洗脳方法は恋愛に有用かも知れない、詳しい仕組みを知り役立てる方法


何となく怖いイメージを持つのが洗脳というもの。相手に自分自身の思考や意思をコントロールされ、自由が効かなくなくなるような状態を思い浮かべる人もいるかも知れません。洗脳自体は昔からあり、宗教によるものやナチスが行ったものなどは洗脳方法として有名です。

もちろん現代社会でも広く行われていて、多くの人は自らは洗脳されないと言う風に思っていますが、詐欺などと同じでそんな人に限って洗脳されることに。

洗脳というのは実際に新興宗教の信者が事件を起こしたこともあり、悪い意味合いで使用されることが多い言葉です。これは個人的な思想や価値観を強制的にコントロールし、必ずしも当人の意図しない方向へ改変することからも分ります。

この意味でいうと悪い人間を改心させることも洗脳できるような気がしますが、犯罪者を刑務所で洗脳するとは言いません。

ここでは、洗脳方法は恋愛に有用かも知れない、詳しい仕組みを知り役立てる方法を紹介しています。

 

 

 


洗脳方法は恋愛に有用かも知れない、詳しい仕組みを知り役立てる方法


 

世の中の多くの人は、自らに限り洗脳などあり得ないと考えて過ごしているもの。ただ、マインドコントロールに遭い被害を受けた人は、同じような思いを抱いていたケースも多くあります。

このように注意深くしていても心を支配されてしまうのは、手の込んだやり口をする支配する側の人間ほど思考の仕組みを熟知しているから。

 

| 1.そんな風に信じ込み過剰な要求内容にすら応えてしまう

心理学の有名なもので、返報性の原理ということ。一般的な人々は好意に対しては好意が向けられ、悪意には悪意の報いが返ってくると認識しているもの。

なので、他人に良く思われようと、立ち振る舞いはなるべく友好的になるよう心掛けています。支配する側はこの心理を応用し、自身はこれだけ好意を与えたので、返さなくてはならないと丸め込んできます。

例を挙げると、職場で同僚の失敗をフォローした場合、次にあのとき助けたと強く要求をしてくるのが洗脳方法の一つ。助けられた側は恩返しをしなければならない、そんな風に信じ込み過剰な要求内容にすら応えてしまうことに。

 

| 2.自分が特別だと信じ込んで、無理な依頼にも応じることに

希少性があるということ。人間というものは希少価値の高い滅多にないものに触れると、優越感を抱きやすい意向にあるもの。

イベントなどで著名人の来るときに惹き付けられるのも、自らの自慢を刺激されるからで、洗脳方法の世界ではこんな希少価値を活用して、優越感をくすぐる場合が珍しくありません。支配する側から貴方だけ教える情報などと伝えられ、自らが特別な立場だと思い込むパターン。

こうした些細な切っ掛けを出発点に、支配する人間は組織に名義貸しをして欲しいとか、報酬を払って欲しいなど要求を激しくさせます。ただ、標的ともなっている人物は、自身が特別な立場だと信じ込んでいるので、無理な依頼にも応じることに。

 

| 3.権威と密接に関係している、信用しても良いという考えに

権威を利用するということ。操ろうとする側は有名な組織の名称や有名人の名前を上げ、上手く標的となっている人物に打ち解けるもの。

警戒心が相当強い人物でも、よくTVに出演している大学教授が喋っているなど、後ろ盾となる威光があれば信じ込んでしまうことは少なくありません。

先方の懐疑的なところを消したいとき活用することが多い手段で、タレントや権威ある人物と親密関係にあるとアピールすることもあります。

その人たちが喋っている人間と繋がっているとは限りませんが、権威を持ち出されると思考停止状態になることも多く、疑いなく指示に従う人もいます。話を聞いているといつの間にか、この人物は権威と密接に関係しているので、信用しても良いという考えに。

 

| 4.端から見て明らかに異常な状況、すんなりと受け入れる

約束と一貫性ということ。責任感が強く真面目な人ほど、約束は守らなくてはならないもの、そんな信念があるもの。なので、そう見抜いた支配する側は、ターゲットとなる人物に最初の小さな約束事を取り付けることが珍しくありません。

1ヶ月の間は信用すると約束して欲しいなどの言い回しで、標的となる人物と信頼関係の契約を結びます。すると、根が真面目なターゲットととなる人物は、行動に一貫性を持ちたいので、違和感があっても支配する側の言動を信じることに。

こうしたことが続けば最終的には、端から見て明らかに異常な状況でも、すんなりと受け入れるようになります。

 

 

 


幸福の科学やエホバなどに見られる洗脳方法?知っておきたいその種類


 

世間的には洗脳と認知されているのがマインドコントロール。訳せば心の制御となり、行動や態度、言葉などにより相手から心を思い通りにされている状態。

目標達成のため誰しも人を働かそうとするのは、ある意味当たり前の振る舞いですが、洗脳には否定的な受け取り方が微妙にあります。

これは徹底的に自身の利益のため、意のままにしていることを指すから。また洗脳行為には行う側と、被害者側の双方に自覚がない場合も。

 

| 1.支配している人間の同意を得た行動しかしなくなります

行動のコントロールということ。他人に行動を握られるのは洗脳の例の端的なものは、心理的原理の報酬と罰というものが用いられることも少なくありません。

これは特有の行動を過大に称賛し、違った行動を徹頭徹尾に批判することで、こうするのが必須と相手に思い込ませるというもの。最終的に人格支配を受けている人物は、支配している人間の同意を得た行動しかしなくなります。

 

| 2.思考停止状態、最終的には常識的には異常とされる思想を

思想のコントロールということ。一部の教育機関やカルト宗教などで取り行われている、マインドコントロールの中の一形式。

その集団にとり利益となる思想のみを植えつけ、他の考え方は取り除き、繰り返し経典を読ませるなど過多な強制行為が多いのも特徴。

特定思想のみを叩き込まれるうち、頭が働かなくなり思考停止状態に。最終的には常識的には異常とされる思想を受け入れることに。

 

| 3.ネガティブな感情を、見極めて刺激するようにするもの

感情のコントロールということ。恐怖心だったり罪悪感だったりという感情をコントロールし、洗脳しようとする手口の一つ。

制御しようとする側の人間は、その人物が胸の内に抱いているネガティブな感情を、きちんと見極めて刺激するようにするもの。

冷静であれば変だと察知できることでも、責任を追求されるなど罪悪感に苛まれている間は正しい判断もできません。最後は恐ろしい目に遭わせると恐怖を植えつけ、洗脳方法が完成

 

| 4.ニュースや本など見てしまうと、何かがおかしいと不審に

情報のコントロールということ。支配する側は洗脳やマインドコントロールを行うに際、情報統制を意識するもの。

もし、標的とされている人物が、コントロールしている側が言う主旨と違ったニュースや本など見てしまうと、何かがおかしいと不審に思います。

そんな不都合な事態が生じないよう、こちらの言い分だけを信じ情報は全部遮断と言い聞かせることに。標的の人物からすれば、唯一の情報しかなく無条件で信じやすくなります。

 

 

 


アムウェイやニュースキンなのど洗脳方法に関係あるかも?その解き方


 

小説や映画や中では、度々マインドコントロールや洗脳手法がモチーフに使われるもの。登場した理解しやすい悪役が弱い人間の心を掌握しますが、現実にも犯罪集団やカルト教団により、マインドコントロールや洗脳を行い、悪事を手伝わせた事例も珍しくありません。

洗脳手法は大規模な事件以外にも非常に身近なもので、親が子供に対し無理矢理に言うことを聞かせようとするのもその一つ。決して一部の特別の世界の問題でも絵空事でもなく、普通に暮らしている人々が日常生活で遭遇する可能性のある危険です。

 

| 1.どちらも違うや他の選択が思い浮かべば、正しい思考に

二元論のを捨て去るということ。支配する側の多くは、二元論(にげんろん)を巧妙に操り洗脳を行うもの。本来は白黒がついてないものに対しどちらかを選べと迫り、片方を選択すれば他方はもう選べないと視野を狭めるよう誘導。

なので被害を感じた際は、二元論のを捨て去るのが得策で、どちらも違うや他の選択が思い浮かべば、正しい思考に立ち戻りやすくなることに。

 

| 2.常軌を逸したとんでもなことが多い、冷静に分析すれば

自己を客観視するということ。思想や情報を制御されていて比較対照のない状態では、支配する側の言葉に傾くのも当然というもの。

洗脳状態から抜け出すためには、常に客観的な考え方を持つのが非常に大切で、先方が言うことの真逆の意見を敢えて思い浮かべるようにします。

支配しようとする立場の振る舞いは、常軌を逸したとんでもないことが多いので、冷静沈着に吟味すれば洗脳も解けることに。

 

| 3.自分が通常から逸脱した状況にいると気付いていません

第三者の意見を聞くということ。洗脳の最中では支配する側とターゲットとされた人物の間柄に、理不尽ともいえる主従関係があるのも珍しくありません。

当事者の本人は思考や感情を支配されていて、自分が通常から逸脱した状況にいると気付いていません。ある人と接し違和感を感じた際は、友人や家族など第三者に素直な意見を言ってもらい、支配されている自覚を促すようにします。

 

| 4.疑問を持つのは状況を理解することの第一歩になるもの

質問を無視しないということ。恐怖心や不安感を煽られているターゲットは、支配する人間の機嫌を損ねないよう、状況に甘んじていることも少なくありません。

周囲の声に耳を傾けることが大切で、何故そんなことをという疑問を投げかけた人がいたら、反すうしてみることがポイント。

疑問を持つのは状況を理解することの第一歩になり、小さな疑問を積み重ねることで、コントロールする側の矛盾を判断できることに。

 

| 5.罪悪感が湧くのであれば、電話番号を変更するなどして

強制的に関係を断つということ。距離を置くことで、支配する側の人間と会わないようにするというもの。コントロールする側の人間は、ターゲットになっている人の気持ちを支配できるので、顔と顔とを合わせてしまえば、最終的に黙って従うことになりかねません。

なので、連絡を止めて無視をします。罪悪感が湧くのであれば、電話番号を変更するなどして、向こうから直接コンタクトを取れなくします。

 

| 6.言葉を整理して様々な要素に分解、関連性があるのかを

ゲシュタルト崩壊ということ。標的となっている人物の心の中で結びつけられている、複数に渡る価値観を剥離させる行為というもの。

例を挙げると、ある支配者側から社会貢献をしているので、投資するのは社会のためと教え込まれると。社会貢献と投資が関連付けられ、洗脳が解け難くなります。洗脳の可能性がある場合、支配している側の言葉を整えて様々な要素に分解、本当に関連性があるのかを分析します

引き寄せの法則で、洗脳から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

相手に自分の思考や意思を制御される。ここでは、洗脳方法は恋愛に有用かも知れない、詳しい仕組みを知り役立てる方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。