性格が悪い人の特徴を知ること、踊らされずに上手く付き合うその方法

 

日常生活のなかで、性格が悪い人は何処にでもいるもの。とかく自己中で、周囲の人たちのことを少しも考えない行動や言動ばかりが目立ちます。たちが悪い人などとも呼ばれますが、実際に使用されるのは人格や性格といった、人間の精神面についての表現がほとんど。

また性格が悪い男だったり、性格悪い男と呼ばれたり、悪い性格はどちらかと言うと女性よりも男性を指して言うことが多くなっています。

もちろん距離を置いて、関わらないようにするのが上策ですが、職場など生きていく上で、避けることができない場合もあります。そんな場面で、不快になることをされたり言われたりした時、真に受けた反応していると標的にされる可能性が大。

ここでは、性格が悪い人の特徴を知ること、踊らされずに上手く付き合うその方法を紹介しています。

 

 

 


日常でついつい出てしまうもの、性格が悪い人の態度から見る特徴面


 

| 1.露骨に嫌な顔をし相手が何も言えなくなるような雰囲気を

自分以外の人が嬉しさを隠せずにいると、敵意を剥き出しにした態度を取るということ。本来なら一緒に喜んであげて良いのに、無遠慮に嫌そうな態度をとるもの。

他人の不幸せが大好きなので、自分以外の人が幸せそうにしているのが気に食わない、そんなところが性格が悪い人の特質の一つ。

自分自身がどんな時でも優位な立場にいたいと考えているので、あからさま嫌な顔をし相手が言葉に詰まる雰囲気を作り上げます。

 

| 2.相手により態度を変える、周りの人々に性格が悪いとされ

後輩の前では威張るが、上司の前では神妙な態度を取るということ。弱い者の前では偉そうに振舞うことも多く、学校や職場など立場が弱い後輩の前では強硬な姿勢をとるもの。

ただずる賢いところがあり、上司や教師など自分より立場が上の人の前では、低姿勢で真面目な態度をとります。そういう相手により態度を変えるところが、性格が悪いと周りの人々に感じさせ、嫌われる特徴の一つになります。

 

| 3.外見が好みの相手にはとにかく優しい対応を見せるもの

異性の好みの顔付きによって、態度を変化させるということ。相手により態度を変えるということで、外見が好みの相手にはとにかく優しい対応を見せるもの。

性格が悪いとされる男性や女性は、自らが興味のない相手には、何を思われても良いと思っている節があります。風貌よって態度をころころと変えるので、あまり近寄らない方が良いと周囲にも思われ、どこでも浮いた存在になりがちに。

 

 

 


とかく自己中心的なところが垣間見える、性格が悪い人の心理的な傾向


 

| 1.優れた人を見つけた場合、どこか欠点はないか粗探しを

他者に嫉妬しやすく、すぐジェラシーを表わすということ。性格が悪い人物は、自身よりも優れた人がいることを認めたくないので、目立つことが絶対に許せないもの。

もし自分自身よりも優れた人を見つけた場合、どこか欠点はないか粗探しを始めてしまうことに。重箱の隅をつつくような言いがかりをしようとするので、周りの人たちには妬んでいることがあからさまに判ります。

 

| 2.周囲はどうなっても構わない、自己中心的な性格が表に

自身の利益のため、他人を平気で騙すということ。自らが得をしたいという気持ちに対し性格が悪い人は、なり振り構わない傾向にあるもの。

例を挙げると、出世が掛かっている時など、他の人を騙してでも自らがのし上がろうとします。自分自身のためなら手段を選ばず、周囲はどうなっても構わないという、自己中心的な性格が表に現れることに。

 

| 3.思わず顔に、興味がないのでどんな話でも見下すことに

他人を見下し、自慢をするということ。兎にも角にも自己中心的なところがあり、自らの話を聞いて貰うのが大好きというもの。

周りの人たちとのお喋りに付き合うのは退屈で、思わず顔に出てしまうこともあり、興味がないのでどんな話でも見下すことに。はなから馬鹿にしたような態度をとっているので、係り合いにならない方が良いと、周りの人々に思われています。

 

| 4.出世や職場でのステータスに繋がる、これ見よがしに行動

困っている人が近くにいても、無視するということ。例え近辺で誰かが困っていたとして、性格が悪い人物には関係もないし目にもつかないもの。周囲に興味がなく、自らにとって得のないことは絶対にしたくない、そんな考え方を持っています。

もし職場でのステータスや自分の出世に繋がれば、これ見よがしに行動しますが、そうでない限り責任回避を決め込みます。

 

| 5.性悪なタイプは、相手の悪いところを最初にチェックする

初対面の人と相対した際、先ず欠点から探すということ。性悪なタイプの人間は、相手の悪いところを最初にチェックしようとするもの。普段から人を妬み、僻んだりした生活を送っているので、そんな行動が癖になってしまっています。

職場の新人など、初めに粗探しをして陰口を言ってしまいます。相手の欠点を悪し様に言い、自身は良いと感じることで満足感を得るということ。

 

 

 


覚えておくと人生を過ごすのに役立つもの、性格が悪い人の見透し方


 

| 1.笑い話をみんなでしている時、目元が笑っていない人物が

目元が笑っていないというパターン。性格が悪いタイプは心の底から笑っていることが少なく、笑顔がぎこちなくなってしまいがち。人相もいかめしく見え、実際は何を考えているのかと、周りの人たちに違和感を抱かれてしまうことも。

笑い話をみんなでしている時、目元が笑っていない人物が周囲にいれば、心の底ではまったく違うことを考えているのかも知れません。

 

| 2.ふとした瞬間に顔に出てしまう、性格が悪い人を見透かす

片方の口角のみを上げて笑うというパターン。性悪な人は本人に自覚がなくても、明らかに馬鹿にしたような面持ちをしてしまうもの。

いくら表面で取り繕おうとしても、人相が悪かったり、ふとした瞬間に顔に出てしまうので、性格が悪い人を見透かすのは簡単です。何気ない話をしている際、片方の口元だけを上げて笑顔を取り繕っていないか、さり気なくチェックすること。

 

| 3.日常生活で表情を歪ませることが多くあり、特徴の一つに

顔が歪んでいるというパターン。性格が悪いとされる人物は男性だけでなく女性も、どれだけ可愛くてもカッコ良くても表情が歪んでいるもの。

本人は自覚してなくても、ふとした元の表情に性格の悪さが滲み出ていることがあり、隠そうとしても隠しきれません。卑屈な感情を胸の内に抱えているので、日常生活で表情を歪ませることが多くあり、それが特徴の一つになっています。

 

| 4.心の奥底では相手を小馬鹿にしている可能性が高くなる

鼻で笑うパターン。性格が悪い人はいつも上から目線で人を見下すので、その心理状態が表情に表れているもの。

予期しない会話の中で、鼻で笑う仕草をしている人物を見かけたら要注意。悪気なくしていることが多く、癖になっています。口で言葉にはしなくても、心の奥底では相手を小馬鹿にしている可能性が高くなります

 

 

 


真に受けないで聞き流すことも大切、性格が悪い人との上手な対処法


 

| 1.話さなくてはならない際、話し自体を真に受けず聞き流す

話は最初から信用しないということ。騙されたり傷つきたくない場合、性格が悪い人からの話は、疑いの耳で聞くよう心掛けるというもの。

見透かし方が分かっても、どうしても関係しなくてはいけないときは、自らが工夫することで上手く切り抜けていくしかありません。

本音はどう考えているか判らない事もあるので、どうしても話さなくてはならない際は、話し自体を鵜呑みにしないで聞き流すことに専念します。

 

| 2.悪い見本と客観的に眺めることで、対処法について冷静に

自らが性格が悪い人にならないよう参考にするということ。反面教師という言葉もあるように、性格が悪い人を違う意味でのモデルにするというもの。

これが悪い見本と客観的に眺めることで、対処法について冷静に考えることもできる上、相手にしなくても済むことに。交際の仕方が難しい場合は、他の人と同等に扱うのではなく、心の中で可哀相な人という風に相手にしないように心掛けます。

 

| 3.相手の目にも入らず、付き合い方を考える必要もなくなる

なるたけ関わらないようにするということ。性格の悪い人と向き合う対処法として、一番簡単にできるのがとにかく避けるというもの。付き合いや職場などでどうしようもない時もありますが、関わらないように極力します。

そうすれば、相手の目にも入らず、付き合い方等を考える必要もなくなります。古来からある触らぬ神に祟りなし、そんな言葉を胸に関わらないことに努めます。

 

| 4.対処方策を考えるより、思い切って転職してしまうのも

職場で嫌がらせを受けているときは、転職も視野に入れるということ。毎日通う勤務先に、どうしても好きになれない人物がいるのは苦痛というもの。性格の悪い人の見透かし方や、上手な対処方策を考えるより、思い切って転職してしまうのも一つの手段。

それを逃げと感じる人もいるかも知れませんが、その後にある快適な職場環境をイメージすれば、決して悪くない案と言えることに。

引き寄せの法則で、性格が悪い人から脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

自己中で周囲の人たちのことを考えないもの。ここでは、性格が悪い人の特徴を知ること、踊らされずに上手く付き合うその方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。