咳払いがうるさい人の心理を知ること、トラブルを避けながらの対処法


世の中には咳払いが癖になっているような人もいるもの。通常のは喉の違和感により生じますが、自然に起こる生理現象とも言えるもの。

これに対して咳払いは、意識的にするものという認識が広くあり、それほど良いイメージがなく不快に感じる人も多くいます。もちろん咳払いも違和感が喉にある時、異物を吐き出そうとする行為としてすることもあります。

更に喉の調子を調整する動きとして、口を閉じ咳をすることもあり、これらの行為は生理現象の一つ。ただ周囲の人たちの注意を引くため、意識的に咳払いをするうるさい人もいて、聞いたときには何だか苛立つことも。

これも一度であれば我慢も出来ますが、何度もやられると不快さが増し機嫌が悪くなる事に。ここでは、咳払いがうるさい人の心理を知ること、トラブルを避けながらの対処法を紹介しています。

 

 

 


病気や生理的なところが多いもの、無意識にしてしまう咳払いの原因面


 

| 1.成人してからもチック病が原因で、無意識の咳払いをする

チック病などを患っているということ。チック症やチックとも呼ばれるもので、本人の意思に関係なく唐突に無意識に繰り返す症状のこと。首振りや瞬きなどを繰返す運動性チックと、音声チックと呼ばれる咳払いや鼻を鳴らすなどを繰返すの二つの種類があります。

チック病は発達障害の一つとされますが、成人するまでには改善したり解消されることが多いもの。ただ成人してからもチック病が原因で、無意識の咳払いをする人がいます。悪意を持ってしているのではないのを理解することが大切。

 

| 2.鼻の病気が原因で咳払いをする時は、意識的な行動の一つ

の持病を持っているということ。鼻の病気が咳払いの誘因の場合、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎などが考えられます。鼻をはじめその奥にある副鼻腔という部位に炎症が起こり、鼻水が生じます。この鼻水が鼻でなく喉を通過すると不快を感じ、取り除こうと咳払いをします。

なので、鼻の病気が原因で咳払いをする時は、意識的な行動の一つ。注意をしたからと改善するとは考えにくいもの。こちらも悪意を持ってしているのではないのを理解することが大切。

 

| 3.人前での発表や面接など、何か行動する際に緊張すること

緊張で口の中がが乾いているということ。人間は人前での発表や面接など、何か行動する際に緊張することがあるもの。こうしたとき過剰な緊張が原因で喉が渇くので、結果として無意識のうちに咳払いをすることが多くなります。

更に、ストレスが誘因となり緊張や不安を感じ、喉の違和感を取り除こうと無意識に咳払いをすることも。咳払いの原因が緊張により口の中が乾いているのなら、飲み水などで口を潤すことで解決できます。

 

 

 


周囲へのアピールも多いもの、意図された咳払いがうるさい人の心理面


 

| 1.中断させられた人は、咳払いをした人物に意見を求める

相手に対して反対意見や脅しの目的ということ。話をしている最中の人に対し、途中で咳払いをすれば話すのを止めることもあるもの。

咳払いは相手に対し納得できない場合や、話に水を差したい時に利用できます。会話を中断させられた人は、咳払いをした人物に意見を求めるもの。

そうすると反対意見を言ったり、納得できない裏付けを話し始めることができます。これは敵対意識を示すときの咳払い。

 

| 2.咳払いをしてから話をするのは、話を始めるという合図

自分の存在を主張しているということ。大勢の人が集まった際、自身に注目を集めるため、咳払いをする光景を見ることも多いもの。

咳払いをしてから話をするのは、これから話を始めるという合図としても使われます。ただ何度もするとうるさくなります。

ただ意識的な咳払いは、それだけ人々の耳目を集める効果があるので、言葉で静かにと言うより、咳払いひとつで周囲が注目すれば効果大。

 

| 3.直接伝えられないので咳払いにより気付いて欲しいと思う

ダイレクトに注意ができないので、何とか伝えたいケース。人前で話をしている人に対し咳払いをする場合は、直接伝えられないので咳払いにより気付いて欲しいと思っています。

話している人物が本来の内容と間違ったことを話したり、不味い内容を喋っている時、咳払いをして話を中断させることができます。本来であれば直に伝えたいのですが、そういった状況にないケースでは意識的な咳払いを活用することも。

 

| 4.それをすることで緊張感が薄らぐこと、身体が知っている

神経質でストレスが溜まっているということ。咳払いがうるさい人は、神経が過敏でストレスが溜まっている人に多く見られる傾向。受験をはじめ、就職面接や告白をするときなど、人生の岐路とも言える重要な場面ほど緊張する人も多くいます。

神経質なタイプの人ほど咳払いが多くなり、これはそれをすることで緊張感が薄らぐことを、身体が知っているためと考えられています。

 

| 5.この話はしたくないというアピールから、意識的に咳払い

耳の痛い話しを聞かれたということ。家庭環境が複雑な場合など、人間誰しも人に聞かれなくない話があるもの。咳払いがうるさい人の心理の一つに、精神的に聞かれたくたくない話しを質問されたというものがあります。

なので、この話はしたくないというアピールから、意識的に咳払いをします。これを何度も繰り返すと、咳払いが面倒な人ということに。

 

| 6.周りの人たちが咳払いに迷惑を被っているとは気づかない

落ち着かない普段と違う精神状態ということ。自身が緊張状態に陥っているときには、意味もなく咳払いをしてしまうことがあります。

緊張により喉の渇きを覚えたり違和感を感じることで、喉の調子を整えようと意識的に咳払いをすることに。こんなときは自身のことしか目が向かず、周りの人たちが咳払いに迷惑を被っているとは気づかないもの。

 

 

 


覚えておくと役に立つ、咳払いがうるさい人へのダイレクトな対処策


 

| 1.飲み物を口にすると喉の調節ができ、咳払いも落ち着く

飲み物を渡してみるということ。喉の具合が悪くなっている人には、喉を潤すような飲み物を差し入れます。心配なのでと飲み物を渡せば、咳払いに関しては相手も気配りしてくれるもの。

また作為的な咳払いの人であれば、うるさいのかなと感じてくれるはず。生理的な現象などで咳払いしている人なら、飲み物を口にすると喉の調節ができ、咳払いも多少落ち着きます。

 

| 2.言いにくいので、プレゼントを使って不快感をアピール

のど飴をプレゼントしてみるということ。喉の調子が悪いときは、のど飴程度なら舐めていても許されるもの。渡す際は、喉の具合が悪そうなので舐めてくださいと付け加えると効果的。

咳払いがうるさい人に対し正面からは言いにくいので、プレゼントを使って不快感をアピール。相手にしても怒るよりもは感謝が先に立ち、咳払いがうるさいと悟ってくれることに。

 

| 3.マスクを付けたまま話をする人は少なく、自然に静かに

マスクを贈るということ。咳というとマスクをイメージする人も多く、咳払いがうるさい人にマスクを贈ることで、気を配って欲しいと伝えます。マスクを付けたまま話をする人は少なく、マスクをしていれば自然に静かにしようと思うもの。

咳払いは風邪の引きはじめにも出やすい症状なので、風邪気味の相手を心配してマスクを渡せば、すんなりと受け取って貰えます。

 

| 4.胸の内が伝わらない、直接的にうがいを勧めるのが有効

うがいを奨めてみるということ。物をプレゼントしても胸の内が伝わらない場合、直接的にうがいを勧めるのが有効。咳払いがうるさい人に際しては、時には直接的な言葉を掛けることも必要。

喉の異物が要因で咳払いをしている場合、うがいをすることで解決することもあります。また周囲の人たちに配慮が足りないこともあるので、咳払いがうるさいことを理由に上げうがいを奨めます。

 

| 5.心配をしてあげると、トラブルなく相手に注意喚起する

喉の心配をしてあげるということ。咳払いを戒めたいと思った際は、基本的に喉の調子を心配をしてあげると、トラブルなく相手に注意喚起することができます。

前述したような対処法をとり、相手の人物に咳払いを治すように背中を押してみます。また相手の喉の心配をするのと併せてなら、多少はストレートに咳払いがうるさい、そんな風に言っても大丈夫なもの。

 

 

 

 


こちらも要チェック!咳払いがうるさい人への波風を立てない対処策


 

| 1.耳栓なら周りの音もシャットアウトでき、気にならなく

耳栓をしたり音楽をイヤホンで音楽を聴くこと。オフィスで勤務している人は、仕事に支障があるので難しいかもしれませんが、うるさい咳払いが気にならなくなるもの。

音楽を聞くのは難しくても、耳栓なら周りの音もシャットアウトできるので、リラックスできたり集中力を高めたりできます。可能であれば、咳払いがうるさい人から離れるため、部屋や席の移動などは効果大。

 

| 2.上の立場の人間に相談をすること、円滑にその人物に対処

上司などに相談するということ。咳払いがうるさい人に直接的に言葉を掛けると、トラブルになる可能性もあるもの。そこで職場の上の立場の人間に相談をすることで、円滑にその人物に対処してもらうようにします。

直接の上司でも咳払いに言葉を掛けるのは難しいようですが、他の人間が仕事に集中できないとなれば、何らかの対策を考えなくてはなりません。

 

| 3.難しいことですが、咳払いは致しかたないと捉えること

可能な人にとっての最大の方策が、咳払いを気にしないということ。咳払いに限らず、人の癖などは気になりだすと集中できなくなるもの。

それが、オフィスなどでの出来事なら、仕事が手につかず周りの人たちに、迷惑を掛けてしまう可能性もあります。一旦気に掛かったことを右から左に受け流すのは難しいことですが、咳払いは致しかたないと捉えることがポイント。

マヌカハニーを上回る。

マヌカハニーを上回る活性力!NATURAL ORCHESTRAの「プレミアムオーガニック ジャラハニー」

 

まとめ

良いイメージがなく不快に感じる人も。ここでは、咳払いがうるさい人の心理を知ること、トラブルを避けながらの対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。