リスクについても明確に把握すること、肝心なときに勇気を出す方法


人生の中で後ほんの少しの勇気があれば、そんなことを思うこともあるもの。もちろん勇気がなければ、何事に対しても行動を起こしたりするのが難しくなるので、自然と成長の機会も失われます。

そんなとき勇気を出す方法があれば、人間関係をはじめ恋愛や仕事などに大いに役立つのにと願うことに。

当たり前ですが、勇気というのは生まれついて持っているようなものではありません。一晩で獲得できるものでもなく、ほかの魅力的な性質と同じように、自ら努力して手に入れるものです。

勇気は精神的に強くなり知識を蓄え、自信をリンクさせることにより得られます。この勇気があれば、時間を無駄にせず行動を起こしたり、厳しい判断を下したり、居心地の悪い状態を快適なものに変えることができるもの。

ここでは、リスクについても明確に把握すること、肝心なときに勇気を出す方法を紹介しています。

 

 

 


リスクについても明確に把握すること、肝心なときに勇気を出す方法


 

当たり前ですが、勇気を奮い起こしとにかくやってみる、これは予想外に難しいもの。注意すべきなのは、疑いもせずに飛び込んでいくことは、怖いもの知らずということで勇気とは違うものだということ。

ひょっとして、ただ馬鹿を見ることにもなりかねません。本物の勇気をきちんと持つこととは、対象となる物事のリスクを評価して、適切な方法で漠然としたものの明確化を繰り返し学ぶこと。それでは見ていきましょう。

 

| 1.次の勇気ある行動の後ろ盾糧となり、必要な時に使える

今まで勇気を奮ったことを、記憶しておくということ。自分が何か勇気あることをした際、しっかりとその感覚を記憶に焼き付けるようにするというもの。

頑張ったと自分を褒めたり、写真や記念になる物を取っておいたりと、その瞬間を誇らしい気持ちで思い起こせるようにします。

多少の差こそあれ、こうした勇気を奮った瞬間の記憶が、次の勇気ある行動の後ろ盾となり、必要な時にいつでも使えることに。

 

| 2.自身の1番大切なものを蔑ろにされる、そんな風に考えて

沸き起こる感情を利用するということ。自らの感情を制御するのは難しいことですが、その感情を活用することこそ恐怖心を克服する最良の方策というもの。

烈火のごとく怒った時など感情が昂った際は、その感情で自らを鼓舞したり、他の人たちに影響を与えることにも使えます。少しの勇気が必要な時は、自身の1番大切なものを蔑ろにされる、そんな風に考えて勇気を奮い立たせることも。

 

| 3.過去の自分自身に癒しを与える、勇気を持つために有効

過去の記憶や体験を回復させるということ。一歩前に踏み出せない人の多くは、昔失敗したことがあったり、これまで駄目な人間だったという思い込みに囚われているもの。

確かに過去には失敗したり叱責されたりと、傷付いてみたり悲しんでみたりしたかも知れませんが、過去の体験とこれから自分が出来るかどうかは全く別の話

以前は経験も知識もなく条件が悪かっただけかも知れません。過去の自分自身に癒しを与えることは、自らの行動に対し勇気を持つために非常に有効。

 

| 4.批判や失敗は受け入れる、上手くいかないことを覚悟して

恥をかく気持ちをもつこと。一歩前に踏み出すときに必要なのは、恥をかくことに対しての勇気でもあるもの。間違ってしまったり失敗したりするほか、批判されたりしても自らのことを、必要以上に卑下してしまうことはありません。

むしろ批判や失敗は受け入れる、そんな上手くいかないことを覚悟し踏み出せれば、これから勇気を持って過ごすことができます。

 

| 5.ずっと気張るわけではない、精神的プレッシャーが少ない

20秒間の勇気を持つこと。一歩踏み出すことに恐怖を感じる時は、20秒間だけ勇気を持つようにしてみるというもの。

何かにチャレンジすると決め実行するときや、相手に何かを伝えたいときは、20秒間だけやるぞと覚悟を決め飛び込んでみます。ずっと気張るわけではないので精神的なプレッシャーが少なく、瞬間的に勇気を出すなら意外にたやすく。

 

| 6.しっかりと自身をフォローする、そんな決め事をしておく

踏み出せなくても許していくということ。勇気を出すために大切なことの一つは、失敗した時や上手くいかなかった時のフォローというもの。

一歩踏み込めず挑戦できなかったり、あるいは失敗した自分自身を深く責めたり、嫌いになってしまうことがあるかも知れません。

ただそうした時にしっかりと自身をフォローする、そんな決め事をしておくと客観的に認識でき、気持ちに余裕も生まれるので勇気へと繋がります。

 

 

 


勇気を出す方法は告白する際に思い出したいもの、その大事な考え方


 

| 1.チャレンジすれば良かったと思い返しても、時間は戻らず

あの時やっておけばを防げるということ。チャレンジすることを躊躇うのは、失敗してしまうかも知れないや成功するかどうか判らない、そんな気持ちがあるから。

それ自体は普通に自然なことで恥ずべきことではないですが、一番苦しい思いをするのは、あの時やっておけばと後悔をしてしまうこと。

失敗して恥ずかしい思いを味わったり、悲しくなったりする気持ちは、時間が解決してくれることもあります。ただチャレンジすれば良かったと思い返しても、時間は戻らないので今がその時と感じれば、一歩でも前に踏み出すようにします。

 

| 2.成功すると飛躍的に新たなことに挑む可能性が広がります

自らの可能性に気付くことができるということ。挑戦することは非常に恐ろしいことで、失敗するかも知れませんし、誰かの笑いものになることもあるもの。

ただ、失敗しようが嗤われようが、挑戦する前と後の自分では、自らに備わっている可能性の幅が大きく広がっています。今までは不可能と思っていたけど自分にはチャレンジする勇気がある、そんなことが分かるのも非常に大切なこと。

更に、これが出来ればあれも出来るという風に、成功すると飛躍的に新たなことに挑む可能性が広がります。

 

| 3.自分自身がしたいと思うことに勇気を持って飛び込むこと

自らの人生を生きることができるということ。必ず挑戦しなければならないという訳ではないものの、望む人生を送るには何かに挑戦するシーンに出会うもの。

それは小さな案件から大きな事柄まで、新しく習い事を始めてみたり、新しくビジネスを立ち上げ始めてみたりとさまざま。あるいは今までアルコールやタバコなど、不摂生をしていたこと自体を止めることなども挑戦のうちと言えます。

自分自身がしたいと思うことに勇気を持って飛び込むのは、自らの人生を生きる挑戦そのものかも知れません。

 

 

 


勇気を出す方法は親に聞いても判らないもの、一歩が踏み出せない要因


 

| 1.傷ついた記憶が強ければ、一歩踏み出す勇気を持ちづらく

過去に傷ついた体験があるということ。一歩前に踏み出す勇気が持てない人物は、過去に自らがやりたいことをやり、強制的に止められり失敗した経験があるもの。

新しいことに挑戦したり人間関係に変化を生じさせようとしても、そんな過去に傷ついた体験を思い出し足踏みします。人間は過去の経験や記憶をもとに将来を予測するので、傷ついた記憶が強ければ、一歩踏み出す勇気を持ちづらくなることに。

 

| 2.上手くいかなかったり、誰かに嗤われ恥をかくことを想像

恥をかくのに恐怖を感じてしまうということ。一歩前に踏み出す勇気を持つことができない原因に、恥をかくことを恐れるというもの。

行動してみたにも関わらず上手くいかなかったりして、誰かに嗤われ恥をかくことを想像してしまいます。そんな情けない姿の自分を見られることを恐れ、なかなか一歩前に踏み出す勇気を持てなくなります。

 

| 3.失敗して傷付けばもう立ち直れない、考えが思い浮かぶ

自己肯定感が低いという原因。前述の2つをひっくるめて、自己肯定感が低いということが原因というもの。自己肯定感が充分に高ければ困難に出会っても、何とかなるのではとある意味で根拠のない自信を持ち、前向きに物事に挑戦しやすくなります。

反対に自己肯定感が低いと、失敗して傷付けばもう立ち直れないなど、そんな考えが思い浮かび、勇気を持って踏み出すことが困難に。

引き寄せの法則で、勇気を出す。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

人生の中で後ほんの少しの勇気があれば。ここでは、リスクについても明確に把握すること、肝心なときに勇気を出す方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。