感情のコントロールができないのは何故かを把握、その具体的な対処法


現代は別名をストレス社会と呼ぶほど、苛立ちが溜まる社会。そうした気持ちを人にぶつけ後悔するなど、感情のコントロールができない人たちが増えています。

そもそも人間の感情とは、よく挙げられるのが喜・怒・哀・楽で、ほかにも快や不快をはじめ驚きや恐怖、愛情や幸福感、嫌悪や嫉妬などがあります。

そうしたさまざまな感情は、複雑に交錯していて、しかも感情のコントロールは薬などに頼っても難しいところ。感情をコントロールすることが明確にできれば、良い人間関係を構築することもできますが、感情のコントロールができないのは中学生の頃に既に生じます。

また感情のコントロールは発達障害などでは困難なこととされ、トレーニングが必要になることも。ここでは、感情のコントロールができないのは何故かを把握、その具体的な対処法を紹介しています。

 

 

 


感情のコントロールができないのは何故かを把握、その具体的な対処法


 

| 1.露わに出してしまう、他の人に嫌な思いをさせる可能性も

深呼吸をして数秒間待つということ。嫌なことに出くわして怒りの感情が生じたときは、深呼吸をその場でして感情が鎮まるまで待つというもの。

すぐに感情を表に露わに出してしまうと、他の人に不快な思いをさせる可能性もあり警戒が必要です。アンガーマネジメントでは、6秒間経つと人間の感情は変わるとされています。

 

| 2.相手の気持ちを汲み取る優しさを持つことが重要なこと

ポジティブな言葉で自らの思いを伝えるということ。怒りの感情が沸き起こっても、相手と喧嘩にならないよう、ポジティブな言葉を選んで思いを伝えます。

相手側の責任を問い掛けたり、悪いなどといった否定的な発言は控えるようにします。相手の気持ちを汲み取る優しさを持つことが重要なことで、これからの良好な人間関係が築けるというもの。

 

| 3.一旦冷静になって、じっくりと考えることも重要なこと

怒りが生じるポイントをよく見極めるということ。怒りの感情が沸き起こるポイントを、よく見極めることが大切というもの。

相手の立ち位置になり冷静に見つめることで、激怒する必要はなかったと思い返すこともあります。怒りの感情をすぐに相手にぶつけるのではなく、一旦冷静になってじっくりと考えることも重要なこと。

 

| 4.リラックスをすることが必要だということを知らせる兆候

身の危険を知らせる兆候と知ること。ネガティブな感情が沸き起こるのは、身の危険を知らせる兆候と言われるもの。

例を挙げると、近くに大型犬がいれば、恐いという感情が表れて、必要以上に近づくことを回避します。溜まったストレスが頂点に達するイライラは、リラックスをすることが必要だということを知らせる兆候。

 

| 5.パターン化、物事を長い時間に渡って引き摺らなくなる

物事を引き摺らないための自らのルールを決めておくということ。こんな約束事を作っておくと、感情のコントロールが容易になるもの。

先ずは自身がどんな時に怒りやすいかなど、自らの怒りのメカニズムを把握しておきます。こうして自分自身の感情をパターン化しておくと、物事を長い時間に渡って引き摺らなくなることに。

 

| 6.完全に理解する人は、数えるほどと考えれば気持ちが楽に

完璧に理解する人はいないと知ること。人間の考え方や理解する能力などには、大きな個人差があるというもの。

自身が考えていることを、完全に理解してくれる人は、数えるほどと考えれば気持ちが楽になるということです。当たり前ですが、他人に対し自分と同じレベルを求めるべきではない、そんなことに気付くことが大切です。

 

 

 


感情のコントロールを上手にするため、日々できる心掛けたいことなど


 

| 1.気持ちを他人のものとして考え直してみることがポイント

他の人の気持ちを察知する習慣をつけること。ネガティブな感情というものは、本能的なものから生み出されるもの。

他人の気持ちを思いやる習慣をつけることが大事なことで、人の立場に立って物事を考えることで、自分勝手な解釈で怒っていたことが収まることが多くなります。自己中心的な感覚を抑え、気持ちを他人のものとして考え直してみることがポイント。

 

| 2.その場を一旦離れて深呼吸をしたり、散歩などをしたり

気持ちを切り替える訓練をすること。気持ちを切り換えるための努力を、毎日のように行うことが大切というもの。沸き上がった怒りの気持ちは、6秒経つと鎮まるとも言われています。

何かに苛立ったときは、その場を一旦離れて深呼吸をしたり、散歩などをしたりすることで、気持ちを切り換えていくことが大事です。

 

| 3.断定的な考え方はさておいて、見直していくことが必要に

一つの考え方にこだわり過ぎないということ。考え方を一つにしないで、さまざまな意見を取り入れる、柔軟な思考を心掛けるようにするというもの。

一つの考え方に囚われ過ぎると、他の人の意見が受け入れられず、苛立つことが多くなります。間違っても絶対にこうあるべきだ、そんな断定的な考え方はさておいて、見直していくことが必要になります。

 

 

 


感情コントロールは何故難しいのか、詳しく知っておきたいその要因


 

感情コントロールができるタイプの人は、心中がいつも穏やかです。感情を制御できれば、イライラ状態が持ち上がっても、すぐに自らの心を鎮静化できるもの。

更に自分の気持ちを冷静沈着に見極められるので、同じような気持ちになった他の人を深く理解でき、良好な人間関係を築けます。では、そうではない人の感情コントロールは何故難しいのか、怒りの感情について見てみましょう。

 

| 1.思うことと違うことが起きた際、怒りの感情が表に現れる

自らを理解できていないということ。怒りの感情をコントロールしていくためには、自身の感情の起伏を的確に理解する必要があるもの。

常識的には、自分の思うことと違うことが起きた際、怒りの感情が表面化するとされています。なので、自分がどういったとき怒ってしまうことが多いかなど、きちんと書き留めておくと、自らを的確に理解できる切っ掛けとなります。

 

| 2.時としてその感情を他人に向けて爆発させることもある

ストレスを溜めこみやすいタイプということ。感情のコントロールが難しい人は、ストレスによる耐性も低いもの。イライラ感や怒りの感情などを制御できず、発散することができないため、ストレスとして蓄積してしまいます。

また溜まったストレスを上手くコントロールできない場合、時としてその感情を他人に向けて爆発させることもあります。

 

| 3.物事すべてが都合よく進まないことをあらためて知ること

完璧主義者であるということ。胸の内に完璧でなければならないと思っている人は、怒りの感情が沸き起こりやすくなるもの。これは、自らが考える理想通りに、物事を進めたいと思うことから、イライラ感が募ることになります。

物事すべてが都合よく進まないことをあらためて知り、自身ができることとできないことを、第三者的視点で判断することが重要。

 

| 4.自らの教訓にする、ポジティブな考え方に切り替える努力

ネガティブな事を引き摺ってしまうということ。過去に起きたネガティブな事例を、いつまでも引き摺ってしまうと、感情のコントロールは出来ないもの。

失敗例に対しての無念の心や他者への憤りなどが自身の中にある限り、怒りの感情が鎮まることはありません。過去にあった失敗などを自らの教訓にするなど、ポジティブな考え方に切り替える努力が必要。

 

| 5.安心感を構成するセロトニンが、睡眠不足で脳内で不足

睡眠が充分とれていないということ。感情の制御が上手な人の場合でも、睡眠不足の時はコントロールが効かないことも多くあるもの。

睡眠が充分に取れていないと、脳の休息時間が不足して、上手く働かなくなるためです。安心感に満ちた感情を構成するセロトニンが、睡眠不足によって脳内で不足する、そんな原因も判明しています。

不足したセロトニンを補給。

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe

 

まとめ

よく挙げられるのが喜・怒・哀・楽とも。ここでは、感情のコントロールができないのは何故かを把握、その具体的な対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。