気分が晴れない原因をしっかりと把握、抜けだして解消に向かう方法


何だかよく分からないのに、気分が晴れないこともあるもの。気分転換も上手くできず、気分が晴れない時がずっと続くのは誰にでもあることです。

具体的に考えて見ても何処が悪いわけでもなく、病院を訪れても気分が晴れないのはうつ状態更年期の人を除いては、さしたる診断もないことに。

ただ身体が全体的に重かったりだるかったり、すっきりしないことが続くと段々と気持ちも滅入ってしまいます。自分自身でも何故こうした状態になるのかよく分からない、そんな風に困っている人は非常に多くいます。

こんな気が進まない状況で、仕事をしたり勉強や家事をしても、はかどらないのはもちろん楽しくありません。ここでは、気分が晴れない原因をしっかりと把握、抜けだして解消に向かう方法を紹介しています。

 

 

 


気分が晴れない原因をしっかりと把握、抜けだして解消に向かう方法


 

| 1.合格となるライン決めを、限界を超えないようにすること

完璧主義を止めるということ。理想に対し物事が上手くいかなかったり、満たされなかったりすると気分が晴れないこともあるもの。ただ、すべてを完全にこなす人間はいず、自分自身の胸の内で折り合いをつけて生きています。

そういったフレキシブルな感情を持つことで、心にゆとりが生まれ前向きな気持ちで前進できます。先ずは完璧な自分の姿を目指さず、自らの中で合格となるライン決めをして、限界を超えないようにすることがポイント。

 

| 2.羨ましいななどと嫉妬するSNS疲れをすることは回避

SNSなどのチェックを少なくするということ。SNS等の投稿内容は、一般的には嬉しいことだったり楽しいことのアピールが多いもの。気分が晴れない時にこうした投稿を目にすると、自身と他の人の状態を比べられずにはいられない可能性があります。

疲れているとき更に、羨ましいななどと嫉妬するSNS疲れをすることは回避したいところ。どんなに仲の良い人物でも何時も繋がる必要はなく、気分が落ち込んでいる最中はSNSから離れ、余分な情報を遮断ことが重要。

 

| 3.自らに丁寧に向き合うと、解決のヒントが生まれることも

気分が晴れない要因をリストアップするということ。書き出すなど自らに一手間かけ、振り返ってみることも大切というもの。放置していると気力が低下してしまったり、自己肯定感を下がったりすることもあるので注意が必要です。

無理矢理に気分を盛り上げたりするのではなく、自らに丁寧に向き合うことで、解決のヒントが生まれることもあります。ネガティブな感情を転換して、リラックスしたりリフレッシュしたりと上手に解消。

 

| 4.自分自身を認めるのも、自己肯定感の向上に繋がるかも

何もしないということ。好きなことをしてみたり運動をしたりと、気持ちをリフレッシュさせるのも良いものの、敢えて何もしないという選択もあるもの。気分が晴れない時は頭の中には不安や不満など、さまざまな心配が混在しているはずです。

そんなとき、軽く瞑想をしてみたり窓の外をじっと眺めたりと、敢えて何もせずに過ごすことで、自らの本当の感情や気持ちが整理しやすくなります。こうして何もしたくない自分自身を認めるのも、自己肯定感の向上に繋がるかも知れません。

 

 

 


気分が晴れない状態がずっと続くのは何故?知っておきたいその原因面


 

| 1.会社で過ごす一日が欲求不満で憂鬱になってしまうなど

人間関係で疲れているということ。仕事関係やママ友などといった人間関係が原因で、気分が晴れないというもの。仕事上で反りが合わない先輩と一緒になったときや、他人の悪口をママ友から聞かされたときなど。

ほかにも説明が曖昧で不充分な上司がいて、会社で過ごす一日が欲求不満で憂鬱になってしまうことなど。

 

| 2.世の中に不安を感じているものの、答えが出ない問題で

漫然とした不安があるということ。これからの生活のことや子育てなど、将来に対しての漫然とした不安で気分が晴れないというもの。

健康面に対する不安はもちろん、子どものためや自らの将来のため、このままでいいのかということ。ほかにも、先行きが怪しい世の中に不安を感じているものの、答えが出ない問題なので気分が晴れないなど。

 

| 3.気持ちが前にいき過ぎて強い嫉妬に変化するのは避けたい

他人と比較しているということ。他の人の状況や長所などを見て、嫉妬する気持ちがあったり羨ましく思うなど、そんなことで気分が晴れない時もあるもの。

人間というものは、自らに足りないところを持っている人の方が、幸福そうに見えてしまうことがあります。誰かのことを憧れに思ったり、好意を感じるのは自然なことですが、気持ちが前にいき過ぎて強い嫉妬に変化するのは避けたいところ。

 

| 4.睡眠が不足していたり、充分な休息が取れていないとき

生活リズムが不規則ということ。日々の生活リズムが不規則になると、心や身体に対して影響が出てくることがあるもの。例を挙げると、睡眠が不足していたり充分な休息が取れていないときは、心身に不調を残し元気にはなれません。

また、食生活が乱れると栄養不足に陥りがちで、必要な栄養素が足りない場合、体調に変化が生じて精神面にも影響する可能性があります。

 

| 5.独身時代のように、自身の時間が持てるようになりたい

胸の内が満たされていないということ。金銭面や時間に余裕がなく、好きなことが出来なかったりすると、心が満たされず気分が晴れないと感じるもの。

家族と行動時間が噛み合わないで、一人の時間が持てず、やりたい物事に集中する時間が作れないなど。家庭や子どもに仕事など、自らのことより優先することが多過ぎ、独身時代のように自身の時間が持てるようになりたいということが原因。

 

 

 


注意を払いたいもの、気分が晴れないや気分がふさぐのは更年期が理由


 

更年期によく表れる症状の一つが不安感というもの。特別な理由もなく塞ぎ込んでしまったり、以前には興味を示していたものに関心がなくなったりします。そして表面的には気分が晴れないや気分がふさぐといった、落ち着きがない不安定な症状が現れます。理由を見てみましょう。

 

| 1.精神活動も司る自律神経の中枢なので、変調が生じると

女性の場合、女性ホルモンというのは、脳の視床下部からの指令で卵巣から分泌されるもの。この卵巣機能が衰退すると、ホルモン分泌の指令を脳が発しても放出されず、下垂体や視床下部の機能が変調を起こします。

視床下部は様々なホルモン分泌や、精神活動も司る自律神経の中枢なので、変調が生じると精神神経症状などに影響します。

 

| 2.経済状態の変化も生じ、先送りしていた夫婦関係上の問題

環境的要因や心理特性ということ。女性の更年期は、この時期特有の女性の心理的な特性や、環境的な側面も大きいとされるもの。

この頃は、子供の就職や結婚などにより、母親としての役回りを終える時期と重なるので、ある種の喪失感が訪れます。更に夫の定年などによる経済状態の変化も生じ、先送りしていた夫婦関係上の問題にも直面します。

 

| 3.大きなストレスがいくつも重なり、気分が晴れない日も

社会的な役割が疎遠になるということ。これまで母親や妻、あるいは社会人としての役割を持ち、体力が溢れた身体も健康に自信を失うもの。更に親の介護をはじめ、親しい友人の病気や死などをを体験し、自らの人生について考える機会も多くなります。

更年期は喪失体験を伴にする事柄が多く出現する時期で、大きなストレスがいくつも重なり、気分が晴れない日も続くことに。

引き寄せの法則で、気分が晴れない原因を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

何故こうした状態になるのか分からない。ここでは、気分が晴れない原因をしっかりと把握、抜けだして解消に向かう方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。