。努力できない自分自身が結果を残すには、どうすれば良いのか思い悩むことにもなりかねません。

仕事で頑張りが足りないなど、努力したいと思ってもなかなかできず、そんな自らが嫌になってしまうといった人は珍しくありません。

頑張りが足りないと悩む人の中には、そもそも自信がなく一歩を踏み出せない人がいる一方、過剰な完璧主義から途中で挫折してしまう人もいます。

但し、そもそも努力ができる人自体が多くない、そんなことを示唆する統計も数多くあります。

なので、頑張りが足りないと言われるからと諦める必要はなく、なぜかを認識して是正する必要が出てくることにもなりかねません。

ここでは、頑張りが足りないから逆転したいもの、先々に向け奮闘していく具体策を紹介しています。

 

 

 


頑張りが足りないから逆転したいもの、先々に向け奮闘していく具体策


 

| 1.第一歩として、具体的に目標をリストアップするという

具体的に目標をリストアップするということ。頑張りが足りないを脱却するための第一歩として、具体的に目標をリストアップするというもの。

目標をリスト化することの大切さは、自己啓発をはじめとして様々な色々なところで目にしますが、成功率が上がったという報告は数多くあります。

目標に向けどのように行動するのを考えれば、ポジティブな気持ちも湧き上がってくる、先々に向け奮闘していく具体策の一つ。

 

| 2.先ずは5分間だけ頑張るということを意識するというもの

5分だけ頑張るということ。頑張りが足りないを脱け出すための効果的なやり方が、先ずは5分間だけ頑張るということを意識するというもの。

目標を決めたとしても、行動する以前に色々と考えるほど、行動に移せなくなってしまうということにもなりかねません。

やる気が出ない日は、作業興奮を活用することが大事になり、これは作業を始めれば脳が刺激を受け、やる気の出るホルモン分泌されるというものです。

行動をスタートしてしまえば、後は作業興奮という作用が働いて勝手にやる気も高まる、先々に向け奮闘していく具体策の一つ。

 

| 3.努力ができるように、報酬を用意してみるのも効果的と

報酬を用意するということ。頑張りが足りないという殻を破っていくためには、努力ができるように、報酬を用意してみるのも効果的というもの。

頑張りが足りない人というのは、楽をしようとする傾向があるので、つい面倒臭くなってしまうのが人間というものです。

こういった報酬を用意すれば、脳からドーパミンと呼ばれるホルモンが分泌され行動促進に繋がる、先々に向け奮闘していく具体策の一つ。

 

| 4.仲間を作ってみる、そうした行動も効果的というものです

共に頑張る仲間を作るということ。頑張りが足りない人は、一緒に努力していく仲間を作ってみる、そうした行動も効果的というもの。

人間は他の人間に対して良い面を見せる傾向があるので、それを活用して仲間と励まし合って努力するようにします。

仲間と励まし合いながら行動することで、頑張りが続く可能性が高くなる、先々に向け奮闘していく具体策の一つ。

 

| 5.打ち破るには、努力するために環境を整えてみるという

環境を整えるということ。頑張りが足りないという閉塞状況を打ち破るには、努力するために環境を整えてみるというもの。

例を挙げると、英語の勉強であるならば、部屋にそういった場所を設けたり、カフェを学習の場所にしたりするなどです。

脳は場所と行動を密接にリンクさせているので、場所に行けば自然とやる気スイッチも入る、先々に向け奮闘していく具体策の一つ。

 

 

 


頑張りが足りないのがうつ病に繋がることも、注意しておきたい特徴面


 

| 1.努力する人のように我慢ができず、すぐに結果を求める

すぐに結果を求めるということ。頑張りが足りない人に見られるのが、努力する人のように我慢ができず、すぐに結果を求めるというもの。

確かに頑張るのは努力自体が目的ではなく、何か自分自身に目的があって、結果を残すためにするものです。

但し、余りにも結果を求める気持ちが強すぎれば、少しやって思った結果が出ない場合、期待していたものと違うと挫折することにもなりかねません

 

| 2.見られるのが、完璧主義的なところを持っているという

完璧主義ということ。意外かも知れませんが、頑張りが足りない人に見られるのが、完璧主義的なところを持っているというもの。

完璧主義なら物事を完全に成し遂げるのでは、そんな風に考える人も多くいますが、完璧主義者である故に求めすぎて頑張りが続かないということにもなりかねません。

頑張りが足りない完璧主義の人は、納得できないので、途中で挫折してしまうところがあります。

 

| 3.意味がない、そんな風に思い込んでしまっているという

思い込みがあるということ。頑張りが足りない人に見られるのが、努力しても意味がない、そんな風に思い込んでしまっているというもの。

こういったタイプの人は、頑張らなくてはならない場面で、努力しても無駄というネガティブな思いが浮かんで目的に向かい行動することができません。

努力が報われなかった経験を持つ場合や成功体験が少ない人は、特にこのような気持ちになることにもなりかねません。

 

| 4.本当にしたいことではない可能性があるというものです

本当にしたいことではないということ。頑張りが足りないと悩む人の中には、取り組んでいることが、本当にしたいことではない可能性があるというもの。

誰かに強制されたことなどは、頑張ろうととしても自分が納得していない場合、努力するのが難しいのは当たり前のことです。

本当に自分自身がやりたいことではない物事に対し、時間だったり労力を割くのは良いこととはいえません。

 

 

 


頑張りが足りないのは子供にも見られる、知っておきたいその心理状況


 

| 1.趣味や娯楽など目先の楽しみへと流されてしまうという

誘惑に弱いという心理状況。頑張りが足りない人に見られるのが、趣味や娯楽など目先の楽しみへと流されてしまうというもの。

TVを見続けていたり、スマホでゲームをしているなど、身近にあるような誘惑に気を取られてしまうことにもなりかねません。

やらなければならない仕事などがあっても、まだ時間があると言って中々手を出すことができません。

 

| 2.他の人と比較する気持ちが強いところがあるというもの

他.人と比較しやる気を失うという心理状況。頑張りが足りない人に良く見られるのが、他の人と比較する気持ちが強いところがあるというもの。

全く比較しないという人は滅多にいませんが、比べる気持ちが強過ぎれば、まだやってもいない自分と、すでに努力を重ね結果を残している他人を見比べるということにもなりかねません。

自分のほんの小さな一歩が惨めに思えてきて、やる気を失って努力ができなくなるということにもなりかねません。

 

| 3.すぐに別のものに関心や興味を持ってしまうというもの

飽き性という心理状況。頑張りが足りない人に見られるのが、飽き性というところがあり、すぐに別のものに関心や興味を持ってしまうというもの。

頑張ろうと思っていても、一つの物事に向かって集中して取り組んでいくことが苦手なので、長続きがしません。

結果として、諦め癖がついてしまうことにもなりかねず、努力することが苦手になることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

また途中で挫折してしまう人もいます。ここでは、頑張りが足りないから逆転したいもの、先々に向け奮闘していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。