何もしたくない毎日が訪れるもの、無気力状態を脱出する具体的な方法



日常生活を過ごしていると、何もしたくない気持ちが沸き起こり無気力になることもあるもの。長い人生の中には誰しもがあることですが、何一つ気力が起こらず日々ずっと寝ていたいと考えるようなことです。

この様な何もしたくない気持ちや楽しくない気分は、主婦をはじめ高校生や中学生など、本当に誰にでも起こり得ます。もちろん何もしたくない無気力な気持ちは病気などからも生じますが、その多くは身体や心が限界を迎えているから。

怠け者などと自分を卑下する前に、先ずは何が無気力にさせているのかの要因を見つけることが大事。ここでは、何もしたくない毎日が訪れるもの、無気力状態を脱出する具体的な方法を紹介しています。

 

 

 


何もしたくない毎日が訪れるもの、無気力状態を脱出する具体的な方法


 

| 1.自分自身の負担を減らすことで、疲れ果てることを防ぐ

本当にしなければならないことをリストアップするということ。やらなければならないことが多過ぎ、疲れてしまったというもの。

そうした際は、予定管理の方法を見直してリスト化してみると、焦点が分かりやすくなります。自分自身の負担を減らすことで、寝転んでいたいや何もしたくないなど、力を使い切ることを防ぎます。

 

| 2.生活にけじめ、何もしたくないと覚えることも減っていく

規則正しいリズムで生活習慣を送るということ。食事を抜いたり夜更かしが続いたりが多いと、身体にとって大きな負担になるもの。

体調が万全でないときは気持ちも沈んでしまうので、なるたけ規則正しい生活リズムを心掛けてみるのも、無気力から抜け出る方法の一つ。体内時計を調整するだけでも生活にけじめが付くので、何もしたくないと覚えることも減っていくことに。

 

| 3.達成感を味わえるだけでなく、 無気力からも抜けでる

一日当たり一つの目標を持ち、活動してみるということ。何もしたくないと自覚する自身は嫌だなと、無気力な時は自己肯定力が低下していることが多いもの。

1日に1つの小さな目標を立て、今日もできることが増えたと思えるだけで、モチベーションアップや自信に繋がります。そして何かを1つ達成できたら、自らに褒美をあげるようにすると、達成感を味わえるだけでなく、 無気力からも抜けでることに。

 

| 4.なるべく何も考えないで過ごすことをしてみる方が良く

何も考えないで、やれることするということ。無気力な気持ちが蔓延している時に、負担となる作業や仕事をするのは好ましくないもの。特に、急いで終わらせるようなことや考えなければいけないことは、疲れた気持ちを何倍にも増やします。

なるべく何も考えないで過ごすことをしてみる方が良く、簡単な読書に映画鑑賞やゲームなど、楽しいけれど無理しないことがポイント。

 

| 5.同じ立ち位置の人に相談すると気持ちも軽くなることに

信頼できる人に相談、話を聞いて貰うということ。ストレスや悩み事が原因で無気力を感じているときは、頼りになる人物に相談してみるのも手段の一つ。

自らの状態を客観的に見てもらうことで、頑張り過ぎているや甘えていいなど、具体的なアドバイスをしてもらえます。特に、専業主婦をしているケースでは、自らの気持ちを溜め込んでしまいがちなので、同じ立ち位置の人に相談すると気持ちも軽くなることに。

 

 

 


何もしたくないと無気力に嵌まり込んだ時、立ち上がりに繋がる考え方


 

| 1.怠ける日と決め、ゆっくりと休んでリフレッシュの考え方

何もしたくない日は、怠けていても良いということ。何もしたくないという日は、肉体的にも精神的にも疲労を感じている兆候というもの。

このような状態でもっと頑張らないとと考えても、思うような結果は出ず負のスパイラルの陥ることも多くなります。何もしたくない時や何もしたくない日は、今日は自身に甘えて怠ける日と決め、ゆっくりと休んでリフレッシュという考え方に。

 

| 2.自らの身を守るためにも本音に忠実になる考え方が必要

何もしたくないときは、自らの本音を選ぶということ。自身に嘘をつき続け、無理し過ぎると病気になるかも知れません。

何もしたくなければ、自分自身にプレッシャーをかけないようにすることが大事で、追い込むとさらに動けなくなるもの。自らの身を守るためにも本音に忠実になる考え方が必要で、大事にすればまた気力が戻ってきます。

 

| 3.これ以上無理をした場合、辛い気持ちが大きくなるだけ

何もしたくないのは、これまで頑張り過ぎた根拠ということ。やる気が出ないや辛い感情を感じたら、自らを褒めてあげることがポイント。

疲れたと感じたり、寝転んでいたい思うのは、今までそれだけ頑張ってきた証というもの。これ以上無理をした場合、辛い気持ちが大きくなるだけで、自分を甘やす考え方も大事なこと。

 

 

 


何もしたくないという無気力は仕事も現れるもの、してはいけない行動


 

| 1.他の人に迷惑が掛かることは、決して放棄してはいけない

仕事や家事を放棄し、周囲に迷惑をかけるということ。何もする気にならないと、他の人に迷惑が掛かることは決して放棄してはいけません。

どうしてもできないケースでは事前に相談することが大切で、主婦の場合は家族、ビジネスマンの場合は上司などに相談をして迷惑を掛けないようにします。

 

| 2.ストレスが溜まり夜眠れなくなるので、必要な食事は摂る

食事を摂らないということ。何もしたくないからと、身体に害が生じるような、生活に必要なことまでしないのは良くないもの。

食事を抜くと集中力が下がったり、ストレスが溜まり夜に眠れなくなったりするので、必要な食事は摂るように心掛けます。

 

| 3.自信を失うこと、何もしたくないという繰り返しになる

自分を責めるということ。何もしたくない自身を叱責してはいけません。何もしたくない状態は、誰しもが経験することがその理由。自分を駄目な奴だと思うことは自信を失うことに繋がり、また何もしたくないという繰り返しになるだけ。

 

|  4.更に自己否定を繰り返してしまうことになりかねません

ずっと引きこもり、何もしない状態を続けるということ。無気力になると何をするのも億劫に感じ、何もしない状態が続くと、更に気持ちが落ち込むもの。

ずっと引きこもっていると色々と考え過ぎてしまい、更に自己否定を繰り返してしまうことになりかねません。

 

 

 


何もしたくないや楽しくないに陥ってしまう、考えられるその原因面


 

| 1.長年続けた努力が報われたり、頑張った反動の気力の減退

燃え尽き症候群ということ。何かを成し遂げたあとは、俗に言われる燃え尽き症候群で、何もしたくなくなるもの。

例を挙げると、仕事上のビッグプロジェクトを終わらせたり、長年続けた努力が報われたりと、頑張った反動の気力の減退。

 

| 2.体の不調を感じている時など、物理的に動くことが億劫に

肉体的な疲労から物理的に動けないということ。身体的な疲労も何もしたくない、そんな感じに陥る原因の一つとなるもの。体力が消耗し尽くすほど行動した後や、体の不調を感じている時など、物理的に動くことが億劫になります。

 

| 3.この場から消えたい衝動や逃避したい思いがでてきます

現在の状況から逃げたいということ。悩み事やストレスを抱えていて問題解決が見込めない状態の場合、この状況から逃げたいと思うもの。

ストレスから喪失感が強くなり、すべてに対し無気力になることで、この場から消えたい衝動や逃避したい思いがでてきます。

 

| 4.同じルーティーンの繰り返し、退屈すると何もしたくない

毎日に退屈しているということ。日々が同じルーティーンの繰り返しで、退屈すると何もしたくないと思うことがあるもの。

会社員で同じ仕事ばかりしていたり、専業主婦で家事ばかりしていたり、受験勉強を毎日していたりすると流石に気力がなくなります。

引き寄せの法則で、何もしたくない無気力を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

身体や心が限界を迎えているからとも。ここでは、何もしたくない毎日が訪れるもの、無気力状態を脱出する具体的な方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。