感情的になり過ぎないのがいの一番かも、腹が立つ人への詳しい対応法


世の中を見渡してみると、腹が立つことは何処にでもあるもの。更に腹が立つ人というのは、会社関連を始め恋人同士や親戚関係などの場合、逃げることが出来ないので悩むことに。

苛立ったり腹が立ったりするのは人間の通常の感覚で、腹立つの古語は枕草子にも出て来るほど古くから知られています。

腹立つの本質的な意味合いはというと、相手の行動や態度などが不愉快で怒りが生じることですが、怒るという振る舞いを起こすとは限りません。なので、腹が立つ上司は別にして、同僚などに対して相手の態度や言動に怒り心頭になり、感情を露わに向かっていくのは、後のことを考えると非常に不味い状況になります。

また腹が立つの丁寧語というのも話の対象になることの一つですが、憤りを感じる、そんな言いまわしになるようです。ここでは、感情的になり過ぎないのがいの一番かも、腹が立つ人への詳しい対応法を紹介しています。

 

 

 


感情的になり過ぎないのがいの一番かも、腹が立つ人への詳しい対応法


 

| 1.どうした事情でそうなっているかを知り、自他の差異確認

人は人であり、自分は自分という違いを明確に受け入れるということ。世間にはさまざまな人がいて、それぞれが違うもの。常識とされることであっても、苦手だったり知識がなかったりと、その人物の価値観で受け入れ難いこともあります。

ただ現在の状況に腹を立てているだけではなく、どうした事情でそうなっているかを知り、自他の差異を確認すると気持ちも整理できます。

 

| 2.自分自身の幅を広げてくれる、素直に話を聞き成長の糧に

上司から注意や指摘をされた際は、自らの成長の余地と考え素直に聞き入れるということ。偉そうに事情も知らないでと、腹が立ったり反発する気持ちも生まれるもの。

ただ現場には詳しくなくても上司は一緒に仕事をする仲間で、そもそも他の人から何らかの助言をして貰えるのは貴重な機会。ある意味から言えば、自分自身の幅を広げてくれるということで、素直に話を聞き成長の糧にすることがベター。

 

| 3.心にゆとりがないから腹を立てる、そんな風に受け止める

相手は小さな子供と捉え、接してみるということ。完全に個人的な関係の人なら、関係を見直したり冷却期間を設けたりできるもの。

近所の人たちや仕事付き合いに学校関係など、人間関係が自由に決められないケースでは、相手に対し何らかの対応をしなくてはいけません。

大人なのに心にゆとりがないから腹を立てている、そんな風に受け止めて、小さな子供に相対するように忍耐強く接してみます。

 

| 4.腹が立つ人と妥当な距離を維持、相手の長所を上手に利用

仕事に支障が出ない位の距離を保つということ。世の中には如何しても一歩も譲らない価値観を持っている人や、自分とは馬が合わない人物がいるもの。

会社で価値観や反りが合わない人と居なくてはならない場合、業務を進める上で支障が出ない位に距離を置いて過ごします。腹が立つ人と妥当な距離を維持することで、相手の長所を上手に利用することもできることに。

 

| 5.相手を良く観察して自らの糧にするというやり方もある

反面教師にするということ。腹が立っている人物に出会ったら、相手を良く観察して自らの糧にするというやり方もあるもの。

同じを思いを他人にさせないよう気をつけたり、自らを洗練するための反面教師にすれば、幾分か冷静にいられるかも知れません。今後似たような人に出会っても、同じ轍を踏まないようにしたり、今よりも上手く対処できるようになるはず。

 

| 6.そんな相手には論理的に指摘をしたり言い返したりしない

聞き役に徹するということ。腹を立てている人の一部は、人と関わりたいという、そんな意思表示のことがあるもの。された方は良い気持ちはしませんが、自らを誇示したかったり、他人に当たって気分を鎮めたかったりなど。

そんな相手には論理的に指摘をしたり言い返したりしないで、ひたすら聞き役に徹し気が済むまで話をさせることで、時間の浪費を最小限にします。

 

 

 


是非とも覚えておきたいもの、腹が立つ時の対処法でしてはいけない事


 

| 1.暴力で支配しようとしたりしても、いずれは明るみになる

どんなに腹が立つ相手でも手を出してはいけないということ。男性でも女性でも、相手がしたことがどれほど酷いことであっても手を出してはいけません。

暴力の方が相手に勝る悪い行為になるからで、相手に手を出すより酷いことをされそうな場合は、縁を切ることを考えます。暴力で支配しようとしたりしても、いずれは明るみになるので、容認していては未来はありません。

 

| 2.相手が何かしてきた際、不機嫌な態度を現すのは良くない

不機嫌な態度を表に出し、無視したり威圧的な態度を取らないということ。相手が何かしてきた際、すぐに不機嫌な態度を現すのは良くないもの。

自らを守るためかも知れませんが、高圧的な態度を取り、相手を初めから拒否するような態度は頂けません。関係性をある程度保たなくてはならない関係や地位にある場合、全面的対立や関係の遮断は回避しておくのが得策です。

 

| 3.されたことを根に持ち復讐をしようとするのは言語道断

復讐や仕返しをしようとすること。腹が立つからと相手にやり返したり、されたことを根に持ち復讐をしようとするのは言語道断というもの。トラブルが生じて大きな災厄となり、自分自身の身に降り掛かって来るかも知れません。

また仕返しは仕返しを生むこともあり、将来に禍根を残しかねず、そんなことに時間やエネルギーを使うのは人生の浪費。

 

| 4.無理に自らを責めストレスを蓄積してもためになりません

自暴自棄にならないということ。深く省みるタイプの人は、この状況を変えれない自分が駄目だと感じ、捨て鉢な気分になることがあるもの。

自分が腹が立つ相手への接し方や対処法をどんなに工夫しても、執拗に腹が立つことが続くと悪い考えが頭をに浮かぶことがあります。

相手に対し悪感情が湧き上がってくることもそうですが、無理に自らを責めストレスを蓄積してもためにはなりません。ほどほどに。

 

 

 


腹が立つ瞬間を知っておくと役に立つもの、そんなそれぞれのシーン


 

| 1.理由もなく相手が怒って、無駄にエネルギーと時間を消費

理不尽に職場の上司や先輩から怒られた時。こちらに思い当たる節や何の落ち度もないのに、理不尽に会社で職場の上司や先輩に叱責されると腹が立つもの。

勘違いなら互いに話し合って誤解も解けますが、理由もなく相手がただ怒っているだけだと、無駄にエネルギーと時間を消費するだけ。

 

| 2.友人のマウンティングする発言が多いと、腹が立つもの

上から目線で友人などに物を言われた時。付き合っている人が時折見せる上から目線の言動や、友人のマウンティングする発言が多いと腹が立つもの。

他人だから多少の価値観の違いはありますが、特に理由もなく偉そうに扱き下ろされたり、見下されるのは腹が立って当たり前。

 

| 3.残念な気持ちや悔しさに囚われ、怒りの感情に火が点く

プライベートや仕事に限らず、約束事や予定を破られた時。自らの時間を空け予定を入れたのに、ドタキャンされたりすると腹が立つもの。

約束や予定を破られた場合、わざわざ時間と手間を掛けたのに、そんな残念な気持ちや悔しさに囚われ、次に怒りの感情に火が点くことに。

 

| 4.優秀な人が周りに高評価されているのを見るのは腹が立つ

自分より優れた人を目にして、悔しいと感じる時。負けず嫌いの人物は、自身が人に負けたと思うと悔しくて、堪えきれず腹が立ってくるもの。

自身は努力して多少の結果を残せても注目して貰えないなか、優秀な人が周りに高評価されているのを見るのは腹が立つ瞬間です。

引き寄せの法則で、腹が立つのを抑える。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

腹が立つことは何処にでもあるものです。ここでは、感情的になり過ぎないのがいの一番かも、腹が立つ人への詳しい対応法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。